So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

地獄だ・・・ [黄砂・大気汚染粒子]

コメントの返事が遅くなっており、申し訳ありません。
もう少し回復しましたら、お返事致します。

黄砂が続く5月は地獄だ。

なかばに入るにつれ、大気汚染粒子と黄砂はひどくなり、
久々にろくに歩けなくなったり、うまく呼吸が出来なくなった。

少し歩くだけでびゅうびゅう、ぼうぼうと喘鳴が鳴り響き、
気管支が詰まる。痰がどわっと出る。咳のしすぎで血が出る。
喉の奥の奥、首のあたりが腫れ、アナフィラキシーのような症状が起こる。
動くとますます悪化する。痰を嘔吐する。
夜は横になれないから、掛け布団を重ねてほぼ直角で眠れるように
背もたれにした。
久々に救急外来にも行った。
吸入ステロイド薬増量も経口ステロイド薬も効かない。

このままいったら、点滴か入院か・・・と思ったところで
雨が降った。恵みの雨だ。
小雨だったら悪化するものの大量の雨だったから、呼吸が
楽になった。

酸素を普通に吸えるって幸せだ。
普通に歩けるって幸せだ。

今回は、久々に強い呼吸苦だったから、どうなることかと思った。
もしかしたら入院?と思うほど急激に悪化したのは久々だった。
簡単に酸素飽和度が90%を切ってしまう。
何年振りだろう。まだまだ油断できないなと思った。

またお天気が回復すれば地獄の日々がやってくるかもしれない。
今日は気管支を大切に過ごそう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

今の私の喘息の状態 [日記(2017年)]

何かと忙しくて、あっという間にもう3月。

食べ物の喘息発作は、外食の冒険時以外にはなく、
普通に話をしたり、歩いたり、走ったり出来る。
毎日同じペースで動くことが出来る。
「毎日同じ」、これは簡単なようで非常に難しい。

平穏に生き続けていることが夢のよう。

入院時の夢じゃないかなと思うこともある。
こんな健康的な日がやってくるとは、私の周囲の
人たちも驚いている。

キュバールは1日1回1吸入。時々忘れる。

夜から朝にかけてオイルヒーターを低温使用していたが、
朝の空気の冷たさで喘息発作を起こすことは一度も
なかった。温度の変化にも影響なし。
寒い空気の中、散歩をしても問題なし。

冷たい空気の中を走り抜けていくことに幸せを感じる。

私の発作原因や喘息のことを理解しようとしない人は
相変わらずいるけれど、理解する気のない人なのだと
思えるようになった。

私のアスピリン喘息や好酸球性副鼻腔炎は相変わらず
やっかいだ。でもうまく付き合っている。私の一部なのだから。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

連日空気が悪い [黄砂・大気汚染粒子]

連日非常に空気が悪い。
大気汚染粒子の影響だ。
鼻ポリープ悪化、鼻水に血が混じる。激しく咳込む。嘔吐。
久々にマスク二枚重ね。
空気の美味しい季節がなくなっていく。
nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:健康

季節と風邪と咳と喘息に思うこと [日記(2016年)]

(以前書いたことと重複しているが、それは私の考えが変わって
いない点だと思っている。)

冬になると、あちこちから「風邪に気を付けて」と言われる。
私が喘息持ちだと知っている人はとくに言う。

私は、風邪をひいて喘息発作を起こしたことがこれまで一度もない。

風邪から喘息ってどうやって起こるのだろう?と疑問に思うほどだ。
想像もつかない。

「知らぬ間に風邪をひいていることがありますよ」と言う医師も
いるが、風邪の後の長引く咳と食べ物や化学物質の影響で起こる
喘息の咳はまったく違う。それさえ区別できない医師はどうかと思う。

風邪の咳で苦しんだことがある人は、「咳ってつらいよね。
喘息の気持ちが分かったよ。」と言うが、私にとって喘息の苦しさは
長引く咳ではない。気管支が収縮したり、詰まること。
咳が出ている時の方が自力で痰が出せるからいい。
咳が出ずに気管支が収縮したり、咳が出せないほど気管支が詰まる
ことの方がずっと恐ろしい。
咳は、私にとって、過敏になってしまう原因物質を取り除こうと
頑張っている証拠だ。

喘息を発症する前は、私も頻繁に風邪をひいたり、長引く咳に
悩まされたことがあったが、慢性鼻炎や喘息を発症してからは
風邪が1日以上続くことがない。

風邪の鼻水よりも鼻炎の鼻水の力の方が強いらしく、
「風邪の鼻水になった。楽だな。このままでもいいな。」と思って
いるのに、鼻炎の鼻水にすぐ戻ってしまう。

口呼吸が癖づいていた喘息発症前は、すぐに喉がイガイガして
咳が長引いていたが、鼻呼吸を心がけるようになった今は、
喉がイガイガすることがない。だから、長引く咳にはならない。
たとえ、イガイガしたとしても、緑茶うがいを何度も何度も
すればそのイガイガはすぐに消える。それでも消えない場合は
龍角散のど飴を舐める。私の場合は、これで解決。

咳が長引かないから、風邪から喘息発作にならないのか?と
言われるけれど、私には、風邪と喘息はまったく別物であって、
2つをつなげるものがないような気がする。

喘息にならないからといって、風邪に気を付けていないわけではない。
人一倍風邪予防をしていると思う。体調不良は嫌だから。

寒い格好はしない。
室内、屋外の温度によって、着る物を細かく調節する。
「冷える、寒い」と思いながら、その格好をし続けない。

雨に濡れない。
小雨でも特に髪の毛が濡れないように気を付ける。

温かい室内に慣れない。
寒い日の散歩も欠かさない。「寒いから出かけない」ことはしない。

必要以上に保温しない。
カイロや湯たんぽは使わない。入浴や運動、食事による熱を出す力を使う。

喉のイガイガは数分も見逃さない。
喉がイガイガしたまま、1日を過ごすことは絶対にしない。
イガイガした!と思ったら、その時に緑茶うがいをして、消す。

風邪から喘息発作を起こさない私の予防方法を聞いても
意味がないかもしれないが、私と同じ予防方法をしている
周囲の人たちは、確実に風邪をひかなくなっている。
それはうれしく思っている。
タグ:風邪 喘息 予防
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ベターッと開脚に思うこと [運動]

「ベターッと開脚」を取り上げているテレビ番組を観た。

開脚できるかどうかには興味がないけれど、「血行がよくなる」と
言う体験者の言葉が気になった。

年を重ねると、太もも裏の筋肉が硬くなり下半身の血行が悪くなる。
それをどうにかして止めたいと思っていた。

私がやり始めたのは、タオルストレッチ、シコストレッチ、
太ももストレッチ。(詳しいやり方は、ネットの動画を検索して下さい。)

硬くなっていた筋肉がほぐれて気持ちがいい。

急な気温低下の冷え気味だった足の血行が良くなってきたみたい。
しばらく続けてみようと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。