So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

連日空気が悪い [黄砂・大気汚染粒子]

連日非常に空気が悪い。
大気汚染粒子の影響だ。
鼻ポリープ悪化、鼻水に血が混じる。激しく咳込む。嘔吐。
久々にマスク二枚重ね。
空気の美味しい季節がなくなっていく。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

季節と風邪と咳と喘息に思うこと [日記(2016年)]

(以前書いたことと重複しているが、それは私の考えが変わって
いない点だと思っている。)

冬になると、あちこちから「風邪に気を付けて」と言われる。
私が喘息持ちだと知っている人はとくに言う。

私は、風邪をひいて喘息発作を起こしたことがこれまで一度もない。

風邪から喘息ってどうやって起こるのだろう?と疑問に思うほどだ。
想像もつかない。

「知らぬ間に風邪をひいていることがありますよ」と言う医師
いるが、風邪の後の長引く咳と食べ物や化学物質の影響で起こる
喘息の咳はまったく違う。それさえ区別できない医師はどうかと思う。

風邪の咳で苦しんだことがある人は、「咳ってつらいよね。
喘息の気持ちが分かったよ。」と言うが、私にとって喘息の苦しさは
長引く咳ではない。気管支が収縮したり、詰まること。
咳が出ている時の方が自力で痰が出せるからいい。
咳が出ずに気管支が収縮したり、咳が出せないほど気管支が詰まる
ことの方がずっと恐ろしい。
咳は、私にとって、過敏になってしまう原因物質を取り除こうと
頑張っている証拠だ。

喘息を発症する前は、私も頻繁に風邪をひいたり、長引く咳に
悩まされたことがあったが、慢性鼻炎や喘息を発症してからは
風邪が1日以上続くことがない。

風邪の鼻水よりも鼻炎の鼻水の力の方が強いらしく、
「風邪の鼻水になった。楽だな。このままでもいいな。」と思って
いるのに、鼻炎の鼻水にすぐ戻ってしまう。

口呼吸が癖づいていた喘息発症前は、すぐに喉がイガイガして
咳が長引いていたが、鼻呼吸を心がけるようになった今は、
喉がイガイガすることがない。だから、長引く咳にはならない。
たとえ、イガイガしたとしても、緑茶うがいを何度も何度も
すればそのイガイガはすぐに消える。それでも消えない場合は
龍角散のど飴を舐める。私の場合は、これで解決。

咳が長引かないから、風邪から喘息発作にならないのか?と
言われるけれど、私には、風邪と喘息はまったく別物であって、
2つをつなげるものがないような気がする。

喘息にならないからといって、風邪に気を付けていないわけではない。
人一倍風邪予防をしていると思う。体調不良は嫌だから。

寒い格好はしない。
室内、屋外の温度によって、着る物を細かく調節する。
「冷える、寒い」と思いながら、その格好をし続けない。

雨に濡れない。
小雨でも特に髪の毛が濡れないように気を付ける。

温かい室内に慣れない。
寒い日の散歩も欠かさない。「寒いから出かけない」ことはしない。

必要以上に保温しない。
カイロ湯たんぽは使わない。入浴や運動、食事による熱を出す力を使う。

喉のイガイガは数分も見逃さない。
喉がイガイガしたまま、1日を過ごすことは絶対にしない。
イガイガした!と思ったら、その時に緑茶うがいをして、消す。

風邪から喘息発作を起こさない私の予防方法を聞いても
意味がないかもしれないが、私と同じ予防方法をしている
周囲の人たちは、確実に風邪をひかなくなっている。
それはうれしく思っている。
タグ:風邪 喘息 予防
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ベターッと開脚に思うこと [運動]

「ベターッと開脚」を取り上げているテレビ番組を観た。

開脚できるかどうかには興味がないけれど、「血行がよくなる」と
言う体験者の言葉が気になった。

年を重ねると、太もも裏の筋肉が硬くなり下半身の血行が悪くなる。
それをどうにかして止めたいと思っていた。

私がやり始めたのは、タオルストレッチ、シコストレッチ、
太ももストレッチ。(詳しいやり方は、ネットの動画を検索して下さい。)

硬くなっていた筋肉がほぐれて気持ちがいい。

急な気温低下の冷え気味だった足の血行が良くなってきたみたい。
しばらく続けてみようと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

吸入ステロイド使用に思うこと [薬、副作用、リコールのこと]

私は、去年末あたりから吸入ステロイド薬(キュバール)を使っていない。

気温の変化、湿度、気圧、天候にはまったく影響を受けなかった。

黄砂や大気汚染粒子の影響により喘息や鼻炎が悪化しやすい春先から
夏にかけても問題なく過ごすことが出来た。

喘息発作が起こる食べ物には、十分気を付けていた。

香水、柔軟剤、殺虫剤、防虫剤などの影響により、咳や鼻水が出る
ことはあったが、強い喘息発作や鼻ポリープ悪化にはつながらなかった。

しかし、秋になって、大気汚染粒子の影響を連日受けてしまい、
不調な日が続いた。ひどい喘息発作や鼻ポリープ悪化にはならなくても
調子が下降傾向になっていった。

そんな時、吸入ステロイド薬の吸い方によっては鼻ポリープにも
いいというようなコメントを頂いて、試してみたくなった。

1年ぶりに吸入ステロイド薬を使ってみて感じたことは、
「呼吸が楽に感じる」「過敏反応が弱くなる」「鼻ポリープが
急激に悪化しない」ということだった。

1年ぶりに使ったからこそ、「吸入ステロイド薬の効き」を
しっかりと感じることが出来た。

「患者が勝手に吸入ステロイド薬をやめてしまうせいだ」と皮肉っぽく
言う医師がいる。以前もこのブログに書いたが、私は、その医師は
きちんと吸入ステロイドの必要性を患者に説明できていないと
思っている。問題は、患者だけのせいじゃない。医師自身の力不足。
「あなたは、喘息なのだから一生薬を使い続けないといけません」では
よほど重症喘息や慢性喘息の患者じゃなければ理解できないと思う。
実際私も、軽症喘息になった時に、吸入ステロイド薬の必要性に
疑問を感じた。

でも、1年間使わずに、久々に使ってみた時、「楽になる」と感じた。

私の喘息は慢性化していない。重症化もしていない。
それでも、大気汚染粒子の影響により、下降気味だった私の気管支を
回復させた。今は、まったく気管支の違和感がない。

私は、この先もずっと吸入ステロイド薬(キュバール)を使い続ける。
吸入ステロイド薬の必要性を実感した。

私の友達も含め、吸入ステロイドの副作用を心配する人もいるが、
私は、吸入ステロイド薬の副作用はそれほど問題視していない。

喉の炎症を起こす場合には、他の吸入ステロイド薬に変えた方が
いいと思うが、吸入ステロイドのステロイド成分副作用は、
よほど多量に使わない限り、問題がないと思っている。
私が以前使っていた多量の経口ステロイド薬やステロイド点滴に
比べたら、吸入ステロイド薬の副作用なんて気にするほどじゃないと
思っている。
吸入ステロイドの副作用よりも、喘息が慢性化重症化することの方が
大問題だ。

長時間作用型β2刺激薬(LABA)については、私の喘息には必要が
ない薬という考えは、変わらない。この先も絶対に使わない。

気管支を広げてステロイド薬を届けやすくするよりも、気管支を
薬で広げなくても、吸入ステロイド薬が効く気管支にすることが
大切だと思っている。喘息の気管支は、気管支が回復しにくい
高齢者などではない限り、炎症を治療すれば自力で回復する力を
戻していくと思っているから。

私は、1年使用しなかったことにより、吸入ステロイド薬の必要性を
実感することが出来た。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

アレルギー対策に感じたこと [アレルギー]

>アレルギー対策で初の基本指針 厚生労働省
>12月2日 16時51分 NHKニュース
>ぜんそくや花粉症などアレルギー疾患の患者が急増するなか、厚生労働省は、
>地域ごとに専門的な治療を行う拠点病院の整備や、患者の相談支援にあたる
>体制の充実などを盛り込んだ、アレルギー対策の基本指針を初めて取り
>まとめました。アレルギー疾患は、この10年ほどで急増し、厚生労働省に
>よりますと、国民の2人に1人がかかっていると推計されています。
>しかし、専門の医師が不足していることから、適切な治療が受けられず、
>重症化する患者が後を絶たないことが問題となっています。
>このため、厚生労働省の協議会は、ぜんそくとアトピー皮膚炎、花粉症、
>鼻炎、食物アレルギー、それに結膜炎の6つのアレルギー疾患について、
>2日、対策の基本指針を初めて取りまとめました。
>それによりますと、地域ごとに専門性の高い医師を配置した拠点病院や、
>かかりつけ医と連携して適切な医療を提供できる体制を整備するとともに、
>予防や治療の先進的な研究を進めるとしています。
>また、インターネット上に科学的な根拠が明らかとはいえない治療などの
>情報があふれているとして、患者と医療関係者向けにホームページを作成し、
>最新の研究成果などの情報を提供するほか、患者の相談に応じる専門窓口を
>医療機関などに設置して支援体制を充実させるとしています。
>厚生労働省は「アレルギー疾患は長期間、症状に苦しめられることが多く、
>生活への影響も大きい。今後は自治体などと連携して患者が安心して生活
>できる体制を整備したい」と話しています。
>アレルギー疾患の現状は“2人に1人”
>アレルギー疾患の対策を検討している厚生労働省の委員会は、平成17年に
>まとめた報告書で、「全人口の3人に1人が何らかのアレルギーを患っていると
>考えられる」と指摘していました。
>その後、患者が増加し続け、平成23年の報告書では「全人口の2人に1人」と
>推計を見直しました。
>このうち、ぜんそくの患者は少なくともおよそ800万人と推計しています。
>花粉症を含むアレルギー性鼻炎は、国民の40%以上が患っていて、今後も
>増えると予想されています。
>また、アトピー性皮膚炎は、国民のおよそ1割が発症しているほか、食物
>アレルギーについては、0歳児全体の最大で10%が何らかの食べ物の
>アレルギーがあると指摘しています。
>不適切な治療で重症化も不適切な治療が原因で重症化する患者が増えています。
>アレルギー疾患に詳しい医師や患者会などによりますと、アトピー性皮膚炎や
>ぜんそくは、炎症を抑えるために、一時的にステロイドを使った治療が
>必要になることがありますが、副作用を避けようとしてステロイドを使わない
>治療を続けると重症化することもあるということです。
>また、アレルギーのある妊婦が子どもへの影響を恐れて薬の服用をやめたために
>重い発作を起こしたり、子どもの食物アレルギーは適切な食事指導や治療に
>よって多くの場合、改善が期待できるのに、医師から対象の食べ物を一切
>与えないよう指示されて、治りにくくなったケースもあるということです。
>日本アレルギー学会は、医療関係者を対象に、適切な治療などを紹介する
>ガイドラインを公表しています。
>専門家「医療体制の整備を急ぐ必要」
>アレルギー疾患に詳しい、国立病院機構相模原病院の谷口正実臨床研究
>センター長は「ここ10年から20年ほどで、アレルギー疾患の患者が
>増えている要因のひとつは、生活環境が過度に清潔になっていることが
>考えられる。発症の原因は多岐にわたり、治療薬の選択が難しいのも特徴で、
>専門の医師が少ないため診断が誤っているケースも少なくない。アレルギー疾患は
>生命に関わることは少ないが、重症化すると仕事が手につかなくなるなど、
>生活の質が低下するため、医療体制の整備を急がなければならない」と
>指摘しています。

いまだに、「専門の医師が不足」なんて言っているのか・・・とがっかりした。
喘息にしても、鼻炎にしても、内科医や耳鼻科医が診断しているのだから、
その医師たちの教育を見直すだけでいいのではないだろうか?
専門医を増やすなら、呼吸機能検査もせずに、「あなたは喘息ですよ、
この薬を一生使い続けなければだめですよ」と決めつける内科医の
喘息診断権利をなくして欲しい。気管支炎や咳喘息を疑う前に、喘息と
決めつける医師が多すぎる。咳喘息や鼻炎無知の医師をゼロにして欲しい。

1つ心配なのは、私のようにアレルギー検査にはまったく反応しないのに、
特定のものに過敏反応したり、好酸球が高い患者だ。
私の場合は、アレルギー薬が一切効かなかったのに、ほとんどの医師は
アレルギー薬を飲ませたがる。効かない薬の長期使用をやめて欲しい。
鼻炎においては、慢性副鼻腔炎は細菌だと言われ、長期に抗生物質を
飲んでいたが、これもまた効いたと思ったことがなく、症状が少しでも
緩和したことすらない。好酸球副鼻腔炎の原因は細菌ではないと思う。
私は、「特定の食べ物や化学物質に過敏反応する」と医師に告げたが
とりあってもらえなかった。医師は、患者が何に過敏に反応しているのかを
聞き入れる耳を持って欲しい。喘息、鼻炎、食物アレルギーという
大きなひとくくりで治療を決めるのは止めた方がいいと思っている。
その患者の喘息、鼻炎、アレルギーとして診断していくべきだ。

また「インターネット上に科学的な根拠が明らかとはいえない治療などが
あふれている」というが、内科医や専門医が診断できない状態でも
ネットからの情報により、治療方法や予防方法を見つけられる事実が
あることを無視している。不必要なのは、あふれたネットの情報よりも、
喘息や鼻炎に詳しくない医師たちだ。診断する医師たちがしっかりしていれば、
ネットの情報には頼らなくなるのだから。このニュースは患者のことばかり
否定していて、診断している医師には触れていない。それが問題なのに。

「増えている要因のひとつは、生活環境が過度に清潔になっていること」と
いう。除菌、殺菌という言葉に影響されたり、消臭したいはずなのに
過度なにおいを身に着けている可能性が高い。化学物質が身近にあふれすぎた。
そして、大気汚染飛来の影響。

専門医を増やすよりも診断をしている内科医、耳鼻科医、皮膚科医の
知識をもっと深めて欲しい。
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。