So-net無料ブログ作成

中国、大気汚染禍で1日4千人死亡 [黄砂・大気汚染粒子]

>中国、大気汚染禍で1日4千人死亡
>発電用の石炭排出が元凶 米国では「不健康」の大気レベルに
>約4割が居住
>産経新聞 8月14日(金)16時55分配信

>中国で深刻な大気汚染の影響によって、1日約4千人が死亡していることが
>14日までに、明らかになった。AP通信が、米カリフォルニア大バークリー校の
>研究結果として伝えた。研究結果は近く、米科学誌に掲載される予定。

>同校の研究チームが、中国当局が定めた新たな大気の監視基準に基づいて
>算出したところ、中国では年間約160万人が、大気汚染を原因とする
>心臓や肺の疾患、脳卒中で死亡しているという。

>世界保健機関(WHO)が2014年に発表した報告書では、世界中の
>大気汚染に関連する死者は年間約700万人。そのうち約23%を中国が
>占めている計算になる。

>研究チームによると、13億人を超える中国の人口の38%が、米環境保護局
>(EPA)の基準で「不健康」とされる大気レベルの地域に居住している。
>状況が最も深刻なのは北京の南西部という。頻繁に基準値を大幅に超える汚染が
>報告される河北省石家荘市などが該当するとみられる。

>発電や暖房のために燃やされる石炭から排出される有害物質が健康被害の
>元凶とされている。EPAの10年の統計では、米国でも年間6万3千~
>8万8千人が大気汚染による疾患で死亡している。ただ中国の場合、
>石炭の使用量が増える冬に状況が最悪になっているのが特徴という。
>13年には、北京のがん患者が10年で60%増加したとの統計も示されている。

>北京と河北省張家口市では7年後の22年に冬季五輪が開催される。
>北京市は大気汚染の改善を国際オリンピック委員会(IOC)に約束。
>石炭利用の削減やディーゼル車規制、汚染物質を排出する工場の閉鎖などの
>対策を強化する構えだ。

>しかし、同市は08年夏季五輪を開催した際も大気汚染の改善を誓いながら、
>五輪後は状況が更に悪化した“前科”がある。同五輪では、男子マラソンの
>世界記録保持者(当時)、ハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)が
>大気汚染を理由にマラソン出場を回避した。

>今回の研究結果が公表されたことで、北京冬季五輪でも、ノルディックスキー
>距離などの屋外で行われる持久系種目を中心に、大気汚染を懸念する声が
>高まりかねない。

SPRITARSの予測動画をみると、多い~非常に多い場所が沢山ある。
あの空気のもとで生活している人たちの身体はいったいどうなって
いるのだろう?と心配に思う。

大気汚染をどうにかすると言いながらも、一向に改善している様子がなく、
増々悪化しているような状態だ。

うわべだけの改善では何も変わらないのに。

タグ:大気汚染
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。