So-net無料ブログ作成

呼吸が楽 [黄砂・大気汚染粒子]

この2、3日空気がいつもよりよく、呼吸がとても楽に感じた。
鼻ポリープも治まっている。咳は出ない。喉の奥の奥の浮腫もない。
肺への負担も感じない。

やっぱり、あの国の空気が関係しているのかな?
一大行事が終わり、大気汚染にまみれた空気はふたたび
流れてくるかもしれない。気をつけなくては。
nice!(1)  コメント(10) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 10

らる

こんばんは。
咳喘息、なかなか治りません。仕事で強いストレスがあったせいか、一時かなり悪くなったので、結局経口ステロイド。さすがのプレドニン、ぴたっと咳がなくなりました。
しかし10日後、ちょっと運動したら元の木阿弥。咳はするものの激しい発作があるわけではなく、すぐには経口ステロイドは処方してくれなさそうなので、しばらく吸入で耐えることになりそうです。咳なしの10日間は幸せでした。運動したのは失敗かもしれませんが、運動しないでいるのもストレスで。
みやびさんに教えていただいた、龍角散のど飴のおかげで喉がかゆくなっても咳をしないでやり過ごせることが多いです。ありがとうございます。
by らる (2015-09-06 22:25) 

みやび

らるさん、こんばんわ。
咳喘息の発作がなかなか治まらないということですか?
私は、ストレスが喘息発作原因のおおもとになると思っていません。
風邪、ほこり、化学物質、食べ物などの原因により、気管支が
炎症を起こし、ストレスがそれを悪化させやすくしてしまうことは
あると思っています。らるさんにとって、ストレス以外に
発作原因になりそうなものはありませんか?知らず知らずのうちに、
柔軟剤、化粧品、シャンプー、ボディクリーム、掃除用洗剤などで
咳が出やすくなっていることはありませんか?
また、口呼吸になっていて、口からほこりなどの異物を吸い込み
やすくなっているから、咳がでやすくなっているということは
ありませんか?今年の夏は、平年よりも大気汚染粒子の飛来が
多めなので、気管支が過敏になって咳が出やすくなることもあるかも
しれません。お大事にして下さい。
by みやび (2015-09-09 21:52) 

山内桂子です。

 お久しぶりです。
山内桂子です。

 みやびさんのブログとても励まされ、
ここまで来ました。

 この数年、みやびさんのお蔭で、
ステロイドを内服して、
だいぶ喘息の間隔が空いてきました。

 油断してた所に、
今回は苦しさが出てたのにも関わらず、
ステロイドを飲まずに
ギリギリまで我慢してしまい、
夜間救急をはしご受診するはめになってしまい、
今までの中で1番ひどい喘息になってしまいました(>_<)

 今回は、
1日目メプチン2回→改善。
2日目メプチン3回→なんとか改善。
3日目メプ3チン2回で改善されず、
やっと3日目の夜のステロイドを飲みましたが、
間に合わなかったみたいで夜間診療に受診しました。

 みやびさんは、
どのタイミングでステロイドを服用していますか?
喘息は薬を使うタイミングが大事だと、
痛感しました(T_T)

 今回嬉しかったのは、
大きな病院にアスピリン喘息を伝えると、
先生が、
「我々は、薬を投与してる立場だから気をつけなくちゃいけないから大変だけど、もっと大変なのは、薬が使えない患者さんが1番辛いと思うよ。ステロイド点滴をすればすぐ良くなりそうだけど、
点滴した事ないと心配だから、今回は吸入にするけど、
また帰って苦しかったまたすぐおいで」
と言われて泣いてしまいました(T_T)

 アスピリン喘息がこんな風に理解してくれる先生が増えたら嬉しいな。と思いました。

 長文聞いていただいてありがとうございます(T_T)(T_T)




by 山内桂子です。 (2015-09-11 10:51) 

らる

お返事ありがとうございます。咳の発作の回数が激増しました。
私も発作が10回から15回になるのにストレスが原因になることはあっても、0から1になるのはストレスではない何かトリガーがあるわけだと思います。日記をつけ、何をしたか、何を食べたか、どこに行ったか、考えているのですが見つかりません。これが原因だとわかれば避けようがあるのですが。
口呼吸については、鼻炎はすぐ治療するとか、起きているときは口呼吸にならないよう注意していますが、寝ているときはあるかもしれないですね。
夜、2時間おきに咳で目が覚める状態になってしまい、医師に泣きついたら奇跡的に再度経口ステロイドを処方してくれました。これで止まればいいのですが。ただ、原因がわからないと結局繰り返すだけだし、吸入ステロイドの効かなさも涙ものです。。。

by らる (2015-09-11 22:58) 

ロレッタ

はじめまして。
ロレッタと申します。
時々ブログ拝見させていただいてます。

私も喘息で月一回通院しています。
最近季節の変わり目の影響か調子がよくありません。ピークフローを測っていますが200前後と低空飛行です。ピークフローが低いのはよくある事で、そのためか苦しいのには慣れている気がします。でも今夜は苦しいです。メプチンを吸入しました。プレドニンもいちおう持っていますが、もっと辛い時にと思うとなかなか服用できません。

みやびさんのブログではよく鼻炎や鼻ポリープの事を書かれていますが、私も鼻炎で最近は口を開けている自覚があります。鼻炎の薬はザイザルを服用していて、他には目的は違いますがキプレスとクラリチンも服用しています。でも鼻づまりが時々あります。鼻水はあまり出ません。これからはマスクの時期でもあるので口呼吸でも多少はカバー出来るかもしれませんが、やはり口呼吸は良くないなと思います。

はじめてのコメントでこんなに長く自分の事を書いてしまいすみません。これからもみやびさんのブログから私も実践出来そうな事があれば勉強させていただきます。
by ロレッタ (2015-09-11 23:22) 

みやび

山内桂子さん、こんばんわ。
私のブログに励まされたと言って下さってうれしいです。ありがとう
ございます。山内さんの喘息の間隔が空いてきたこと、本当に
よかったですね。しばらくいい状態が続いていたなか、今回の発作は
とてもショックだったでしょうね。
私の場合は、1日目メプチン2回。2日目は1、2回するかどうか+
経口ステロイド薬を使います。2日目の午後以降または、3日目に受診です。
山内さんの2日目の「なんとか改善」のように、「なんとか治まったかな」と
思った時には、経口ステロイド薬を使いますが、「しっかり改善」の
時には使わないかもしれません。
私も「喘息は薬を使うタイミングが大事」だとつねづね感じています。
今回は失敗しても、この経験が次回の早い回復につながっていくことでしょう。
私も何度も何度も失敗しました。汗
「薬が使えない患者さんが1番辛いと思うよ・・・苦しかったまたすぐおいで」と
いう医師の言葉はうれしいですね。とても心強いです。私もジーンとしました。
夜間診療で理解されないことは、発作に苦しさの上乗せをするようなものですが、
山内さんを診たお医者さんのような人が増えれば、発作を我慢しすぎて
重症化させてしまう喘息患者をもっと救えると思いました。いいお医者さんに
会えてよかったですね。お大事にして下さい。コメントをありがとうございます。
by みやび (2015-09-16 20:12) 

みやび

らるさん、こんばんわ。
以前も聞いていたらすみません。化粧品、シャンプー、洗濯洗剤、柔軟剤、
衣類用防虫剤、歯磨き粉、台所洗剤、掃除用洗剤芳香剤などでは咳は
出ませんか?いつも使っているものをその日だけ使わなかったら、
咳が出なかったというものは見当たりませんか?
普段愛用しているものが咳の原因になっている可能性はありませんか?
夜寝ている時に、鼻をおおってマスクをすると、口呼吸になりやすいので
口だけマスクをしてみてはどうでしょうか?
また、肌が敏感でなければ、医療用の肌に貼れるテープを1センチ弱幅に
切り、口の中央の縦だけに貼ると、口呼吸の癖を防ぐことが出来ます。
唇すべてぴったり貼る必要はありません。中央の一か所だけです。
寝具は、ほこりが出やすいものではありませんか?掃除機をかけたり、
ほこりがでにくい寝具を使っても、咳は出そうですか?
らるさんがおっしゃるように、薬を飲んで治まっても繰り返しでは
つらいですよね。痰は出ますか?
消化せずに眠ったり、満腹になりすぎても咳が出やすくなりますが、
夕飯は寝る何時間前に食べていますか?咳の原因が見つかるといいですね。
by みやび (2015-09-16 20:27) 

みやび

ロレッタさん、はじめまして、こんばんわ。月一通院されているのですね。
ブログを読んで下さってありがとうございます。
今年の夏は、大気汚染粒子の飛来が非常に多かったと感じています。
夏の間、じわじわと気管支が炎症を起こしていると、季節の移り変わり時の
気温や湿度の変化などに過敏に反応しやすくなると考えています。
喘息患者は、浅い呼吸や苦しさに慣れやすいと思うので、
苦しい時には我慢しすぎずに薬を使ったり、病院に行って下さいね。

鼻づまりつらいですよね。口呼吸は癖になりやすいので、
肌が弱くなければ、医療用の肌に貼るテープを1センチ弱に切り、
口の中央に縦に貼ると、口呼吸予防になります。唇すべてに貼る必要は
ありません、中央だけです。私は、鼻ポリープがあるので、100%
鼻呼吸に戻ることはありませんが、たった数%でも、口呼吸を防ごうという
癖があれば、口からの異物を少しでも防ぐことができると思っています。

また、よく噛んで食事をすることも鼻炎予防や口呼吸予防になると
思い、実践しています。
ロレッタさんが今年の季節の変わり目を体調よく過ごせることを
願っています。お大事にして下さい。
by みやび (2015-09-16 20:41) 

山内桂子です 

 みやびさんお返事ありがとうございます。

 とても丁寧な返事ありがとうございます。
本当、喘息は火種?の小さいうちに、
薬でどう抑えるかが大事かと痛感しました(>_<)
今回、薬のタイミングを失敗して、
とても反省していたので、
みやびさんのこの経験が次に生かされる。
と言って頂いて涙出るくらい嬉しかったです(T_T)

 みやびさんはメプチン使って次の日も症状が出るようなら、
ステロイドを追加されるんですね!
「何となく良くなった」と「しっかり良くなった」
を見極めてステロイドを追加する目安にされてるのも、
しっかりしてて偉いなと思いました。
私も今回の事を反省して、
次回にひどくならないようにしようと思います!!!

 みやびさんの様に、
喘息と向き合いながら、
決して諦めなく、
竹の様にしなやかに強く生きてる姿が目に浮かび、
いつも励まされます!!!

 教えて頂きありがとうございました!(^^)!




by 山内桂子です  (2015-09-17 09:27) 

みやび

山内さん、こんにちは。返事が遅れてすみません。
その後お身体の調子はどうですか?
喘息発作をたびたび起こしていると、「この程度ならまだ大丈夫」と
考えやすくなりますが、それが慢性化のもとだと思います。
たった1日さえも発作を長引かせない対応が慢性化を防ぐと実感
しています。発作と治療を繰り返しているうちに、山内さんの
発作の対応がうまく出来るようになると思うのです。私もまだ
完璧に対応ができているとは言えませんが、お互い自分の喘息発作に
上手に対応していきましょう。コメントをありがとうございます。
by みやび (2015-10-08 06:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。