So-net無料ブログ作成
検索選択

北京の大気汚染「日本への影響 限定的も注意を」 [黄砂・大気汚染粒子]

北京の大気汚染「日本への影響 限定的も注意を」
>12月8日 17時27分 NHK NEWSWEB
中国の北京で大気汚染に関する警報の中で最も深刻な「赤色警報」が
>初めて出されたことについて、専門家は、日本への影響は限定的に
>なるものの、北日本の日本海側に大気汚染物質が到達するおそれが
>あり注意が必要だと指摘しています。
>北京市政府は7日夜、重度の大気汚染が72時間を超えて続くことが
>予想されるとして、大気汚染に関連した4段階の警報のうち、最も
>深刻な「赤色警報」を初めて出しました。
>これを受けて、大気環境に詳しい九州大学応用力学研究所の
>竹村俊彦教授は、大気汚染物質が国境を越えてどのように拡散するのか、
コンピューターで予測しました。
>それによりますと、中国では上空の風が弱いため、10日までは
>大気汚染物質の濃度は高い状態が続くということですが、日本に
>拡散するまでに濃度は薄まる見込みだということです。
>そのうえで竹村教授は、「日本への影響は限定的になると考えられる。
>今後、日本海の北側を前線が移動すると考えられ、風向きの予想から
>大気汚染物質は北海道東北の日本海側に到達する可能性がある。
>大気汚染物質に対しアレルギー性の疾患がある人や呼吸器の弱い人は
>注意が必要で、濃度が高くなりそうな日は屋外での活動を控えたり、
>マスクをしたりするなどの対策を取ったほうがいい」と述べて、
>注意を呼びかけました。

日本への影響は少ないというが、なんらかの症状が出ているなら
気を付けた方がいいと思う。

私は、微量の大気汚染粒子にも過敏に反応する。2月から7月や
9月から11月頃は毎年のように、大気汚染粒子の飛来影響を受ける。
しかし、今年は、休み期間がほとんどなく大気汚染粒子の飛来が続いていた。

水のような鼻水(汚染がひどい時には黄色い鼻水になる、さらに
ひどくなると血が混じる)、鼻ポリープ巨大化、激しい咳、大量の痰の嘔吐、
喉の奥の奥の腫れ、目の痒みや痛み、顔や耳の痒み、気管支の収縮や詰まり。

今の私は、喘息がある程度コントロール出来ているから、
点滴を受けたり、入院するほどの発作を起こさなくなったが、
喘息がコントロールできていなかった頃は、大気汚染粒子の
影響で急激に喘息が悪化した。「一撃」と呼んでいた。
すぐに動けなくなる。だから、普段の喘息発作よりも早め早めの
治療をしていた。我慢は禁物だった。早めに点滴を受けなければ
入院が必要なほどの喘息発作を起こしていた。

大気汚染粒子への反応には、敏感でいたいと思っている。
症状の変化を見逃さない。我慢はしない。安静していれば
大丈夫とは考えない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。