So-net無料ブログ作成
検索選択

好きなものを身に着ける [日記(2016年)]

喘息がうまくコントロールできていなかった時は、黒やグレーの
服ばかりだった。

喘息が軽症化し、コントロールできるようになってくると、
明るい色、様々な色の服を着るようになった。

喘息が軽症化した今は、自分の顔色が明るく見える色の服を
選ぶことが出来るようになった。色の系統には縛られない。
赤系ではこの色。青系ではこの色。黄色系では・・・とそれぞれの
系統の中から自分に合う色を見つけられるようになった。
いろいろな色の服を着たい。

服のサイズは、重症喘息だった時には、ステロイド点滴の副作用や
代謝の悪さにぶくぶく太り、大きなサイズを着ていたが、ステロイド
点滴が必要なくなり、運動などで代謝が良くなったことで、
サイズが戻ってきた。今は、自分にぴったり合い、スタイル良く
見える服を選ぶことが出来るようになった。

クローゼットタンスの中の暗い色の服をなくし、それほど気に入って
いない色や形なのに持っていた服を捨てた。バッグも靴も。
自分が本当に気に入ったものだけを持とうと思うようになった。
いつか着るものじゃなく、いつでも着たいと思えるものを持つ。

コート、トップス、スカートブーツ、バッグ、いろいろ買った。
全部お気に入りのもの。
今年は、雪不足のため、スキーに行くタイミングを逃してしまった。
スキーに行くなら、12月から気合を入れて滑りたいから。
スキーに行かなくなった分、いろいろ買えた。
そんな冬もたまにはありかな。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 1

みやび

yu-papaさん、niceをありがとうございます。
by みやび (2016-01-18 06:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。