So-net無料ブログ作成
検索選択

喘息薬なしの生活 [日記(2016年)]

今のところ、薬は一切使っていない。

吸入ステロイド(キュバール)も気管支拡張剤(メプチンエア)も
経口ステロイド薬も。

喘息発作が起こる気配はまったくない。

喘息発作が起こる食べ物に関しては、十分気を付けて生活している。

とくに気を付けているのは、命の危険を感じる発作を起こしてしまう
にんにく

そして、にんにくほどではないが、強めの発作を起こす合成着色料と
ぶどう糖果糖液糖。アルコールは極微量なら大丈夫。

サリチル酸含有の高い果物はもともと口にする習慣がないので
間違って食べることもない。

食事中から食後一時間以内に呼吸困難を伴う喘息発作を起こさない
生活はとても穏やかで幸せだ。

怪しいと思うものは口にしない。菓子類は食べたことがあるものしか
食べない。ジュース類は一切飲まない。

他の人が普通に食事をするものの4分の1か5分の1くらいしか
私には安心して食べられるものがない。食べられるものが少ないと
嘆くよりも、発作を起こさず食事できる幸せの方が私には大きい。

最近はほぼゼロになったが、
外食時に食べ物で喘息発作を起こすと、それを見た知人、友人は
「薬(たぶんメプチンエアのこと)を使った方がいいんじゃない!?」と
慌てふためく。以前は、その慌てふためきに誘導されて、メプチンエアを
使うこともあったが、今は使わない。
咳が出るからメプチンエアではない。呼吸苦を感じた時に使いたい。
食べ物で起こる発作は、呼吸苦を伴うことが多いから、メプチンエアを
使えば症状が早く治まることもあるが、私はよほど強い症状ではない
限り、メプチンエアを乱用したくない。咳だけの時には必要がない。
激しく咳込んでいる時にその説明が面倒だから、メプチンエアを使って
いたが、今は「いい、いらない」と首を振る。自分が使いたい時に使う。

最近では、食べ物でもがき苦しむような発作は起きていない。
食べ物に気を付けながら、この状態を維持していきたい。

大気汚染粒子で起こる発作は、急激に悪化してしまうため、真夏に
なるまではまだまだ油断は出来ない。

これを乗り切れたら、今までと違った世界が見えてくると思う。
タグ:喘息
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 2

なー

調子が良くて羨ましいです。

ここ2週間位、痰が物凄く絡んで咳が出る症状が続いています。
抗生物質とプレドニンを飲んでます。少しずつ良くなっているような気もしますが、まだ治っていません。
当方、好酸球性副鼻腔炎です。
普段はシムビコートを使用しています。

なかなか治らないのはなぜでしょうか?
by なー (2016-04-02 21:15) 

みやび

なーさん、こんにちは。痰がからむようになった原因は何ですか?
風邪ですか?ほこりや大気汚染粒子、または花粉ですか?
なかなか治らないのは、原因が身近にあるからではないですか?
原因をうまく避けながら症状がやわらいでくるといいですね。
お大事にして下さい。
by みやび (2016-04-03 11:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。