So-net無料ブログ作成

倒壊建物アスベスト対策、防じんマスク無償配布 [日記(2016年)]

>倒壊建物アスベスト対策、防じんマスク無償配布
>2016年04月24日 09時45分 YOMIURI ONLINE
>熊本県を中心に相次いでいる地震で倒壊した建物から、有害物質
>「アスベスト(石綿)」が飛散する恐れがあるため、環境省と
>厚生労働省は22日、防じんマスク計6万6580枚を被災者や
>ボランティアに無償で配布すると発表した。
>石綿は吸い込んで肺の中に入ると、中皮腫や肺がんなどを引き起こす
>恐れがある。環境省によると、使用が規制された1995年以前に
>建った鉄筋コンクリートや鉄骨造りの建物には、石綿を含む建材が
>使われたり、石綿が吹き付けられたりしているケースがある。
>2011年の東日本大震災でも、建物の倒壊や解体作業で石綿が飛散する
>危険性が指摘された。同省は「倒壊した建物の周辺や、がれき置き場などで
>作業する際は、必ず防じんマスクを着用してほしい。石綿が見つかった
>場合は近づかないように」と注意を呼びかけている。

どうか気を付けて欲しい。

アスベストではなくても、倒壊した建物のほこりは相当なものだと
思う。喘息患者が悪化しないためにも、喘息を発症しないためにも
マスクなどで吸い込みを防いでほしい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。