So-net無料ブログ作成
発作が起こる着色料、甘味料 ブログトップ

赤色102号とアスピリン喘息 [発作が起こる着色料、甘味料]

アスピリン喘息は、合成着色料黄色5号で喘息発作を起こすことがある。
これは、少し有名な話。

でも、赤色2号や赤色102号については、とりあげられていないことが多い。

私は、黄色5号でも赤色2号でも赤色102号でも同じようなアスピリン
喘息発作を起こす。

これらの合成着色料は、薬、歯磨き粉、シャンプー類、入浴剤、
口紅などの化粧品などに使われており、昔ほどではないが、食品にも
使われていることがある。たらこ、めんたいこ、紅ショウガ、和菓子など。
赤飯に合成着色料を使っていることもあった。そこまでして色をつけたい
ものなのかな?

薬に関しては、合成着色料黄色5号、赤色2号、赤色102号が使用されて
いる薬は、「アスピリン喘息禁忌」という表示をして欲しいと願っている。
医師も看護師も薬剤師も徹底して知って欲しい。

先日、やきそばをもらった。

赤色102号を使っていそうな紅ショウガが乗っていたため、
乗っていた部分をすべて最初に取り分けた。私が食べたところには、
紅ショウガひとかけらすら乗っていなかった・・・はず。

食後30分。顔がかゆくなった。鼻ポリープ巨大化。激しく咳込み、
呼吸苦と喘息発作を起こす。嘔吐。

・・・なかなか強力な赤色102号だった・・・。
紅ショウガのつゆかな?油断しすぎた。

起こってしまった発作は仕方がない。4、5時間苦しんだ後、治まった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

スクラロースやぶどう糖液糖は避ける [発作が起こる着色料、甘味料]

私は、ぶどう糖果糖液糖が入ったアイス、菓子類、ジュース類、
ヨーグルト類、菓子パンやドレッシングやツユなどを口にすると、
呼吸困難を伴う喘息発作を起こす。嘔吐する。

だから、商品の原材料のなかに、ぶどう糖果糖液糖が入ったものは
絶対に購入しない。糖分は、砂糖が入ったものを選ぶ。

ぶどう糖果糖液糖は、天然甘味料の分類らしいが、天然だから安全とは
限らないと思っている。

私は、合成着色料でも同じような症状を起こす。最近の原材料表示には、
合成着色料よりも、ぶどう糖果糖液糖が入っていることの方が非常に多い。

ポン酢やケチャップ、そばつゆなどにも、ぶどう糖果糖液糖が入っている
ことがあるため、注意が必要だ。

私にとっては、発作原因の合成着色料や添加物アルコールよりも、
強い喘息発作を起こすことが多く、非常に危険だ。

スクラロースは人工甘味料。極少量なら、ぶどう糖果糖液糖ほどの強い発作は
起こらないが、鼻は確実につまる。鼻ポリープが巨大化する。

口に入れた時に、鼻ポリープが巨大化するものは、そのまま食べ続けると
喘息発作を起こしたり、10分~30分後くらいに喘息発作を起こすことが
多いため、食べ続けない。

いつから、砂糖ではない甘味料だらけになってしまったのだろう?

喘息発作や鼻ポリープ巨大化や嘔吐や呼吸困難を起こす、それらは
本当に安全なものなのだろうか?なぜ、問題視されないのだろうか?

キシリトールを口にした犬が中毒を起こすことがあるようだが、人間が
口にしていて本当に安全なの?
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

なぜ禁忌にならないのか? [発作が起こる着色料、甘味料]

合成着色料(タートラジン黄色4号)は、アスピリン喘息発作を誘発する。
合成着色料(サンセットイエロー黄色5号、ニューコクシン赤色102号)は
アスピリン喘息を誘発する疑いがある。

なぜいまだに、それらを添加物として使用している薬が
アスピリン喘息禁忌にならないのか?

以前、合成着色料が入ったプレドニゾロンのアスピリン喘息患者使用に関して、
「論文や医学雑誌に書かれているから、知れ渡っている」というようなコメントを
頂いたことがあるが、私はいまだに、主治医がかわるたびに、「合成着色料が
アスピリン喘息禁忌」ということを伝えないと理解されない。薬剤師も同様。
疑いの眼差しを向けられたことだってある。そんな話は聞いたことがないと言うのだ。

どれだけの医師や薬剤師がそれらの情報を得ているのだろう?
合成着色料でアスピリン喘息発作を誘発することを知らない人の方が多いのでは?

先日、検索ワードの中に、
「キューピーコーワは化学薬品か?」という検索ワードがあった。

ふと、気になって成分表示をみたところ、黄色5号が入っていたが、
成分表示には、アスピリン喘息に関してはまったく書かれていない。

合成着色料が入っている薬の添付文書には、アスピリン喘息禁忌または注意の
表示をして欲しい!論文や医学雑誌だけの問題ではない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

プレドニン黄色5号のトラウマ [発作が起こる着色料、甘味料]

私は、ステロイド薬のプレドニンを飲まない。

私がプレドニンを飲み始めた頃には、添加物として、アスピリン喘息発作を
誘発する合成着色料黄色5号が入っていた。

「プレドニンを飲むと吐いてしまう」と医師に伝えても、患者のたわごと扱い。
「薬のせいじゃないですよ」「ステロイド薬の胃への負担かな」などと流されていた。
胃はまったく痛くないのに。

その時にもし、「もしかして、添加物黄色5号に過敏に反応しているなら、
アスピリン喘息かもしれません。慢性副鼻腔炎や鼻ポリープもあることですし。」と
気付いてくれるような気の利いた医師ならば、私はその後喘息が慢性化することも、
重症化することもなかった。

その時に気付いていれば悪化を防ぐことができた。

さらにダメ押しでアスピリン喘息を誘発するコハク酸エステル型ステロイド点滴
(サクシゾン、ソルコーテフ、水溶性プレドニン、ソルメドロール)を
頻繁に打っていたのだから、重症化すること間違いなしだ。

私はなるべくしてアスピリン喘息が重症化したのだ。

喘息発作が滅多に起こらない今の私でも、合成着色料黄色5号が入った食品を
食べたり、コハク酸エステル型ステロイド点滴を打てば、間違いなく苦しむだろう。

喘息が安定した今でも、油断できないものなのだ。

「吸入ステロイドが足りないからだ」と言う人もいるが、増量すれば症状悪化を
防ぐことはできるとは思うが、アスピリン喘息発作をゼロにすることは難しいと感じる。

以前、「医師や薬剤師なら合成着色料がアスピリン喘息患者には使っていけない
ことを知っていて当然だ。」というようなコメントを貰ったことがある。

やっと当たり前のことになったのだなと安心していたら、当たり前には
なっていなかった。

私は今でもお守り用にプレドニゾロンを持っているのだが、つい最近、医師に
「なぜ白じゃないとダメなのですか?」と聞かれた。薬剤師にも聞かれた。

知っていて当然ではない人たちがまだいた。

何も変わっていないのではないだろうか?

黄色4号、黄色5号が入っている薬の添付文書や薬の辞書に、アスピリン喘息禁忌と
書かなければ意味はないのではないだろうか?文献に載っていたとして、それを
知っている医師や薬剤師はどのくらいいるのだろうか?専門医だけではだめなのだ。
一部の人間が知っているだけではだめなのだ。

喘息患者が専門医にかかるとは限らないのだから。

黄色4号、黄色5号がアスピリン喘息を誘発すると分からずに、合成着色料が
入ったプレドニゾロンを飲み、慢性化、重症化しているアスピリン喘息患者が
いないか心配だ。

今は、プレドニンには合成着色料は入っていない。だか、他のもので着色されている。
もしまた黄色5号が使われたことを考えると、白色にならない限りプレドニンは使わない。

病気を治すために使う薬で苦しむのはもうこりごりだ。

合成着色料の黄色4号、黄色5号、黄色102号がアスピリン喘息を誘発することが
もっともっと知れ渡って欲しい。添付文書や薬の辞書にもしっかりと表示して欲しい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

なぜ赤色に反応? [発作が起こる着色料、甘味料]

黄色5号(サンセットイエロー)、黄色102号(ニューコクシン )は
アスピリン喘息発作を誘発する疑いがあるとされている。

私は、合成着色料が入ったものを口にすると、アスピリン喘息発作を起こす。

最初に過敏に反応したのは、オレンジジュースだった。

自販機で買ったオレンジジュースを飲んだところ、激しく咳込み、
鼻水がだらだらでて、鼻づまりが起こり、吐いた。1、2時間苦しむ。

その頃は、喘息と診断される前か、診断されてすぐの頃だったので
添加物が原因とは気付かず、確認はしていない。もしかしたら
ぶどう糖果糖液糖の可能性もあるが、その頃、他のジュースでは
その症状が起きていなかったので、合成着色料の可能性が高いと思っている。

喘息と診断された後、黄色5号が入っていたプレドニンを飲み、吐いた。
(現在は、プレドニンには合成着色料は入っていない。)
その頃、咳も鼻炎もひどかったので、飲んだ後の咳や鼻症状は覚えていない。

アスピリン喘息は、黄色の合成着色料に反応すると知ってからは
避けるようになったが、赤色にも反応していると感じていた。

だいぶ前のことだが、りんご飴を試しに舐めてみた。

2、3回舐めたら、見事にひゅうひゅうと喘鳴が聞こえ始めて、鼻水、
鼻づまり、咳込みが起きた。近くにいた人たちも「原因は絶対にこれだね」と
はっきりわかる反応だった。

また、豆で色づけられた赤飯は普通に食べられるのに、合成着色料赤色で
色づけられた赤飯を食べると、食べている途中や食べてすぐに
鼻水、鼻づまり、鼻ポリープ巨大化、咳、喘鳴が起きた。

確実に赤色の合成着色料にも反応している。

アスピリン喘息を誘発するというミント入り歯磨き粉だが、私の場合は
歯磨き粉に入った黄色○号に反応しているようだ。

香料に反応していると思っていたシャンプー、入浴剤にも
黄色や赤色の合成着色料が使われていることが多い。

口紅は長年使っていないので分からないが、合成着色料が
入ったアイシャドウを塗ったところ、両まぶたが見事に腫れたこともある。

合成着色料を1品でも使っているお菓子屋では買わない。食べない。
1品では限らないことが多いから。
色が鮮やかすぎる食べ物は食べない。

私にとっては、黄色だけでなく、赤色の合成着色料も要注意なのだ。

合成着色料が入ったものを使ったり、食べた時に、咳が出たから
アスピリン喘息では?と心配する人もいるかもしれないが、
少しの咳込みだけなら、違うような気がする。

頭の血管が切れるんじゃないかと思うくらいの突然の激しい咳込み、
鼻水、鼻詰まり、鼻ポリープ巨大化、吐き気、嘔吐、突然の喘鳴、
呼吸困難などが起きたら、気を付けた方がいい。
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

栄養剤キューピーコーワゴールドは [発作が起こる着色料、甘味料]

検索ワードの中に気になる言葉があった。

「栄養剤キューピーコーワゴールドは喘息がおきる」

どうなのだろう?と思って、成分を調べてみた。

喘息患者全員が発作を起こすかどうかは分からないが、
私なら、確実にアスピリン喘息発作を起こす。

理由は、

添加物に「黄色5号」が入っているから。
合成着色料は、アスピリン喘息発作を誘発する。

「この栄養剤を飲んでも、発作を起こさないよ」という
アスピリン喘息患者もいるかもしれないが、頻繁に
黄色5号を口にしていれば、その人にとっても発作の
誘発原因に変わっていく可能性は高いのでは?

合成着色料が入っている薬やビタミン剤は多い。
毎日使う歯磨き粉にも入っていることがある。

それらの薬を知らず知らずに飲んだり、歯磨き粉を
使っていて、突然強いアスピリン喘息発作なんて最悪だ。

しかも、解熱鎮痛剤を飲んでいて発作を起こせば、
アスピリン喘息としての診断や治療を受けられるが、それ以外の
薬やビタミン剤、栄養剤の添加物を疑う医師は少ない。
アスピリン喘息を疑う喘息患者も少ないだろう。

アスピリン喘息患者なら、合成着色料が入ったものは
避けた方がいいと思う。また、慢性副鼻腔炎や嗅覚障害を
持っている喘息患者も、使用した時に鼻炎症状が悪化するなら
使わない方がいいのではないだろうか。

キューピーコーワゴールドには、黄色5号の他にも
私にとって強い喘息発作を起こす原因が入っている。

オキソアミヂン(ニンニク抽出成分)だ。

以前、コメントで、「ニンニクの成分が入っている栄養剤が
あるから気を付けた方がいい」と言われたことがあった。

私にとって、強い喘息発作を起こす原因が2つも入っているから
一粒飲んだだけで、呼吸困難を起こすだろう。

栄養剤、ビタミン剤が安全とは限らない。
添加物に過敏に反応してしまう私は、使用しない。
頻繁に飲むことで、過敏に反応するものを増やしたくないから。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ベニコウジ色素に思うこと [発作が起こる着色料、甘味料]

貰った菓子を食べた。

数分後、激しく咳込み、鼻が詰まり、顔が痒くなり
吐いた。

食べる前に成分表は見たはずなのに。

もう一度成分表を見る。
合成着色料やみりん、酒精、ブドウ糖果糖液糖などは入っていない。

気になるものといえば、ベニコウジ色素くらい。
もしかして、これなの?

3時間くらい発作で苦しんだが、少しずつ症状がやわらいで
いるから、原因は食べ物だ。

久々にやってしまった。疲れたなあ。
まあ、仕方がない。そんな日もあるよ。

ベニコウジ色素にも気を付けてみようと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

コチニール色素 急性アレルギーを引き起こす恐れ [発作が起こる着色料、甘味料]

消費者庁 「コチニール色素でアレルギー報告」 お知らせ&注意喚起
対象
コチニール色素を含む食品、医薬品、医薬部外品、化粧品
【製品へのコチニール色素の記載箇所と表示名】
・医薬品:添付文書や外箱などの「添加物」の項目
・医薬部外品、化粧品:容器や外箱などの「成分」の項目
表示名:「コチニール」、「カルミン」、「カルミン・コンジョウ被覆雲母チタン」、
「カルミン被覆雲母チタン」
・食品:原材料名の欄
表示名:「コチニール色素」、「カルミン酸色素」、「着色料(コチニール)」、
「着色料(カルミン酸)」

対処方法
コチニール色素を含む化粧品の使用や食品の摂取により、かゆみなどの体調の変化を
感じた場合は、速やかに皮膚科やアレルギー科の専門医を受診
コチニール色素が原因と疑われる場合には、コチニール色素を含む製品の使用や摂取を避ける

内容
コチニール色素を含む化粧品や食品の摂取により、急性アレルギー反応(アナフィラキシー)を
引き起こしたと推定される事例が、1960年代から20ほどの論文等で報告されている。
急性のアレルギーを発症した場合、呼吸困難などの重篤な症状となる可能性もあることから、
消費者庁が注意を呼びかけている。
コチニール色素は、エンジムシ(中南米原産の昆虫)から得られたカルミン酸を主成分と
する赤色の着色料で、食品(清涼飲料水、菓子類、ハム、かまぼこなど)や医薬品、
医薬部外品、化粧品(口紅、アイシャドーなど)に使用されている。また、医薬品などでは
コチニール色素のほか、カルミン(コチニール色素の化合物)などが使用されているものもある。
国民生活センターや地方自治体の消費生活センターには、コチニール色素を原因とする
アレルギー症状の事例は寄せられていないが、論文などで、コチニール色素を含む化粧品の
使用や食品の摂取により、かゆみ、じんましん、発疹、呼吸困難などのアレルギー症状を
示した事例が報告されている。また、赤色の色素を含む化粧品を使用してかゆみを
覚えていた女性が、コチニール色素を含む食品を摂取したところ、呼吸困難を伴う重篤な
アレルギー反応を示した事例報告もある。

---------------------------------------

「茶のしずく」石けん以降、食品だけでなく、日用品にもアレルギーを起こす
可能性があることが注目されているようで、うれしく思う。

私は、天然着色料での体調の変化は経験したことがないが、合成着色料(タール色素)の
赤色○号、黄色○号に反応して、呼吸困難や喘息発作を起こす。
でも、それを知っている人は少ない。

アナフィラキシーを起こす原因は、コチニール色素だけじゃない。
日本女性が当たり前のように使っている化粧品には、当たり前のように合成着色料
(タール色素)が入っているのだ。

合成着色料(タール色素)の赤や黄色は口紅、アイシャドウ、チーク、シャンプー、歯磨き粉、
入浴剤、食品、ビタミン剤、薬・・・いろいろなものに含まれている。

それらが原因で体調を崩していると気付かずに使い続ければ、強いアナフィラキシーを
起こすこともあるだろう。
早いうちに気付いて、原因を生活から排除していけば、呼吸困難を防ぐことが出来る。

こういう事例がもっともっと世の中に出ればいい。もっともっと知れ渡って欲しい。

毎日飲まなくてはいけない薬に、着色するのは止めて欲しい。
区別つきにくいというのも分かる。でも、毎日の蓄積でアナフィラキシーが起きたら
どうすればいいの?
友達が以前処方してもらっていた薬は、毒々しいオレンジ色をしていてぞっとした。
見るからに、黄色○号が入っている雰囲気。
病気の治療薬が自分に合わない着色料が入った薬しかなかったら、どうすればいいのだろう?
nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:健康

駄菓子と合成着色料 [発作が起こる着色料、甘味料]

昨日、テレビで駄菓子ランキングが放送されていた。

さくらんぼ餅を作っている映像が流れて、「あっ、これ食べてたなあ」と
思ったそばから、赤色106号が投入されてた・・・。

合成着色料の赤や黄色で喘息発作を起こすようになってしまった今では
もう食べられない。

よく「身体に影響のない量だから安心」という言葉を使うことがあるが
一度合成着色料でアスピリン喘息を発症したら、どんなに少量だって発作は
起きてしまう。安心な量はない。

そういえば、子供の頃の駄菓子は、毒々しい赤色をしていたものが
いっぱいあったなあ。

口に入れると舌が真っ赤になる粉や飴、真っ赤なイカとか、
真っ赤なスモモとか。

アスピリン喘息は、小児で起こることはまれだし、私は小児喘息では
ないので、子供の時にそれを食べても何も起こることはないと思うが
不思議と子供頃の私は、その毒々しい色の食べ物を口にしなかった。

うまい棒やベビースターラーメンのような油っぽいお菓子も食べなかった。

一番好きだったのは、ラムネ菓子。
真っ白くて薄くて大きなラムネが好きだった。

ソフトクリームのようなお菓子も好きだったけれど、実はこれには
黄色5号が入っていた。(涙)

子供の頃、駄菓子を食べるのは、そんなに頻繁ではなかったけれど、
合成着色料が入った食べ物や日常生活にどんどん増えた化学物質が
積もり積もって、今の過敏な身体を作ってしまったのかなあ?
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

アスピリン喘息患者と合成着色料(タール色素)のない生活 [発作が起こる着色料、甘味料]

日本の食品添加物12品目
赤色2号(アマランス)、赤色3号(エリスロシン)、赤色40号(アルラレッドAC)、
赤色102号(ニューコクシン)、赤色104号(フロキシン)、赤色105号(ローズベンガル)、
赤色106号(アシッドレッド)、黄色4号(タートラジン)、黄色5号(サンセットイエローFCF)、
緑色3号(ファストグリーンFCF)、青色1号(ブリリアントブルーFCF)、青色2号(インジゴカルミン)

赤色○号、黄色○号と成分表示に書いてあればいいけれど、
カタカナ名で書いてあると、天然着色料と間違えてしまいそう。
○号表示で統一して欲しいなあ。

天然着色料なら安心か?と考えると、そうとは言えないと思うが、
私が確実にアスピリン喘息発作を起こすのは、赤色○号、黄色○号だ。
この2種類は、確実に生活から排除したい。

なかでも黄色4号(タートラジン)は、アレルギー反応を起こす可能性が
高いらしい。アスピリン喘息患者だけでなく、アレルギー患者も
注意した方がいいのではないだろうか?

これらの合成着色料は、食べ物だけでなく、薬、ビタミン剤、歯磨き粉、
シャンプーリンス、入浴剤、化粧品などに使われている。

喘息患者が発作時に使うプレドニゾロンにも、合成着色料を添加物として
使っているメーカーがある。

なぜ、添付文書にアスピリン喘息禁忌と表示しないのだろう?
病気を治そうと思って飲んだ薬でアスピリン喘息発作なんて最悪だ。

「相当な量を摂取しなければ影響はない」という言葉は通用しない。
私は合成着色料が入った薬一粒でも、食品一口でも確実に喘息発作を起こす。

アスピリン喘息患者の中には、合成着色料に反応したことがないという患者も
いるかもしれないが、突然、解熱鎮痛剤で発作を起こすように、
合成着色料でも、ある日突然、発作が起こることがあると思う。発作の症状が
とてもよく似ているのだ。

ひどい発作を起こす人が増える前に、もっと表示をして欲しい。

徹底した禁忌の表示でアスピリン喘息発作をもっともっと減らして欲しい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

アスピリン喘息と葛根湯と合成着色料 [発作が起こる着色料、甘味料]

某医院のアスピリン喘息のページに葛根湯はアスピリン喘息を誘発しないと
書かれているが、メーカーによって合成着色料を使っている葛根湯もあるので注意!

誘発物質になる合成着色料は黄色○号と書かれていたが、私は
赤色○号にも反応する。赤色の入ったものを食べれば、ひゅうと喘鳴が出る。
喘息発作で数時間苦しむ。

どのくらいのアスピリン喘息の患者さんが合成着色料に反応しているのか
分からない。もしかしたら、とっても少数なのかもしれない。
でも、今反応しなくても、突然反応するようになることもあるので
避けていた方がいいと思う。

私が、咳だけではなく、吐き気や苦しみ、鼻水などのアスピリン喘息
発作特有の症状が最初に出たのは、黄色の合成着色料だったと思う。
このアスピリン喘息発作と普通の喘息発作の違いは、数時間するとまるで
なにもなかったようになるところ。化学物質によっては、発作が長引くものも
あるけれど、合成着色料での発作は、数時間すれば症状がまったくなくなる。
不思議だ。

合成着色料は、薬だけでなく、化粧品、食べ物、歯磨き粉、入浴剤などにも
使われているので気をつけたい。
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:健康

アスピリン喘息と赤飯 [発作が起こる着色料、甘味料]

赤色や黄色の合成着色料はアスピリン喘息発作を起こす。

それに加え、アルコール、エタノール(酒精)、みりんなどでも
アスピリン喘息発作を起こすので、食品の成分表示欄は
必ず見る習慣がついた。

友達から「お赤飯を買っていくけど?」
という電話。
私は、おこわやお赤飯が好きなので、「うん!」と答えると
「あっ、だめだ、だめ!」というので、一体どうしたのだろう?と
思っていると、「102って書いてある」と。

成分表示に、合成着色料の赤色102号と書いてあるようだ。

だめだ。それは食べられない。強い喘息発作を起こしてしまう。

残念な気持ちになったけれど、その友達が気付いてくれたことが
とってもうれしかった。

赤飯の赤色は、豆の煮汁でついたものが多いが、ごくまれに着色料を
入れたものがあるのだ。
色が鮮やかについていなくてもいいじゃないかと思う。
なぜ着色してごまかすのだろう。
手作りおにぎりや和菓子などを並べているお店なのに、赤飯に
着色料を入れているお店があると、プライドはないのかと思ってしまう。

赤や黄の鮮やかな色をつけられた食べ物を見ると残念に思う。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

まぶたの腫れと合成着色料 [発作が起こる着色料、甘味料]

菓子と着色料とアスピリン喘息(http://miyabinoshinkokyu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-28)を書いた時、ふと思い出した。

アイシャドウを塗ると、まぶたが腫れる。それはもう見事に。

合成着色料(タール色素)の入っていない口紅をお店で探した時、
アイシャドウにも赤や黄色のタール色素が入っていると知った。

アイシャドウを異物と感じて、まぶたが腫れるのだと思っていたが
赤や黄色のタール色素に反応しているのだ。
タール色素が入った食べ物を食べた時、喉の奥の奥が腫れるのと
同じように、まぶたも腫れるのだ。

みんな色とりどりのアイメイクをしたり、チークを塗ったり、口紅を塗っている。
そのほとんどが合成着色料の赤色○号、黄色○号だと思うと、
みんな強いなあと思う。

お化粧をばっちりしている子供を見ると心配になる。
せめて、子供のうちは、タール色素の入った口紅は使わない方が
いいと思う。

鼻ポリープ、嗅覚障害、成人喘息を持っている人は、大人であっても、
合成着色料(タール色素)は使わない方がいいと思う。
アスピリン喘息発作を起こさないために。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

菓子と着色料とアスピリン喘息 [発作が起こる着色料、甘味料]

>足立産業(株)は、自社が製造し販売した和菓子26種において、
>餡仕入れ業者(合資会社北川製餡(岐阜))が自社向けの
>製品品質規格書に記載されていない着色料(食用赤色104号)と
>指定外着色料(旧食用紫色1号)を混入した生餡(こしあん)を
>納入していたことが判明したとして、対象商品を回収し返金対応を行うと発表した。

アスピリン喘息は、合成着色料で喘息発作を起こす可能性が高い。

私は、どんなに少量であっても、赤色や黄色の合成着色料で確実に
強い喘息発作を起こす。
食べた直後に、ひっという呼吸困難を起こし、鼻閉、鼻水、激しい咳、
泡々の痰を吐く。数時間苦しむ。

食品を買う時は、合成着色料が使われていないものを選ぶ。

それなのに、それを記載していない製品があると思うとぞっとする。
しかも、旧食用紫1号って?いったいいつの着色料を使っているのだろう?
着色すれば美味しそうに見えるだろうというごまかしに呆れるばかりだ。
「人体に影響はない」なんて、よく言えたものだと思う。

作った本人は、美味しい美味しいって食べられるの?
我社の自慢の製品だって言えるの?
社名に餡という文字が入っているのに、着色料で色をつけているなんて。

この前おみやげで貰った青のりには、青色の合成着色料が入っていた。
青のりに青色って!?
色をつけなくちゃ売る自信がないのかな?
最悪だ。

天然着色料では、今のところ喘息発作を起こしたことはないが、
天然着色料に切り替えればいいというだけの問題ではないと思う。
色をつけてごまかすこと自体どうかと思う。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

貧血薬と口紅とアスピリン喘息 [発作が起こる着色料、甘味料]

真っ赤に色づけられた貧血薬「ファイチ」のCMをを見て、ぞっとした。

赤色=赤血球を造るというイメージで色をつけたのだろうか?
悪趣味だと感じた。
成分をみると、赤色102号が使われている。

赤色2号、赤色102号、黄色4号などの合成着色料は、アスピリン喘息発作を
起こす可能性がある。私の場合は、1粒でも確実に強い発作を起こす。
数分後、呼吸困難のようになり、鼻が詰まったり鼻水がだらだら出たり、
激しく咳込んだり、吐いたりする。数時間苦しむ。

でも、添付文書にはアスピリン喘息への注意事項は何一つ
書かれていない。
合成着色料では発作が起こらないアスピリン喘息患者もいるが、
もし毎日のようにこの薬を飲んでいたら、喘息発作を起こす
可能性を強めてしまうのではないだろうか?

「あなたが気をつければいいことだ」と思うかもしれない。
もちろん私は、合成着色料が入っている薬は絶対に使わない。
でも、自分がアスピリン喘息と分からず、着色料に反応していると
気付かずに使っている人がいるかもしれない。

私は、喘息初期の頃、オレンジジュースを飲むと、激しく咳込み
吐いた。柑橘類は咳が出やすいからかな?と思ったが、柑橘類の
刺激でむせるという軽い状態ではなかった。その当時、
グレープフルーツジュースでは出なかったので、
黄色○号が入っているオレンジジュースを飲んでいたのではないか?と
思う。2、3時間すると、自然と症状が治まる様子が、アスピリン喘息発作に
似ていた。

アスピリン喘息という診断をされていなくても、着色料が入ったもので
呼吸困難や喘息発作を起こしたなら、アスピリン喘息を疑って欲しい。

合成着色料を薬に使用するなら、アナフィラキシーや喘息のような
症状が起こる可能性を添付文書にしっかり付け加えて欲しい。
薬アレルギーではない。着色料に反応しているのだ。

どうか薬に合成着色料を加えるのはやめて欲しい。
白色でいいと思う。番号や記号でしっかりと管理すればいいのでは?

私は、もうずっと口紅を使っていない。

店頭に並んだ口紅の成分をみると、ほとんどのものに
赤色○号、黄色○号という合成着色料(タール色素)が入っている。
だから、使えない。

合成着色料が入っていない口紅があったので、久しぶりに塗ってみたら
喘息発作は出なかったが、気持ち悪かった。
もうずっと口紅を塗ったことがなかったので、それをつけたまま、
生活したり、食事をとったり、飲み物を飲むことが苦痛に思い、
すぐ拭きとった。口紅は、もう付けないことにした。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

プレドニゾロンは使える [発作が起こる着色料、甘味料]

病院でステロイドを吸入し、プレドニゾロンを毎日飲んでいる。
漂白剤で起きた喘息発作は、すっかりよくなった。
気管支の詰まりは、まったくなくなった。

以前だったら、1~3回ステロイド点滴や入院しなければ、
気管支の強いつまりは治まらなかった。

回復がかなりはやくなった。

気管支が細くなる程度だったら、発作用スプレーや
ホクナリンで乗り切れるかもしれないが、気管支が詰まった時は、
病院に行くに限る。

プレドニンは、喘息発作を誘発し、飲んだ後必ず吐いていたが、
プレドニゾロンに変更したら、一度も吐かなかったし、
喘鳴も起きなかった。やっぱり、着色料が原因だったのだ。

毎日毎日吐きながらプレドニンを飲んでいたのに・・・・。
もっと早く気づけばよかった!

プレドニンを飲んで、喘鳴が出たり、吐き気が出る人は
アスピリン喘息を疑って欲しい。
(この吐き気は、胃液や食べ物を吐くのではなく、泡々の痰を吐くから
胃痛とはまったく関係がない。)

白色のプレドニゾロンは安心して使えそうだ。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

プレドニンとアスピリン喘息 2日目 [発作が起こる着色料、甘味料]

昨夜は、咳も出ず、苦しくもならず、
喉の腫れも喘鳴もすっかり消えて、ぐっすり眠れた。

今朝も少し早めにプレドニンを飲んだ。
2、30分後、気管支が細くなった。
ぜいぜいという喘鳴が出て、動けなくなった。
また吐いた。

調子がよくなっていたのに。

3、40分後、喘鳴は消えた。喉の腫れが
少し残る。

やっぱり着色料の喘息発作を起こしているのだと
感じる。

もうプレドニンは飲まないほうがいいかな。
すぐ調子が逆戻りしてしまう。がっかり。

数時間すれば、薬の効きが出てきて、楽になるはず。
それまでの我慢だ。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

プレドニンとアスピリン喘息 1日目 [発作が起こる着色料、甘味料]

あまりにつらいので、病院で吸入し、
プレドニンを出してもらう。

早朝、プレドニンを見て、プレドニンに含まれる
着色料(黄色5号)の話を思い出す。
タートラジン(黄色4号)は確実にアスピリン喘息発作を
起こす。

しまった。

でも、つらいから飲みたい。

飲んだ。
問題なさそうだったので、二度寝した。

30分後、喘鳴がひどくなり、ぶわっと吐いた。
吐いた後、少し寝た。

そのまた30分後、
起きたら、気管支や喉の炎症で熱かった身体が
冷めていた。

プレドニンは、黄色5号の力よりも、成分の力が
強いようだ。着色料で起こる発作を1、2回の
吐き気で抑えつけた。すごい。

プレドニンは、いままで何度も吐き気を起こしている。
でも、喘息がつらい時に飲んでいたから、
「そういえば、吐いたな」「強い薬だから胃にきたのかな」
くらいにしか思っていなかった。

まだ喘鳴は残るが、少し楽になった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

アスピリン喘息と着色料 [発作が起こる着色料、甘味料]

着色料が原因の喘息発作は、あっという間に起こる。

食べている間に、喘鳴が聞こえて、鼻づまり、鼻水、咳、吐き気など
次々にやってくる。

知人の家に行った。
「食べてね」と出されたお菓子の裏をさりげなく見てみると
赤と黄の着色料たっぷり使用。
さりげなく、もとに戻した。

いつになったら、タール色素の使用はなくなるのだろう?

(着色料を使った食べ物で、呼吸困難や喘息を起こしたら、
アスピリン喘息を疑って下さい。)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

やっぱりだめだ歯磨き粉 [発作が起こる着色料、甘味料]

体調がだいぶいいので、歯磨き粉を使っても、喘息が出ない。
(メーカーにもよる。)

友達が「これ、いいよー」と言うので、ほんの少しつけて
歯を磨いたら、久々に出た!

鼻水、鼻づまり。
そして、咳、喘鳴、吐き気。

久々に、やってしまった。

成分を見たら、黄色4号・・・・。
先にこれを見ていたら、絶対使わなかった。油断しすぎた。

以前、オレンジジュースを飲んで、鼻水、鼻づまり、喘息発作、吐き気が
起きたことがある。その原因が、黄色4号の可能性大なのだ。

食べ物の着色料に、黄色4号が使われているのは、
あまり見かけなくなったけれど、まさか、歯磨き粉に使われているとは!

黄色4号に過敏じゃなければ、毎日使っても大丈夫なのだろうか??
タグ:喘息 着色料
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
発作が起こる着色料、甘味料 ブログトップ