So-net無料ブログ作成
検索選択
発作が起こる煙・ほこり ブログトップ

喘息と衣類とほこりと気を付けていること [発作が起こる煙・ほこり]

私は、ほこりを吸うと鼻水が出たり、咳が出る。

数年前までは、ほこりを吸うと、激しく咳込んだり、気管支が詰まるなどの
喘息発作を起こしていたが、今はそこまで悪化しない。

ほこりでは気管支が詰まらなくなった。

ほこりが原因の強い喘息発作を起こしていた頃は、ステロイド点滴を打つことも
あったが、症状が少しずつ弱くなってきてからは、ほこりを吸った時に
コーヒーを飲むと、気管支の詰まりがやわらいだ。私には、去痰薬や
気管支拡張剤よりも効果がある気がする。

気管支を広げればなんとかなると思っている人がいるが、炎症の度合いによっては
気管支を広げればいいという問題ではない。薬によって気管支を広げたことに
よって、一時的に「治った」という思い違いをすることの方が心配だ。

気管支を広げただけで楽になる症状なのか、炎症をしっかり治さないと
長引く症状なのか・・・という見極めをしていく。

今の私は、
春夏服のショッピングでは、マスクなしでも喘息発作を起こさなくなったが
秋冬服はまだ無理かな。ニットのほこりがひどすぎる。喘息発作にはならなくても、
強い咳や鼻水が出てしまう。マスクをしてほこり予防をしている。
マスクをしていてもほこりを吸い込むが、買い物を中断、中止するほどにはならない。

買う服は、ほこりが少ないものを選ぶ。ニットは絶対に着ない。

値段が高いものの方がいいのかな?と思った時期もあったが、今は、安すぎず
高すぎないものを1、2年ペースで着るようにしている。

もったいないと言われるかもしれないが、長く使う衣類は、ほこりが出やすく、
つきやすくなってくる。ほこりが出にくいうちに、たくさん着たい。

年をとってくると、「流行なんて関係なくなる」「流行りものを着たくない」と
いう人がいるが、私は、ほどよく流行に合ったものを着ることも若くいられる
方法ではないかなと思っている。

今年はショートブーツコートスカートパンツも好きなデザインだから、
買い物が楽しい。

ほこりが出にくい衣類が入ったタンスクローゼットは整頓しやすい。

ほこりで起こる咳は、私の口呼吸のバロメーターになっている。
少しのほこりでも咳が出る時は、ほぼ口呼吸になっている可能性がある。
私には鼻ポリープがあるため、100%鼻呼吸には戻れないが、出来る限り
鼻呼吸に戻すようにする。それが、ほこりで咳をしない方法だと思う。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

触りたくない日 [発作が起こる煙・ほこり]

秋が近づいてきたので秋物の洋服を一度タンスから出して洗濯をする。

防虫剤はまったく使っていないが、タンスにずっとしまっていた衣類は苦手だ。

私には、衣類を必要以上に触りたくない日がある。

自分が着たりぬいたりするのはいいが、タオルをばさばさしたり、
たくさんの衣類を触りたくない日。

そんな日には衣替え衣類の洗濯をしない。

私はこの状態を疲れているからだと思っていたが、違うと分かった。

「今日たくさんの衣類を触ると喘息発作が出ちゃうかも・・・」と身体が
喘息の気配を感じているのだ。

だから、なんとなく衣類を触りたくない日は、必要以上なことはしない。

それでも、以前に比べると、「触りたくない日」はかなり減ってきた。

秋の花粉の影響で鼻炎は悪化しがちだが、喘息の気配はなく、「触りたくない日」には
なっていない。夏物を洗って半分くらいしまった。秋物も少しだけ。

無理をせず洋服の入れ替えをしていきたい。
タグ:喘息 ほこり
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

今の私の洋服選び [発作が起こる煙・ほこり]

洋服を買う時、一番の選ぶポイントは、「ほこりが少ないもの」だ。

ほこりが出にくいもの、ほこりがつきにくいもの。

次は、通気性やにおいの気配。

ほこりがつきにくいなら、つるつるした生地を選んだ方が
いいのだろうけれど、通気の悪さや化学繊維の独特な気配も
喘息発作のもとになりやすいため、綿を選ぶことが多い。

温度調節しやすいことも選ぶポイントだ。

ボタンを外したり、腕まくりをしてもだらしなく見えないもの。

デザインや流行はその次。

流行にとらわれすぎる年齢でもないけれど、流行さえも無頓着には
なりたくないと思う。

去年は、コートジャケットなら、ほこりが少しでるふわふわした
ものも着られるようになった。

今年は、ニットを・・・と思っていたが、まだ無理かなあ。
お店で手に取る気にもなれずにいる。
そのうち着られる日がくればいいかなと思う。

もともと薄手の服に上着を着れば十分だったから、ニット類が
着られなくても、あまり不便は感じない。

あちこちのお店を巡って、洋服を探せるようになれたことがうれしい。

喘息がコントロールできるようになったことで、気持ちが軽くなり、
服の色がどんどん鮮やかになってきたこともうれしい。

そして、今年の秋冬は、靴選びも楽しくなってきた。
秋冬ものを3足購入。洋服や靴選びが増々楽しくなってきた。

今よりももっともっとほこりに強くなりたいなあ。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

マスクなしで買い物 [発作が起こる煙・ほこり]

今日は仕事帰りに夏物の洋服を買いに行った。

黄砂と大気汚染粒子飛来の時期にマスクなしで過ごすことは
ほとんどない。

でも、最近は、室内に入ればマスクをしなくても過ごすことが
出来るようになってきた。

お店に入りマスクを外しても、問題なし!
喘息発作の気配なし!

ほこりには、鼻も気管支もかなり強くなった気がする。

以前は、洋服を買いに行くと、鼻や気管支にほこりが入り込み、
鼻水だらだらで、気管支が見事に詰まっていた。猫が毛を
吐くように、私はほこりを吐いていた。

今はまったくそういうことがない。
少しのほこりでは、喘息発作は起こらない。鼻水は少々。
セーターの季節は、まだ無理。)

ゆっくりと服を見て、試着をする余裕もある。

そして、選ぶ洋服は、重症喘息だった頃とは違う明るい色の服。
楽しくて楽しくて、いっぱい買ってしまった。

重症喘息だった頃は、真夏でも黒い服を着ていた。
今は、黒い服にはまったく興味がない。

洋服選びって楽しいなあ。
簡単に気管支が詰まらないことは幸せだなあ。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

もしかしたら来年は? [発作が起こる煙・ほこり]

(汚い話が苦手な方は読まないで下さい。)

洋服を買いに行っても、喘息発作は起こらない。

鼻水がたまに出ることはあっても、ほこりでは鼻ポリープは
悪化しない。

今年はセーター類が多いので、念のためマスクはしているけれど
ほこりが気管支に入ることがない。

なんて幸せなことだろう!

いくらでも買い物に行っちゃうよ。

以前なら、ウイルス用の厚手マスクをしても、それをさらに
2枚重ねにしても、ほこりが気管支に入り込み、喘息発作を
起こしていた。

猫が毛玉を吐くように、私もほこりを吐いていた。

今は、まったくそれがない。

気管支にほこりって入らないものなのだなあ。不思議。

連日の大気汚染粒子の影響で、鼻ポリープは巨大化気味なのに
ほこりでは、気管支も鼻も反応しないことがうれしい。

来年は、セーターを着ることができるかも?
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ほこりも平気! [発作が起こる煙・ほこり]

今年は洋服屋さんにたくさんのニット服が並び、ほこりがすごい。

バーゲンや連休などのものすごい人混みでも喘息発作は
起こらない。一日買い物をしていても、平気。

喘息が重症だった頃は、お店にいる時から強い喘息発作を起こし、
買い物どころではなくなっていた。

喘息が快方に向かうようになった頃は、店内での発作は起こらなくなったが、
帰宅後、ほこりが気管支に入り込んだ感じがずっと続いて一晩苦しんでいた。

喘息がさらに快方に向かうと、ほこりが気管支に詰まっても、コーヒー
飲むと気管支の詰まりがなくなってきた。

今は、ほこりが気管支に入ることもなければ、詰まりもしない。
こんなにほこりに強くなる日がくるとは思ってもいなかった。

買い物が楽しくて楽しくて。歩くことが楽しくて楽しくて。

連日買い物に行っても、喘息発作が起こる気配はまったくないことが
うれしい。疲れることもないから、また行ける。年末もまた買い物に行っちゃおう!

なぜあんなに気管支にほこりが詰まっていたのだろうなあと不思議に思う。
タグ:喘息 ほこり
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

喘息とセーターに思うこと [発作が起こる煙・ほこり]

私は、セーターを着ない。

重症喘息患者だった頃、セーターが置いてあるお店に行くと
強い喘息発作を起こし、洋服を選ぶことさえ出来なかった。
1、2分でさえも、そのお店にいられない。
秋冬には、洋服を買いに行けなかった時期もあった。
気管支が強く収縮し、詰まって呼吸が出来なくなってしまう。

それ以来、セーターは着ていない。

重症喘息患者から抜け出したすぐの頃は、春夏はゆっくり買い物
出来るが、セーター類が並んでいる秋冬にはゆっくり買い物が
出来なかった。お店に数分間はいられるが、その直後や帰宅後
強い喘息発作を起こした。
気管支の収縮はないものの、詰まってしばらく苦しむ。

喘息が安定しはじめた頃には、秋冬にもゆっくりと買い物が出来るように
なった。セーター類が多く、ほこりがひどいお店は、咳が出てしまうので、
早めにお店を出ることはあるが、ほとんどのお店は、ゆっくりと洋服を
選ぶが出来るようになった。
ほこりが気管支に入ることはあるが、コーヒーを飲んで気管支を
広げたり、ほこりを吐き出せばすぐに治まる。発作にはならない。

「あのお店に気になる服があったからもう一度行ってみよう」

健康な人には、なんてことないことなのに、私にはそれが
長い間出来なかった。この1、2年やっと、それが出来るようになって
「買い物している」「ショッピングは楽しい」という実感が湧いた。
今はあちらこちらのお店を見て回ることが出来る。

多少のほこりでは、強い喘息発作は起こさない。
気管支は収縮しない。詰まらない。

ほこりで起こる症状は、数分程度で治まり、帰ってから具合が
悪くなることもない。

こんな日が来るとは思わなかった。買い物って、すっごく楽しい。

もしかしたら、セーターを着られる日がいつか来るかも?
タグ:喘息 ほこり
nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:健康

喘息と長いトンネル [発作が起こる煙・ほこり]

>長いトンネル、外気は禁物…NO2基準の50倍
高速道路の長いトンネル内で、ぜんそくなど呼吸器疾患の原因物質とされる
>二酸化窒素(NO2)の濃度が環境基準の50倍を超えることがあることが、
>東京大学や交通安全環境研究所の調査で分かった。
>研究チームは「トンネル内では車内に外気を入れないように」と呼びかけている。
>NO2は自動車や工場などから排出される。濃度は住宅や公園などで計測
>されているが、人が生活していない車道などでは環境基準が適用されず、
>ほとんど調査されていない。
>調査は昨年4月~7月の平日昼間に行われた。計測器を積んだ車で首都高速や
>東名高速など約160キロ・メートルを走行、車内外のNO2の濃度を測定した。
>その結果、高速道の大半で、国の大気環境基準(1日平均0・06ppm)を超過。
>交通量が多い長いトンネル内の濃度は特に高く、首都高速中央環状新宿線の
>山手トンネル(長さ約11キロ・メートル)内では、最大で3ppmを超えた。
>(2012年1月14日14時32分 読売新聞)

トンネル内を走行中に咳込み、「やけに空気の悪いトンネルだな」と
感じることがある。

喘息患者は、健康な人よりも、空気の違和感を感じるのが早いと思う。

窓を開けたまま、トンネルを走っている車を見ると、すごいなあと思う。
トンネルを走る時は必ず窓を閉める。でも、内気にはしていなかった。
今度から内気にしよう。

普段からずっと車の空気を内気にしている人がいるが、あれはあれで苦しい。
トンネル以外は外気にして欲しい。

いまだに真っ黒の排気ガスをふりまいて走っているトラックがいるのはなぜ
なのだろう?一時期厳しくなったのに、しばらくすると何もなかったかのよう。
適当だね。
タグ:喘息
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ホコリと喘息と掃除の変化 [発作が起こる煙・ほこり]

少しのホコリが舞うだけで気管支に入り込み、激しく咳込む。
鼻水が流れる。気管支に詰まる。吸った時やその日の夜には、喘息発作で苦しむ。

美容院のタオルドライが苦手なので、ハンカチで口や鼻を押さえる。
自分では、絶対にばさばさとタオルで拭かない。髪の毛も
身体も抑えるように拭く。バスタオルは絶対に使わない。
髪の毛用のタオルは、ホコリ少なめのガーゼタオルを使う。

更衣室での着替えのバサバサが苦手なので、人が少ない時間に使用する。
両隣が着替えている時には、絶対に着替えない。時間をずらす。

耳鼻科の待合室での子供のばたばた走りが苦手なので、病院に行った方が
症状が悪化する。これも耳鼻科に行くのをやめた原因のひとつ。
鼻症状だけだったのに、帰る時には喘息発作を起こすことが何度も
あってがっかりした。

ほこりっぽい人の部屋に行ったり、車に乗るとひどいことになるので、
一度遊びに行って喘息を起こしたところには、なるべく行かない。
コタツのある家にも、なるべく行かないようにしているが、
ほとんどの人がコタツを使っているので困る。毎日ほこりを払ったりしていない
コタツなんて、ぞっとする。私は、コタツは絶対に使わない。

毛布は使わない。掛け布団は、普通のカバーをかけ、その上に
ハウスダスト用のカバーをしている。
一年中、シーツは綿で、ほこりのたちやすい毛がたったものは使わない。
夜使用しているオイルヒーターは風が出ることがないので安心だ。

バッグの中、机の中、車の中には、ウイルス用のマスクが入っているので
「ホコリだ」と思った時にはすぐにマスクをする。

ホコリが原因で軽く気管支が詰まった時には、ブラックのホットコーヒーを飲む。
痰を出しやすくして、鼻炎症状もやわらぐ。
ブラックコーヒーを飲んだ直後は、気管支が、詰まったホコリや痰を出そうと
咳が激しく出る。でも、ホコリや痰がとれると咳も自然と治まる。
これは、猫や犬などのペットの毛にも効果あり。
問題なのは、咳ではない。詰まっているホコリや痰なのだ。

最近の私は、以前よりもずっとホコリで喘息発作を起こすことが減った。
しばらくホコリでは発作を起こしていない気がする。

以前の掃除方法は、ホコリがたたないように、水拭きで棚などを拭いていた。
今は、ハタキでホコリを払っても平気になった。量にもよるとは思うけれど・・・。
毎日掃除をしている棚についた微かなホコリなら平気だ。
もちろん、掃除中、マスクをするのは当たり前のこと。

ホコリでは気管支が詰まらなくなった。

もっともっといろいろなものに反応しない気管支になりたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

喘息と鼻炎と洋服の衣替え [発作が起こる煙・ほこり]

今日は空気の違和感がほとんどない。
空咳も吐き気も喉の奥の奥の腫れも鼻ポリープ悪化もない。
冬が近付いているなあと感じる。
冬の始まりは、花粉も黄砂もなく平和だ。

私は衣替えの時期に洋服の入れ替えをしない。

鼻炎や喘息の原因になる洋服のほこりを吸いたくないからだ。
それに、発作で体調を崩していると、洋服を入れ替えたくても
体がついていかないことが今まで何度もあったから。

春夏秋冬、季節ごとに引き出しに入れている。
スカートパンツ類や普段着は、春夏、秋冬に分けている。
コートジャケットクローゼットに薄いものから厚いものの
順に並べている。

以前は、タンスやクローゼットに入りきらないほど洋服が
あったが、人にあげたり処分した。
必要以上に洋服は買わないと決めた。着る服を買う。

アスピリン喘息発作を起こすので、防虫剤はまったく使っていない。
ほこりが出やすいセーターを持っていないので虫もつかないのかな。
時々、換気をしたり、除湿機をかけている。

季節が変わるたび、その季節の引き出しのものを一度洗濯してから、
着るようにしている。
体調によって1、2枚ずつ洗濯したり、多量に洗濯したり調節している。

先日、冬物を洗濯しようと出した時、あまりにも黒い服が多いので
驚いた。去年着ていたはずなのに、気にしてなかったのかな。
たぶん去年は、黒い服を着ることが普通だったのだと思う。

今年は、喘息になってから一番調子がいい春、夏、秋を過ごした。
こんなに喘息発作が出ていない年は、喘息を発症してから初めてだ。
こんな日が来るとは想像もしていなかった。夢のよう。
酸素不足で意識朦朧としたなかで見ている夢じゃないよね・・・と
思うことがある。

夢じゃない。私は、重症喘息患者ではなくなったのだ。

喘息になる前の私は、いつも明るい色の服を着ていた。
黒い服は着ていなかった。今では、クローゼットどころか靴箱の靴まで真っ黒。

久しぶりに、明るい色の服を着たいと思った。
黒ではないブーツを買った。黒ではない洋服を買った。
気持ちも明るくなりそう。クローゼットも靴箱も明るくなるね。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

喘息とショッピング [発作が起こる煙・ほこり]

洋服を買いに行く時、ウイルス用の厚めのマスク、メプチンエアは
必需品だ。

マスクで予防していても、ホコリが鼻や気管支に入り込むことがある。
メプチンエアをしたり、ホットのブラックコーヒー(缶コーヒーは除く)を
飲むと、気管支が広がり、詰まったホコリが痰とともに出やすくなる。

喘息発作が頻繁に出ていて洋服をまったく買いに行けない時期もあった。

洋服を買いに行けたとしても、洋服を選んでいる途中、強い発作を起こして、
買い物を中止してよろよろ帰った時期もあった。

買い物をしたその日の夜に、強い喘息発作を起こした時期もあった。
私にとって、強いダメージを受けやすい左胸の気管支が強く詰まり
数日苦しむのだ。

今は、ホコリの多いお店で咳込むことはあっても、そのお店から
出れば、すぐに治まる。
気管支が詰まることもほとんどなく、詰まったとしても、ずっと詰まったままの
状態にはならない。ホコリでは強いダメージを受けなくなった。

去年は、ニットの服が少なく、買い物中に咳込むこともなかった気がする。
今年は、ニットが多い。ほとんどのお店がホコリだらけだ。

それでも、たくさんのお店を歩いても、咳が出ることがあっても
喘息発作にはならなかった。その日の夜に発作を起こすこともなかった。
気管支の詰まりがまったくないのだ。

気管支が一段と強くなった。
私の気管支は、長時間作動型吸入β2刺激薬を使わなくても、しっかり広がる。

気管支は治療次第、生活環境次第で強くなれる。だから、あきらめないで欲しい。

私は、ニットものは一切着ない。熱がこもりやすい服も着ない。
洋服を軽く動かした時に、ホコリが舞うような服は選ばない。
通気性がいいもの、ホコリが出にくい服を選ぶ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

喫煙者に思うこと [発作が起こる煙・ほこり]

たばこが値上がりしても、吸い続けている人がたくさんいる。

私は、漂うタバコの煙や灰皿のにおいで喘息発作を起こすので、
自分が吸うなんて、絶対にない。吸いたいと思わない。

値上がりしても、禁煙場所がどんどん増えても、
たばこをやめられないのは、なぜなのだろう?

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の最大の原因は喫煙。
なぜ、自ら苦しくなるかもしれない原因を吸うのだろう。
今は何の問題がなくても、年を重ねるごとにその症状が
出てくるかもしれないのに。

>慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは、気道の慢性的な
>閉塞により肺への空気の流れが悪くなる病気の総称。
>具体的な病名としては、肺気腫と慢性気管支炎のふたつ。

上手く酸素が吸えなくなる苦しみを知っている私には
まったく理解できない。
「喘息だけどたばこはやめられない」と言う人には、
ただただ呆れるだけ。
肺の痛み、息切れ、咳、痰が少しでもあるのなら、すぐにでも
たばこをやめればいいのにと思う。

喫煙者に「なぜやめないの?」と聞いたら、
「たばこを吸わないとイライラする」と言う。

たばこの成分が一段とそうさせているのだと思うけれど、
イライラがつきまとう生活をしているのは、なんだか可哀そう。
もっと健康的なことでストレスを発散できればいいのに。

イライラしている人がとっても苦手なので、
禁煙中の人が増えて、イライラをぶつけられるならば、
吸い続けて貰う方がいいのかな。
タグ:たばこ 喫煙
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:健康

喘息と喫煙車 [発作が起こる煙・ほこり]

会社の人の車に乗ったら、喫煙車だった。

乗っている最中にたばこを吸わなくても、車の中は
たばこのにおいがべっとりと染み付いている。

芳香剤は使っていないと言うから、原因は、
たばこのにおいだ。普段は、換気もせずにたばこを
吸うことがあるらしい。

最悪だ。

相変わらず嗅覚障害だから、においはしない。
でも、鼻ポリープや気管支がにおいを感じる。強く反応する。

鼻ポリープが巨大化し鼻が詰まる。鼻水がだらだら出る。
くしゃみが何度も何度も出る。
気管支がたばこのにおいに刺激されて、激しく咳込む。喘鳴が出る。
痰がどわっと出て、車から降りてすぐに吐いた。危なかった。

最悪だ。

メプチンエアを2回したけれど、まだ激しく咳込む。
痰が出る。鼻水が出る。

早く眠りたいのに、横になれない。
酸素エアチャージャーで鼻の中に新鮮な空気を送り込む。

換気をする。
タバコを吸わない。
芳香剤を置かない。
強いにおい(香水ヘアケア剤、柔軟剤、お酒など)を発する人を乗せない。
ほこりが出るものを置かない。
水拭きやコロコロで掃除をする。

自分の車が一番安全だ。
自分の車にしとけばよかった。失敗したな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

喘息とたばこの煙と泡々の痰と鼻ポリープ [発作が起こる煙・ほこり]

※汚い話が苦手な方、食事中の方は読まないで下さい。

久しぶりに居酒屋に入ってみた。

アルコール喘息発作を起こすので、お酒は一滴も飲めない。
アルコール臭でも発作を起こすので、お酒の入ったグラス
近くに置くだけでも発作を起こす。

でも、楽しく盛り上がっている場は好きだし、
喘息の調子も良かったので、久々に行ってみたくなった。

アルコールの入ったグラスを目の前に置かなければ、大丈夫。と
安心していたら、店内がいつのまにか、たばこの煙でくもり始めた。

これがあったか。と後悔した。

普段完全禁煙のお店にしか行っていなかったので
お酒の席は、まだまだ煙草を吸う人がたくさんいるのかと驚いた。

どんどん白くなる空気。
よどんでいく空気。

喘息は出ないものの、多分もう限界。
店を出ることした。

店を出て10分後、激しく咳込み始めた。でも、まだ大丈夫。
30分後、帰宅し、激しく咳込み、喘鳴がひゅうと鳴り、
泡々の痰をどわっと吐いた。
たばこの煙は、私の気管支にとって異物なのだ。
異物を吸い込むと、気管支が収縮する。痰がどわっと出る。

喘息がずっと安定しているので、一度吐いたら、喘息発作は治まった。

「咳込んで吐く」というと、「咳を沢山すると吐き気がでるよね」と
医師に言われるが、それとは全然違う。
「痰を吐く」といっても、「かーっぺっ」というのとも全然違う。
口からスライムが出た感じ。
透明な泡々の痰がどわっと出る。食べたものは出てこない。

今回は、1回で済んだけれど、黄砂の時はそうはいかない。
異物が強力であるほど、たくさん出てしまう。
そろそろ要注意の季節がやってくる。

居酒屋に行った次の日、朝目が覚めると見事に鼻ポリープが
巨大化していた。
気管支の炎症はその日のうちに治まったけれど、一度巨大化
しはじめた鼻ポリープは回復に時間がかかる。
もう喫煙のお店は止めておこう。

今朝、外に出て少し歩き、室内に入ったら、激しく咳き込んで、
透明の泡々の痰をどわっと吐いた。
室内に入ってから吐くので、原因は室内と思われやすいが、
原因は、少し前にいた外の空気だ。
今日は、何か飛んでいる気がする。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ほこりに負ける [発作が起こる煙・ほこり]

友達の家に行き、ほこりを吸った。
おしゃべりを始めて1、2時間後に気管支が詰まった。

どんなにキレイ好きの人の家でも、こたつとじゅうたんの組み合わせは
ダメだなあと思う。どうしても気管支が負けてしまう。

洋服を買いに行った時と同じ気管支の詰まりだから、ほこりが原因と
すぐ分かる。
食べ物で起こる喘息は、ひゅうとかひぃとか喘鳴や呼吸困難の音が
するが、これは、じわじわとほこりが喉に入り、気管支に入り込み、
いつのまにか気管支がすっきりしない感じになる。
細かなあちこちの気管支が詰まる。

コーヒーを飲んだり、メプチンを吸うと少し楽になるが、
一度吸い込むとしばらく苦しさが残る。

朝4時頃に目が覚めた。

まだほこりや痰が気管支のあちこちに残っている。すっきりしない。

気温の変化で起こる喘息と違うのは、ほこりだか痰が気管支に詰まっているから。
気温で起こる喘息は、気管支の詰まりよりも、息苦しさが先行する。

でも、この前の喉の腫れに比べたら、なんてことない。
普通に動くことが出来る。
今日中には、気管支の詰まりも消えると思う。
タグ:喘息 発作
nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:健康

喘息とこたつとほこり [発作が起こる煙・ほこり]

こたつが置いてある友達の家に行ってから、気管支が少し詰まり気味だ。
その上、子供が走り回っていたので、たくさんのほこりを吸ってしまった。

こたつは、苦手だ。
もうしばらく使っていない。
この先も使わないと思う。

でも、こたつを置いている家の方が断然多いので、冬場、
友達や知人の家に遊びに行くと、喘息が出やすい。

毎日きちんと掃除してある家でも、こたつが置いてあるだけで
ほこりっぽさは倍増する。
だから、1週間に数回しか掃除していない家は最悪だ。
毎日(せめて2日に1度)掃除をしない人の気がしれない。
こたつを置いていたり、走り回る子供や動物がいるなら、
毎日の掃除は当たり前だと思う。

私が耳鼻科に行かない理由は、2回目の蓄膿症の手術をまだしたくないこと、
先生がかわって下手になったこともあるけれど、かけまわる子供のほこりも
理由の1つ。
病院に着いた時は、鼻炎だけだった症状が、帰る頃には喘鳴がひゅうひゅうと
聞こえる状態になってしまう。だから、行かない。

たかが、ほこり。

だけど、ほこりが口に入り、いつまでもいつまでも喉の奥に残っていると、
喘鳴は消えない。強い発作を起こすきっかけにもなってしまう。
だから私は、毎日掃除をする。

掃除の行き届いた家やお店に行くとほっとする。空気が違うと感じる。
ほっとできる場所がもっと増えればいいなあ。
nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:健康

喘息と線香の煙 [発作が起こる煙・ほこり]

喘息になりたての頃は、あまり気にならなかった線香の煙。
いつのまにか強く喘息発作を起こすようになった。

今は、離れた部屋の線香でも、発作を起こす。
そんな時は、その部屋を閉め切って換気をしてもらうが
なるべくなら、消して欲しい。

私は、仏壇でもお墓でも線香をあげない。手を合わせるだけ。
お盆やお彼岸は、いつお墓に行っても煙を吸ってしまうので、仏壇に手を合わせる。
お墓に行くのは別の日。
煙の少ない線香というものが出ているらしいが、どんなに少なくても
煙が出ることには変わりないようなので、私には意味がないかもしれない。

葬儀は、出席する人に香典をお願いするか、
マスクをして式が始まる前に早めに行き、息を止めてお焼香して、すぐ帰る。
身内の葬儀の場合は、なるべく我慢して席に座っているが
お焼香が始まると強い発作を起こしてしまうので、待合室に戻る。
席を立つことを非難する親戚はいない。
ひどい発作を起こしてしまうことをみんな知っているから。

香水や漂白剤のにおいを吸い込んだ時の発作に比べれば、治まるのは早い。
だが、私にとってはいつもの喘息発作でも、周りの人の驚きや心配を
考えると早めに席を立つに限る。

お香もひどい発作を起こす。お香を焚いたお店に入ると、あっという間に
鼻炎、喘息発作が出る。私にとっては、お香は、癒しにはならない。
タグ:喘息 線香
nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:健康

喘息と洋服の整理 [発作が起こる煙・ほこり]

洋服は、季節が変わるたびに入れ替えしなくていいように
タンスとクローゼットに全部閉まっている。

防虫剤は、喘息発作を起こすので、使わない。
除湿機をかける時や窓を開ける時に、引き出しや戸を
あけて風を入れる程度。

毛糸のもの、ほこりがつきやすいもの、クリーニングが
必要なものは着ない。
礼服やスーツコートはクリーニングをかけるが、
それ以外は手洗いや洗濯機。安心してつかえる洗剤で洗う。
柔軟剤は、発作の原因になるので使わない。

タンスやクローゼットを大掃除して、しばらく着ていない服を
処分する。
タンスから洋服を全部出して、たたみ直して入れる。

これは、とても調子がいい時しかできないこと。
その日の夜、発作が出るかな?と思ったが、問題なし。

洋服を買いに行っても、ほこりで喘息発作を起こすことが
なくなった。

調子いい。
本当に調子がいい。

うれしい。
タグ:喘息 ほこり
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

喘息と布団カバー [発作が起こる煙・ほこり]

羽毛ふとんを使っている。
ふとん屋さんで作ってもらったもので、質が
とてもよく、お気に入りだ。

成人喘息と分かった時に、一度、他のふとんに換えたが
ふとんがずれたりして、風邪をひきやすくなる。
やっぱり、羽毛ふとんの方が身体をしっかり
温めてくれて眠りやすい。

布団カバーをかえる時に細かいほこりを吸いこみ
喘息発作を起こしやすいので、布団カバーは
2枚がけだ。

1枚目は、ハウスダスト対応のカバー。
2枚目は、普通のカバー。

2枚目を外して洗うと、それほどほこりを気にせず
カバーの交換ができる。(マスクは必要。)

ダニについてはアレルギー検査で反応が出たことが
ないので、分からないが、秋冬は布団乾燥機
春夏は、除湿機をかけて、ふとんを乾燥させ、
ふわふわにしている。

夜一度も目が覚めず、朝がくると幸せを感じる。
この幸せを毎日感じられるようになりたい。
タグ:喘息 ほこり
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

吸わない人には吸わせない [発作が起こる煙・ほこり]

「吸わない人には、吸わせない。神奈川からなくそう、受動喫煙。」
受動喫煙防止キャンペーンスモークフリー」が神奈川で始まった。

施設に「禁煙」「分煙」等の表示が義務付けられるようだ。
公共の場だけでなく、飲食店にも、この表示をつけてもらえると
助かる。
飲食店の店頭に、「禁煙」「分煙」とはっきり表示されていれば
安心して入ることが出来る。

以前、自然食のお店に入ったところ、全面喫煙で、散々だった。
身体にいいものを食べているのに、身体に悪いものを吸っている。
矛盾している。

「喫煙」のお店には、全面喫煙マークがついていれば
入らずに済むから助かる。

このキャンペーンが全国的に広がるとうれしい。
nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:健康

喘息とたばこと子供 [発作が起こる煙・ほこり]

子供の前でたばこを吸っている親をみると、
心配になる。
喫煙席に子供連れで座っている家族をみると
心配になる。

私の父もずっとたばこを吸っていた。
空気のこもった部屋や車の中でも吸っていた。
ものすごく嫌だった。
「けむいから吸わないで」と言っても聞き入れて
もらえない。
喫煙者は自分のことしか考えていない。

子供の頃は、たばこの煙を吸っても、くさいと
思うだけだったが、会社勤めなどで受動喫煙の
機会が増えると、鼻炎、咳が出るようになり、
今では、激しく咳き込み、喘鳴が起きてしまう。
たばこを吸っている人の近くには絶対にいれないし、
たばこを吸った後の室内、車内に入ることも出来なく
なった。

子供の頃に受動喫煙していると、鼻炎や
喘息になる可能性を高めてしまうと思う。
大人になってから発症する喘息患者が増えている。
「うちの子は小児喘息じゃないから大丈夫」と簡単に
片付けられない。
小児喘息じゃなくても、成人喘息になる。
私がそうだった。

喫煙するお父さんお母さん
子供の目の前、換気の悪い室内、車内での
たばこは子供の将来のためにやめて下さい。

時々、「喘息なんだけど、たばこは止められないんだよね」と
いう人がいる。
それはもう問題外。どうでもいい。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

バーベキューは参加しません [発作が起こる煙・ほこり]

鼻たけが大きくなった原因がもう1つある。

ゴールデンウィークの最終日、
バーベキューに誘われた。

煙は、喘息のもと。

最初は断ったが、「炭は煙が少ないから大丈夫だよ」と
いう言葉に惹かれて、行ってみた。

炭をおこすまでに木材を入れていたので、
煙がひどい。

帰りたい気持ちが一気に起こる。
咳が出る。
炭に火がつくまで、離れた場所で待つことにした。

炭に火がつけば、煙は思ったより出ないけれど
喘息もちには、つらい。
あげくに、「たばこ吸っていいかな?」という人も
現れた。「だめです。」と言う前に吸い始めている。

普段、私が参加する食事は、友達の家が完全禁煙になる。
今回は、外だし、風も吹いているし、たばこくらい
大丈夫と思ったらしい。

大丈夫ではない。

次の日は、咳と鼻ポリープと喘鳴。
台風の影響も加わって、最悪な状態。
大きな発作を起こさなかったことが不思議なくらい。

もうバーベキューに参加することはないかな。

ずっと鼻の調子がよかっただけに、ショックは大きい。
こんなに鼻水がとまらないのは久しぶりだ。
タグ:喘息 鼻たけ
nice!(1)  コメント(7) 
共通テーマ:健康

喘息とほこり [発作が起こる煙・ほこり]

先日、友達とホームセンターに行ったら、ほこりっぽさで
咳が出た。

その友達と洋服を買いに行き、お店がほこりっぽい場合、
首を左右振って合図し、(ここはすぐに出よう)となる。
口を開くと、ほこりを余分に吸い込んでしまうからだ。
そんなお店に少しでも長くいると、
私は喘息が出て、彼女は鼻炎や顔がかゆくなる。

でも、その合図がなかった。

「ここは大丈夫なの?」と聞くと、砂ぼこりは大丈夫という。
彼女が反応するのは、繊維のほこりだけらしい。
私は、砂ぼこり、繊維ほこりの両方に反応してしまう。
ほこりと言っても、反応は、人それぞれだなあと思う。

どんなにほこりっぽくても、大きな口でおしゃべりしている
人をみると、頼もしいと思う。憧れる。

そうそう、ほこりと言えば、
私は、バスタオルを絶対に使わない。

いつも、フェイスタオルを使う。
バサバサゴシゴシと、濡れた髪の毛や体を拭くなんて、とんでもない。
静かに静かに、抑えるように拭く。

以前、旅館のお風呂の脱衣所で、バサバサほこりをたてて
タオルを使っている人がいた。
しまった・・・と思ったと同時に、咳き込んだ。
すると、隣にいた二人組の女性の一人が、「鼻水がでる~、ほこり苦手」と
嘆いていた。
ハウスダスト」という言葉が一時期有名になった割には、
ほこりに過敏に反応している人をなかなか見かけない。
その時は、仲間を見つけたようで、うれしかった。
タグ:喘息 鼻炎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

喘息と喉の痛み [発作が起こる煙・ほこり]

鼻炎になりはじめた頃は、口呼吸なので、よく喉を痛めていた。

喘息になってからは、喉を痛めたことがない。
鼻炎がひどい状態でも。

あんなに激しく咳き込むのに、なぜだろう?と思う。
一晩、一日中咳き込んでいても、喉は痛くない。
インフルエンザの時も、たまにひく風邪でも、
痛くない。

ほこりと乾燥に気をつけるようになったからかな?
ほこりや乾燥を感じたら、すぐにマスクをする。
会社、お店、電車、パスなどは、必ずマスクをする。
自分の部屋や車は、毎日、掃除をする。

この前、毎日きちんと掃除をしている友達の家に行った。

こたつだった・・・・。

どんなに掃除をしても、こたつはほこりを出す。

苦手だ。

その日の夜、喉にほこりが残っていて、咳き込んだ。
そうそう、ペットがいるお宅に行っても、必ず
夜、咳き込む。どうしても、喉に残ってしまう。

喉を傷めやすい方は、知らず知らずのうちに
たくさんのほこりを吸っていませんか?
タグ:喘息
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

喘息とほこり [発作が起こる煙・ほこり]

ほこりは、苦手だ。
マスクをしていても、鼻炎や喘息が出てしまう。

バスや電車内。
病院待合室
昼休み後の職場。
毎日掃除をしない部屋。
じゅうたんやこたつのある部屋。
美容院のタオルドライ。
店内で、かけまわる子供
季節で品物をいれかえたお店。
空気のこもりやすいところ、人の行き来が多い場所は、
要注意。

なかでも、入院中がひどかった。
酸素や点滴をつけている間はいいけれど、
外した途端、鼻炎、喘息。目や顔もかゆくなる始末。
先生に、「退院を延ばしましょう」と言われたけれど
あのほこりでは、点滴を外せば、また再発。
いつまでたっても、治らない。
退院をお願いした。

とにかく、人が多い場所は、鼻炎がひどい。

洋服を買いに行くと、喘息発作が起こる。
買い物に行くと、夜、必ず喘息発作を起こし、
1、2週間、鼻や気管支の具合が悪い。

・・・だが!

昨日、買い物に行った後、まったく喘息が出ない。

うれしい。
身体が少し強くなったのかな。

私は、自分の体の回復力を信じてる。
タグ:喘息
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

アスピリン喘息とたばこ [発作が起こる煙・ほこり]

たばこの煙は、喘息の原因になる。
レストランは、分煙されているお店が増えたので、助かる。
全席禁煙のお店は、安心して食事ができる。

いつも、気になるのは、コンビニやお店の入口付近にある
灰皿の隣でたばこを吸っている人。
そこに灰皿があるのだから、その場所で吸うのは
当たり前だと思うけれど、
ああ、もうちょっと入口から、灰皿を離してほしいと思う。

そして、たばこを吸う人の車には、乗らない。乗れない。
私が乗っている時に、たばこを吸わなくても、
車の中には、においがこびりついている。苦しくなる。

喘息になるまでは、たばこの煙をそれほど気にしていなかったので
車の中で、私以外のみんなが喫煙していることがあった。
今思えば、恐ろしい・・・。
タグ:喘息
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
発作が起こる煙・ほこり ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。