So-net無料ブログ作成
検索選択
東日本大震災 ブログトップ
前の30件 | -

東日本大震災から4年。 [東日本大震災]

東日本大震災から4年。
震災で亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り致します。
復興と嘘偽りなしの原発事故の解決を願っています。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災から3年。 [東日本大震災]

東日本大震災から3年。
震災で亡くなられた方々の御冥福を心からお祈りするとともに復興を願っています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

余震 [東日本大震災]

深夜2時ごろに起きた震源地福島県沖(M7.1)の地震
ものすごく長かった。

またあの日のような大揺れに変わるんじゃないかと怖かった。
あの日も「この揺れはいつまで続くのだろう?」という長さだった。

震災前までは、震度4が大きな地震だったけれど、
震災後は、「震度4でおさまってよかった」と思うようになった。
震度5強以上の地震は起こらないで欲しい。

揺れは大きくならずに終わったけれど、平衡感覚がおかしくなって
立ち上がるとふらふらした。

台風も地震も嫌だ。
タグ:地震
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(51)震災から2年 [東日本大震災]

東日本大震災から2年。

震災により犠牲となられた全ての方々のご冥福をお祈りするため
黙祷をささげます。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(50)震災から1年11か月 [東日本大震災]

>震災から1年11か月 懸命に捜索
>2月11日 11時36分 NHKNEWSWEBより
東日本大震災の発生から1年11か月の11日、宮城県内の沿岸部では
>警察が行方不明者の一斉捜索を行っています。
>警察庁によりますと、宮城県内では今月6日現在、1314人の行方が
>分かっていません。
>一斉捜索は、宮城県内の沿岸を管轄する9つの警察署の警察官およそ
>100人の態勢で11日朝から行なっています。
>このうち南三陸町の荒砥漁港では、警察官のほか町の職員も含め合わせて
>8人が船に乗り込み、無人島の野島に向かいました。
>この島に上陸して捜索を行うのは今回が初めてです。
>町内の別の無人島では去年9月に初めて上陸して捜索した際に海岸沿いで
>遺体の一部が見つかったということで、警察官らは海岸などを懸命に
>捜索していました。
>南三陸警察署の森克夫次長は、「ご遺体はもちろん、遺品など行方不明の
>方につながる物も含めて発見に全力を尽くしたい」と話していました。

いまだ1314人の行方が・・・。

一日でも早く行方が分かりますように。

あれから、1年11か月と聞いてもまだ、少し前のことに
ように感じる。

何度も何度も大きな地震が繰り返し起きていて、恐怖は薄れない。
津波被害にあった人の恐怖は、経験していないものには想像できないほど
大きいだろう。

風化させてはいけないと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(49)地震と防災リュック [東日本大震災]

震災以降、地震はほぼ毎日起こるものになった。

この数日、地震がほとんど起こっていなかったので、
「こんな日もあるのだなあ」とほっとし、「もしかして強い地震が
起こる前なのかな」と不安に思っていた。

そしてまた今朝の地震・・・。

震災以降、枕もとには、防災リュックと上着が置いてある。

季節が変わるたびに、リュックに入った衣類を交換する。
交換するたび、「防災リュックを使うことがなくてよかったなあ」と
ほっとする。

私の防災リュックの中身は・・・。

懐中電灯、ラジオ、電池、軍手、タオル、カッパ、薬や包帯など、
はさみ、ペン、メモ帳、ビニール袋(大小)、ラップ、非常食、水、
着替え一式、帽子、携帯カイロ、ウエットティッシュ、ティッシュ、
マスク、生理用品など。リュックとは別に靴を袋に入れて置いてある。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(48)「経済理解していない」経団連会長が橋下市長批判 [東日本大震災]

>「経済理解していない」経団連会長が橋下市長批判
>(06/11 18:35 テレ朝NEWSより)
>大飯原発を夏限定で再稼働するよう主張している大阪市の橋下市長を、
>経団連の米倉会長が批判しました。
>経団連・米倉弘昌会長:「(Q.橋下市長らの『夏限定』再稼働発言について?)
>経済活動や事業を全然ご存じない方の発言と理解しています」
>米倉会長は、橋下市長らの発言を批判する一方、大飯原発の再稼働方針を表明した
>野田総理大臣について、「『自分の責任で政治的判断をする』と話していたが、
>その言葉通りの発言だ。高く評価している」と述べました。また、経済同友会の
>長谷川代表幹事も、大飯原発の夏限定稼働について「あまり現実的ではないのでは
>ないか」と否定的な見解を示しました。

「原発の被害にあった人の気持ちをまったく理解していない人」だ。

腹立たしい気持ちになる。

避難区域では、また自殺者が。

原発事故がたくさんの人々の平穏な生活をめちゃくちゃにしたのに。

それでもまた原発を稼働させようとしている。1つ稼働させて、便乗であちこち・・・。

本当に電力不足なの?

電気料金の値上げやただ原発を動かしたいだけでは?

大飯原発敷地内に活断層か?という大学教授の指摘はどうなってしまったの?

またお得意の「問題ない」でおしまいなの?

そして事故が起きれば「想定外」。またその繰り返しになってしまうの?

原発稼働しかできることはないの?
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(47)4号機建屋壁の一部に膨らみ [東日本大震災]

>4号機建屋 壁の一部に膨らみ
>(5月26日 4時41分 NHKニュースより)
>水素爆発で大きく壊れた東京電力福島第一原子力発電所4号機の
耐震性について懸念が指摘されていることから、東京電力が建屋の
>傾きなどを調べた結果、壁の一部に膨らみによる傾きが見つかりました。
>原子力安全・保安院は、傾きは小さく、耐震性に直ちに重大な影響が
>あるとは考えられないとしましたが、東京電力に対し、改めて耐震性を
>評価するよう指示しました。

>福島第一原発の中で最も多い数の燃料が建屋上部のプールに保管
>されている4号機は、水素爆発で壊れた建屋が傾いているのでは
>ないかなどと耐震性に対する懸念が指摘されています。
>このため、東京電力は、今月17日から1週間かけて、建屋の南側と
>西側の壁合わせて4か所で傾きを調べました。
>その結果、西側の1か所で、水素爆発の爆風でできたとみられる
>膨らみによる傾きが確認されました。傾きは、13メートルの壁の
>高さに対して3.3センチで、建築基準法の制限値の半分ほどの
>傾きだということです。
>東京電力は、ほかに壁にひび割れなどがないか目視による点検や、
>特殊なハンマーを使ってコンクリートの強度を調べましたが、
>いずれも異常は見つからなかったとしています。
>原子力安全・保安院は、確認された傾きは小さく、ほかに異常が
>確認されていないことから、耐震性に直ちに重大な影響があるとは
>考えられないとしましたが、東京電力に対し、さらに現場を確認
>したうえで、改めて耐震性を評価し、来月29日までに報告するよう
>指示しました。

もし地震が起こって崩れるようなことがあったら、またいつもの
「想定外」で片付けようとするのかな。

前々から危ないと噂があった4号機。

昨日の報道ステーションでは、福島第一原発で作業をしている
人が、作業中に地震があると「4号機は大丈夫なのかなと考える。」と
言っていた。

安全な数値ばかりを出す政府や東電。いつもいつも後から「実は・・・」。
4号機はどうなってしまうのだろう・・・。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(46)窒素入れる装置一時停止 [東日本大震災]

>原子炉に窒素入れる装置 一時停止(NHKニュース 4月13日 15時18分)
>東京電力福島第一原子力発電所で、13日未明、水素爆発を防ぐために
>1号機から3号機の原子炉などに窒素を入れる装置がおよそ2時間半に
>わたって停止しました。
>この装置の停止は先月から4回と相次いでいて、東京電力が故障の原因を
>調べています。

>13日午前1時すぎ、福島第一原発の1号機から3号機で、水素爆発を
>防ぐために原子炉や格納容器に窒素を入れる装置が停止しているのを
>作業員が見つけました。
>このため、予備の装置を動かしておよそ2時間半後に窒素の供給が
>再開したほか、その後、停止した装置も再び動かしているということです。
>この影響で、1号機の格納容器に設置している温度計の1つが、
>午前4時からの6時間で50度5分から55度5分へと5度上昇したと
>いうことです。
>窒素を入れる装置の故障は、先月12日以降、今月4日と7日にも
>停止していて、13日で4回目だということで、東京電力が故障の原因を
>調べています。
>福島第一原発では、このほか、4号機の使用済み燃料プールで、12日
>午後3時前にプールに冷却水を送る配管のつなぎ目から放射性物質を
>含む水およそ40リットルが建物の内部に漏れ、停止している冷却水を
>送るポンプは再開のめどが立ってないということです。

また停止。
前々から危ないと噂されている4号機はどうなってしまうのだろう。

福島原発がいまだこんな状態なのに、大飯原発再稼働をしようとしたり、
他国に原発輸出をするなんて・・・。
もう悲しむ人を見るのはたくさん。これ以上、自分の住み慣れた場所に
帰れない人を作らないで欲しい。もうやめて!

斉藤和義 「ずっとウソだった」
沢田研二 「F.A.P.P」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

3月11日 [東日本大震災]

3月11日、東日本大震災から1年。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

あの日、揺れがどんどん大きくなり、停電が起こり、何が起きているのか
どうなったのか分からず、人伝に、津波が起きたこと、原発がひどい状態と聞いた。
数日後、電気が通って初めて見た津波の映像はショックだった。

1年経っても、行方不明の方がたくさんいる。
家に帰りたくても帰れない人がたくさんいる。
なにも変わっていない場所がたくさんある。

毎日毎日毎日地震があって、震災後、「地震」という言葉を
忘れた日は一日もなかった。

この先、どうなっていくのだろう・・・。
穏やかに過ごせる日が来ますように・・・。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(45) 有感余震 7000回近くに [東日本大震災]

>有感余震 7000回近くに
>NHKニュースより 1月5日 19時25分
>去年3月の巨大地震のあとに起きた震度1以上の体に感じる余震の回数が、
>少なくとも7000回近くに上っていたことが、気象庁の解析で分かりました。
>気象庁は「余震活動はかつてないものとなった。各地の地震活動が巨大地震の
>前の状態に戻るには『年』の単位で時間がかかる可能性もあり、今後も備えは
>怠らないでほしい」と話しています。

>去年3月11日のマグニチュード9.0の巨大地震の直後、東北関東
太平洋沿岸では余震活動が非常に活発になり、複数の余震がほぼ同時に起きる
>ほど数多く発生していました。気象庁は、比較的規模が小さい震度4以下の
>地震については発表しきれていませんでしたが、去年3月から5月にかけての
観測データを改めて解析し、年末までに判明した結果を発表しました。それに
>よりますと、3月以降の3か月間に「余震域」を震源として震度1から4の
>揺れを観測した地震が新たに3259回解析できたということです。

>この結果、
>去年の年末までに起きた余震の回数は、震度1が3928回、震度2が1904回、
>震度3が707回、震度4が174回、震度5弱は30回、それに震度5強以上は
>14回となり、これまでに判明した分だけで、合わせて6757回に上っていました。

>また、巨大地震のあとに各地で相次いだ余震以外の地震の解析結果も加えると、
>全国で去年1年間に起きた体に感じる地震の回数は、9723回と、1万回近くに
>達していたことが分かりました。これは、おととし平成22年の1313回に
>比べると7倍以上に当たり、「余震域」を中心に、各地の地震活動がいかに
>活発だったかを示す形となりました。気象庁は「マグニチュード9という
>巨大地震の規模から余震活動はかつてないものとなった。余震はこのところ
>減少する傾向にあるが、『余震域』やその周辺では引き続き強い揺れを伴う地震が
>起きるおそれがある。各地の地震活動が巨大地震の前の状態に戻るには『年』の
>単位で時間がかかる可能性もあり、今後も備えは怠らないでほしい」と話しています。

毎日地震が起こることが普通に感じるようになった。

地震が起こらない時間が長く続くと、貯めこんだ力で大きな地震が起こるのでは
ないか?と不安になる。

揺れに慣れてしまい、震度3、4くらいの地震では、夜中に目が覚めなくなった。
朝、ニュースで地震があったことを知る。

簡単に倒れそうな家具や落ちる雑貨類はもうずっと置いていない。

震度6以上になると、道路や建物などの被害が大きくなる。
あちこちが壊れてしまう。地盤沈下し、橋だけが高くなる。
震度5でおさまってよかったとほっとする。

でも、もうあちこちが大きな余震の影響で強いダメージを受けている。
何度も震度5が続けば、今まで耐えてきた場所が壊れてしまうかもしれない。

ゴーッという音が聞こえたり、長い揺れがなかなかおさまらずにいると、
3月11日や4月11日を思い出して、怖くなる。
再びあの日が来てしまうのではないかと怖くなる。

大きな地震も怖いけれど、その後に延々と続く余震がこんなにも不安を
感じるものだとは知らなかった。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(44)福島第一原発、福島第二原発 [東日本大震災]

>「福島第2原発、緊急事態収束」東電が保安院に報告
>産経新聞 11月11日(金)20時52分配信
>東京電力は11日、原子力災害対策特別措置法に基づく「緊急事態」が宣言されている
>福島第2原発について、原子炉冷却設備などの応急対策が完了し、「緊急事態は
>収束した」と経済産業省原子力安全・保安院に報告した。保安院が14日から
>立ち入り検査を行い、評価する。

>第2原発は3月11日の津波で冷却用海水ポンプの機能を失い、圧力抑制室の
>温度が100度を超えたため緊急事態を宣言。その後、同15日までに1~4号機の
>冷温停止を達成し、復旧作業が進められている。

復旧作業って!?
なぜ廃炉にすると宣言しないのだろう?

福島第一原発もそう。第5、6号機まであるのに、5、6号機については
廃炉に触れていない。

たとえ時間がかかるとしても、廃炉宣言して欲しい。
福島の全炉を廃止するべきだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(43)福島第一原発 [東日本大震災]

福島第一原発、廃炉に30年以上…原子力委部会
>東京電力福島第一原子力発電所の廃炉について検討する内閣府原子力委員会の
>専門部会は9日、1~4号機の廃炉完了までの期間を30年以上とする工程や、
>取り組み状況を監視する第三者機関の設置などの提言を盛り込んだ報告書案に
>合意した。
>12月上旬にも最終報告書として原子力委員会に提出する。
>報告書案では、廃炉作業に必要とされる新技術の研究開発について、政府や
>東電、学識経験者などによる「研究開発推進本部」の新設が必要と指摘した。
>また、廃炉への取り組みが妥当かをチェックするため、第三者機関の設置も
>提言した。溶けた燃料や放射性廃棄物の処理試験を行う施設や、対策の
>妥当性を検証するための原発模擬施設を、それぞれ現場近くに設けることも
>求めた。
>(2011年11月9日19時38分 読売新聞)


>福島第一原発20km圏に居住困難域…政府検討
>政府は、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い立ち入りを禁じている
>同原発20キロ・メートル圏内の警戒区域のうち、放射線量が特に高い
>地域を長期にわたって居住が困難な地域として指定する方向で検討に入った。
>将来的な帰宅を希望する住民を対象に、国が土地の借り上げを行う一方、
>当面の措置として、周辺の低線量の地域に住宅を建設するなどの支援策
>作りにも着手する。周辺に数十年間居住した上で、帰宅を果たす2段階での
>帰還を目指す考えだ。
>居住困難として指定する地域は、年内達成を予定する事故収束の工程表
>「ステップ2」にあわせて公表する。政府は警戒区域の環境調査を進めており、
>放射線量が低い地域に関しては警戒区域の指定を解除し、除染を進めて
>早期帰宅の実現を目指す。
>(2011年11月9日14時43分 読売新聞)

チェルノブイリの現状をテレビで見ると、福島も時間がかかることは
分かっている。分かっているけれど、悲しい。
いまだに、臨界か!?臨界ではない、自発核分裂だという話を聞いていると
やりきれない気持ちになる。
避難した人たちは、新しい場所で新しい生活を頑張っている。
東電は、なぜ避難者の慰謝料を半減にしたりするの?何も変わっていないのに?
人が信じられなくなる。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(42)福島第二原発 [東日本大震災]

>経産相 福島第二原発、廃炉の見通し示す
>(2011年9月16日 日テレNEWS24より)
>枝野経産相は16日、「東京電力」の福島第二原子力発電所について、
>運転再開に地元の理解を得られる状況ではないとして、現状のままでは
>廃炉は避けられないとの見方を示した。

>枝野経産相は16日朝の会見で、「福島県について、原子力発電所を
>稼働することについて、県民のみなさんの理解を得られるような状況で
>あるかと言われれば、現状はそうした状況ではない」と述べ、地元の
>理解を得ない限り福島第二原発の存続は難しく、廃炉は避けられないとの
>見方を示した。

>福島第二原発には原子炉が4基あり、最大出力は計440万キロワットで、
>東京電力の総発電能力の約7%を占める。

>東京電力は、東日本大震災により事故が起きた福島第一原発の1号機から
>4号機は廃炉にすると表明しているが、福島第二原発については方針を
>明らかにしていない。

理解を得ようと少しでも考えていたのだとしたらぞっとする。
再開なんて、絶対に許されないこと。

福島第二原発は、福島第一原発と福島第一原発対応の拠点「Jヴィレッジ」の
間にある。第一原発で作業している方々が命がけで廃炉作業しているのに、
その通り道の原発を再開させようと考えること自体おかしい。
福島第一と同時に廃炉にして欲しいくらいなのに。

原発は安全じゃない。
これ以上、自分の町に帰れない人を増やさないで。もう原発はたくさんだ。
すぐにでも方針を明らかにして欲しい。

原発を稼働したい、原発は必要だと訴えるのなら、その人が福島第一の作業に加わって、
原発を怖さを知ればいい。遠目に見ている人たちの身勝手な原発論はもう聞きたくない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(41)経産相辞任 [東日本大震災]

>鉢呂経産相の辞任記者会見(要旨)(2011年9月10日23時16分 読売新聞)
>鉢呂経済産業相の10日夜の記者会見要旨は次の通り。
>【辞任の経緯】野田首相に会い、大臣を辞任したいという申し出をして、
>首相から受理していただいた。(野田首相から辞任するよう説得されたことは)
>全くない。

>【辞任理由】(東京電力福島第一原発の周辺自治体を)「死のまち」と
>表現したこと、8日夜の非公式の記者懇談で、国民の不信を抱かせるような
>言動があったととらえられたことの二つだ。私の一連の発言で国民、とりわけ
>福島県民の皆さんに多大の不信の念を抱かせた。

>【「死のまち」発言】原発周辺の活発に生活をしている地域が一晩のうちに
>避難という形になった。県民を逆なでするような言葉だったと思うが、
>私の率直な見た形を表現させていただいた。やっぱりあの言葉は言うべき
>言葉ではないと思った。

>【「ほら、放射能」発言】一つ一つの記憶がさだかでないが、(発言を聞いた
>記者が原発事故の)現地に行っていないということで、(現地の)厳しい状況を
>共有していただくという親しさを込めてそういうしぐさが出た。非公式の記者
>懇談という気楽さもあった。どういう言葉だったかというのは今の段階では分からない。

口がすべることは誰にでもあると思うけれど、
この人の発言には悲しく思った。

帰りたくても帰れない町を思いながら、みんな頑張っているのに
そのひとことで表現してしまうなんて。

「ほら、放射能」なんて冗談でも言わない。
結局他人事なのだなと思った。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(40)非従来型「中間貯蔵施設」 [東日本大震災]

東日本大震災:福島第1原発事故 最終処分まで管理 非従来型「中間貯蔵施設」
>2011年8月28日毎日新聞より
>菅直人首相が27日に福島県内に設置する方針を明らかにした「中間貯蔵施設」は、
青森県むつ市で建設が進められている使用済み核燃料を再処理する前に一時的に
>貯蔵するための中間貯蔵施設とは異なる新しい施設になるとみられる。

>政府は現在、福島県を放射性廃棄物の最終処分場にしない方針を示しており、
>菅首相が設置方針を表明した「中間貯蔵施設」は、東京電力福島第1原発から
>放出された放射性物質で汚染されたがれきや土壌などを「低レベル放射性廃棄物」と
>同等のものとして貯蔵する施設になる見通しだ。

>原発の通常の低レベル放射性廃棄物の一部は、青森県六ケ所村の低レベル放射性
>廃棄物埋設センターでセメントやモルタルなどで固めた後、ドラム缶に入れて、
>地中に埋設処分する。

>これに対し、この日明らかになった「中間貯蔵施設」は、野積みされている
>仮置き場と安全に管理された最終処分施設との中間の施設と位置づけられ、
>放射性物質の地下水汚染や大気中への飛散などの防護設備を備えたものを
>想定している。しかし、事実上の「最終処分施設」になりかねない。

この施設建設で、「もう故郷には帰れないのだろうか」と考える地元の方たちがいる。
慣れ親しんだ場所に帰れないなんて、悲しい。
この前の3キロ圏内の初の一時帰宅は、建設前だからできたことなのだろうか?
どうなってしまうんだろう・・・・。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(39)5ヶ月、花火 [東日本大震災]

福島沖でM6・0地震、富岡町・川内町で震度5弱
>12日午前3時22分頃、福島県沖を震源とする地震があり、
>福島県富岡町、川内町で震度5弱を観測した。
>気象庁によると、震源の深さは約50キロ、マグニチュードは
>6・0と推定される。

震災から5ヶ月経っても、まだ大きな余震が続く。
2日前は帯状の長い雲があり、昨日は放射線状の雲があった。
放射線状の雲は、海の方から出ていたので、海が震源の地震が
起こるのかなと感じていた。
今朝の空は、普通の雲。少しほっとした。

昨日は、被災地3県で鎮魂の花火があげられていた。
花火がこんなに悲しく見えたのは初めて。涙しながら花火を
見ている被災地の人たちを見て、涙が出た。

心からご冥福をお祈りいたします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(38)震度5弱の余震 [東日本大震災]

>31日未明の地震、宮城福島茨城でけが人(読売新聞より)
>31日未明に福島県沖を震源として発生し、同県楢葉町などで
>震度5強を観測した地震で、各地の消防などによると、宮城、
>福島、茨城の3県でけが人が出ている。

>宮城県では、仙台市太白区の女性(67)が電気をつけようとした際に
>顔を打ち、顔面を打撲。岩沼市吹上の女性(75)も起き上がった際、
>肩をぶつけて脱臼した。いずれも軽傷という。

>福島県では、郡山市小原田の女性(90)と同市深田台の女性(69)が
>地震の揺れで転倒し、病院に搬送された。骨折の疑いがあるという。

>茨城県では、ひたちなか市の男性(60)がベッドから起きあがろうと
>した際、バランスを崩して転落し、左手首を骨折する重傷を負った。
>水戸、常陸大宮、筑西の3市でも計3人が転倒するなどして軽いけがをした。

私は地震前に目が覚めて起きていたので、「地震だ」とすぐに心構えできたが
寝ている時にあの大きな地震が起きたら驚くだろう。

日頃から枕元に懐中電灯を置いたり、少し離れた場所にセンサーライト
置いてみてはどうかと思う。

センサーライトは懐中電灯に比べると薄暗いが、飛び起きて少し歩いた時に
自然と点灯するあかりはとても心強い。

怪我にご注意ください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(37)免許更新手続き、無料フリマ [東日本大震災]

>被災者の免許更新手続き延長、8月末で終了(読売新聞より)
>警察庁は、運転免許証の有効期間が8月末まで延長されている
東日本大震災の被災者に対し、早めの更新手続きを呼びかけている。
岩手宮城福島の被災3県全域のほか、青森千葉など6県の中で
>被害の大きかった自治体のドライバーについて免許更新の手続きが
>延長されたが、6月末時点で更新が必要なドライバーは
>19万9000人に上っているという。 警察庁の担当者は
>「8月のお盆以降は窓口が混み合う。出来るだけ早めに手続きを
>してほしい」と話している。

免許更新手続きをどうぞお忘れなく!

>仮設住宅回る無料フリマ「本当に助かる」(読売新聞より)
>宮城県南三陸町で、地元ボランティアのメンバーらが軽トラック
>町内の仮設住宅を回る無料の「フリーマーケット」が好評だ。
>避難所から仮設住宅に移り、自治体経由での救援物資の支給が
>なくなった被災者を支援するのが狙い。全国から寄せられた米や
>野菜などの食料品、衣類などを小分けし、かごに並べ、住人に
>必要な分だけ持って行ってもらう。
>同町戸倉の仮設住宅に住む女性(60)は「近くにお店がなく、
>なかなか買い物も出来ないので本当に助かる」と話していた。

仮設住宅は自力で食料や生活用品を調達しなくてはいけない。

場所によっては、近くに仮設の商店ができているらしいが
お店がない場所の方が多いかもしれない。
交通手段のない方々はどうしているのだろう?と心配だったが
このような無料フリマは、とってもいいアイデアだと思った。
人と接する機会も増えて、孤独死を防ぐことも出来るかもしれない。
仮設住宅に住む方々が不便を感じない生活ができるように
どんどんなっていって欲しい。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(36)被災地高速無料化のその後 [東日本大震災]

>大震災4カ月 高速料金迷走…復興にブレーキ(産経新聞より)
>◆被災地無料化→トラック渋滞 上限千円廃止→観光地は閑散
高速道路料金の“迷走”が、東日本大震災の被災地に波紋を広げている。
>6月20日から東北地方を走る路線で無料化されたトラックの通行量が激増し、
>料金所やサービスエリア(SA)では大渋滞が発生。運送業界は恩恵を歓迎するが、
>制度の不備を突く“裏技”が横行し、運賃の値引き合戦も激化。一方で、
>土日祝日上限千円の割引料金の終了で、被災地の観光地は閑古鳥が鳴き、復興の
>足を引っ張っている。

>政府は9月から東北で乗り降りする全車種を無料化する方針を示している。しかし、
>平成23年度第3次補正予算に計上を予定する財源の確保はめどがたたず、実現は
>不透明。9月以降も被災者とトラックに限定した現行制度が続く可能性がある。

>上限千円の終了に加え、地方を中心とした無料化実験も打ち切り、「高速無料化」の
>マニフェストに逆行。方向性が定まらない民主党政権の高速道路料金政策の罪は重い。

一般道からトラックが姿を消したと思っていたら、トラックは高速道路を
利用しているらしい。トラックが走っていないだけで、これほど渋滞が解消
されるとはびっくりだ。トラック専用道路が出来ればいいのにと思った。

高速での交通事故、高速道路出口の渋滞、観光客不足という問題が
どんどん増えている。

観光地を守りたいと思ったが、被災者だけでは地元の観光地を守ることは
できないと実感した。無料だといっても、余震のストレスで気軽にどこかに
遊びに行こうという気持ちににはなれない。

9月から東北で乗り降りする全車種を無料にすれば、観光客は増えるが、
事故はさらに増えるだろう。せめて、三千円以上は、追加料金なしにして
みるのはどうだろうか?
でも、そうなると、三千円以内の出入口が混雑したり、三千円以上の観光地が
悲鳴をあげてしまうかな。難しい。

無料だったり、千円だったり、低すぎる設定をするから問題が起こるのだと
思う。高速側にも利用する側にもほどいい料金設定ができないものだろうか?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(35)遺書 [東日本大震災]

>お墓にひなんします 南相馬の93歳自殺(毎日jpより)
>「私はお墓にひなんします ごめんなさい」。
福島県南相馬市の緊急時避難準備区域に住む93歳の女性が6月下旬、
>こう書き残し、自宅で自ら命を絶った。東京電力福島第1原発事故のために
>一時は家族や故郷と離れて暮らすことになり、原発事故の収束を悲観した
>すえのことだった。遺書には「老人は(避難の)あしでまといになる」とも
>あった。

>女性は同市原町区の静かな水田地帯で代々続く田畑を守り、震災時は
>長男(72)と妻(71)、孫2人の5人で暮らしていた。長男によると、
>以前から足が弱って手押し車を押していたが、家事は何でもこなし、
>日記もつけていた。

>第1原発の2度の爆発後、近隣住民は次々と避難を始めた。一家も
>3月17日、原発から約22キロの自宅を離れ、相馬市の次女の嫁ぎ先へ身を
>寄せた。翌日、さらに遠くへ逃げるよう南相馬市が大型バスを用意し、
>長男夫婦と孫は群馬県片品村の民宿へ。長距離の移動や避難生活を考え、
>長男は「ばあちゃんは無理だ」と思った。女性だけが次女の嫁ぎ先に残ることになった。

>4月後半、女性は体調を崩して2週間入院。退院後も「家に帰りたい」と繰り返し、
>5月3日、南相馬の自宅に戻った。群馬に避難している長男にたびたび電話しては
>「早く帰ってこお(来い)」と寂しさを訴えていたという。

>長男たちが自宅に戻ったのは6月6日。到着は深夜だったが、起きていて玄関先で
>うれしそうに出迎えた。だが緊急時避難準備区域は、原発事故が再び深刻化すれば
>すぐ逃げなければならない。長男夫婦が「また避難するかもしれない。今度は一緒に
>行こう」と言うと、女性は言葉少なだった。「今振り返れば、思い詰めていたのかも
>しれない」と長男は話す。

>住み慣れた家で、一家そろっての生活に戻った約2週間後の22日。女性が庭で首を
>つっているのを妻が見つけ、長男が助け起こしたが手遅れだった。

>自宅から4通の遺書が見つかった。家族、先祖、近所の親しい人に宛て、市販の便箋に
>ボールペンで書かれていた。家族には「毎日原発のことばかりでいきたここちしません」。
>先立った両親には「こんなことをして子供達や孫達、しんるいのはじさらしとおもいますが
>いまの世の中でわ(は)しかたない」とわびていた。

>奥の間に置かれた女性の遺影は穏やかに笑っている。近所の人たちが毎日のように
>訪ねてきて手を合わせる。「長寿をお祝いされるようなおばあちゃんが、なぜこんな目に
>遭わなければならないのですか……」。遺書の宛名に名前のあった知人が声を詰まらせた。
葬儀で読経した曹洞宗岩屋(がんおく)寺前住職、星見全英さん(74)は「避難先で
>朝目覚め、天井が違うだけで落ち込む人もいる。高齢者にとって避難がどれほどつらいか」と
>心中を察する。

>取材の最後、長男夫婦が記者に言った。「おばあちゃんが自ら命を絶った意味を、
>しっかりと伝えてください」

>◇女性が家族に宛てた遺書の全文(原文のまま。人名は伏せています)
>このたび3月11日のじしんとつなみでたいへんなのに 原発事故でちかくの人達が
>ひなんめいれいで 3月18日家のかぞくも群馬の方につれてゆかれました
>私は相馬市の娘○○(名前)いるので3月17日にひなんさせられました たいちょうくずし
>入院させられてけんこうになり2ケ月位せわになり 5月3日家に帰った ひとりで一ケ月
>位いた 毎日テレビで原発のニュースみてるといつよくなるかわからないやうだ
>またひなんするやうになったら老人はあしでまといになるから 家の家ぞくは6月6日に
>帰ってきましたので私も安心しました 毎日原発のことばかりでいきたここちしません
>こうするよりしかたありません さようなら 私はお墓にひなんします ごめんなさい

穏やかに余生を過ごしていた人がなぜこんな目に・・・。涙が出た。
原発周辺の町々は、とってものどかでいいところだったのに。
私はこのブログで、おばあさんが命を絶った意味を残したい。伝えたい。

ストレステストをしようが何をしようが、原発は安全ではない。
第一、地震が少ない欧州のストレステストでは、地震国日本の原発の安全性を
評価できるわけがない。

帰りたくても帰れない方々をこれ以上増やさないで欲しい。
自殺した農家の方、畜産農家の方、おばあさん、もうこれ以上自ら命を絶つ人を
増やさないで欲しい。

震災の影響で停止していた火力はどうなっているの?
火力が停止しているから、電力不足になっているわけではないの?
太陽光は?風力は?
この国は原発なしでは生きていけない国なの?

原発なんていらない。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(34)M7.1の余震 [東日本大震災]

東北で震度4 沿岸に津波注意報(NHKニュースより)
>10日午前9時57分ごろ、三陸沖でマグニチュード7.1の
>大きな地震があり、東北で震度4の揺れを観測しました。この地震で
>気象庁は午前10時に岩手県と宮城県、それに福島県の沿岸に津波注意報を
>出しました。津波注意報が出ている海岸や川の河口付近から離れ、近づかないで
>ください。予想される津波の高さは高いところで50センチの見込みです。
>津波と満潮が重なりますと浸水などの被害が出るおそれがありますので
>注意して下さい。地震が起きたのは午前9時57分ごろで、震度4を観測したのは、
盛岡市と宮城県栗原市、登米市、岩沼市、石巻市、それに福島県田村市などでした。
>また、青森市や岩手県宮古市、仙台市青葉区、福島市などで震度3の揺れを
>観測するなど、北海道から近畿にかけての広い範囲で震度3から1の揺れを
>観測しました。気象庁の観測によりますと、震源地は三陸沖で、震源の深さは
>10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.1と推定されています。

11時45分、津波注意報解除。

長い揺れだった。今までの横揺れとは少し違う不規則な揺れ方。
またあの日のように、長い大きな地震が来るのかと怖くなった。

三陸沖で地震が起こると、刺激されて福島、茨城千葉へと
震源地が南下していくことが多い。心配だ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(33)復興相辞任 [東日本大震災]

松本復興相が辞任…「荒かったのは不適切」
>松本復興相は5日朝、菅首相に首相官邸で会い、復興相と防災相を辞任する
>考えを伝えた。首相は慰留したが、最終的に了承した。
>松本氏は、東日本大震災の被災地の視察で3日、岩手宮城両県知事に会った際、
>「知恵を出さないやつは助けない」などと述べ、宮城県知事が不快感を表明する
>など、被災地で反発が広がっていた。野党は国会で、菅首相の任命責任を含めて
>追及する方針だ。政府の復興の取り組みへの影響も予想され、首相に対する
>退陣圧力がさらに高まるのは必至だ。
>松本氏は首相との会談後、内閣府で記者会見し、「被災者とは人一倍寄り添って
>いるつもりだったが、言葉が足りなかったりして、被災者の心を痛めたことを
>本当におわび申しあげたい。言葉が足りなかったり、荒かったりしたのは不適切
>だった」と述べ、一連の発言を改めて謝罪した。
>辞任の理由を問われると、「個人的な理由なので話せない」と述べた。
>復興については「岩手でキックオフして、3日でノーサイドになった。相変わらず
>嫌いな与野党だが、心を合わせて復興に取り組みたい」と述べた。
>松本氏は、東日本大震災の復興に取り組む復興相に、防災相と兼務する形で
>6月27日に就任した。政府の「復興対策本部」(本部長・菅首相)の副本部長に就任した。
>首相は同日午前の閣僚懇談会で、「(松本氏の)意志が固いので、(辞表を)受理した」と
>報告した。読売新聞より

ニュースで宮城県知事とのやりとりを観て、何様なの?と思った。
上から目線が当たり前、権力を振り翳す政治家がいることに、うんざりした。

言葉が足りないという話ではない。
九州出身だから・・・。B型だから・・・。理由にはならない。
東北の何市がどこの県とか分からん」なんて、笑いながらよく言えるなあと思った。
テレビ等で取り上げて貰えず、支援の手もなかなか届かなかった被災した小さな市や町が、
どれほど頑張ってきたのか、この人には理解できないだろう。
こんな人に任せておいたら、復興が程遠いものになってしまう。
荒っぽいと言っても、気風がいいのと、心がないのでは大きく違う。

東北を知らないなら、青森から南へ向けて、被災した場所を地図と照らし合わせて、
一ヶ所一ヶ所自分の目で確かめながら見て回ればいい。
その政治家にぺこぺこしなければ、復興できないなんて、バカにしている。

口先ばかりではなく、被災地、被災者の力になってくれる人をきちんと選んで欲しい。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(32)被災地高速無料化 [東日本大震災]

福島 被災地高速無料化で混雑(NHKニュース
>東日本大震災の被災者や原発事故で避難している人を対象に、
東北地方などの高速道路の料金が無料になったのを受けて、
>福島県内の料金所は、3日の日曜日も高速道路を利用する車で
>混雑しています。
>東北地方と茨城、新潟の一部を結ぶ高速道路では、震災で被災した人や
>原発事故で避難している人たちの車などの料金が先月20日から無料に
>なっています。無料で通行するためには、料金所の担当者に自治体が
>発行する被災証明書などを見せる必要があるため、ETCレーンでは
>なく一般レーンに車が集中して混雑しています。このうち福島市にある
>東北自動車道の福島西料金所では、日曜日の3日も朝から多くの車で混雑し、
>3か所ある一般レーンで順番待ちをする車の列が出来ていました。横浜から
>岩手に向かうトラック運転手の男性は「最近は出口で40分以上待つことも
>あり、自分の休憩時間を削ることで対応しています」と話していました。
>東日本高速道路によりますと、岩手・宮城・福島の3県では、料金が無料に
>なる前と比べて高速道路を走る車が20%近く増えているということで、
>福島西料金所の沼崎照夫所長は「予想を超える交通量で、今後もさらに
>増えていくと予想される」と話しています。

東日本大震災の被災者や原発の避難者対象の高速道路無料化。

どちらかというと、土日よりも、平日の通勤時使っている人が多いが
土日の使用も増えることはいい傾向だと思う。

余震が多いから、出掛けるのは控えようとか、早く帰ろうという思いが
根付いていたから。

ただ、ETCを利用している方々まで渋滞に巻き込まれてしまうのは
問題だ。スマートICを利用するしか方法がないのかな?

福島には、避難している母と子、地元に残って仕事をしている父という
家族がいる。気軽に家族が行き来できるようになるのは、いいことだと
思う。

そして、震災の被害もなく、原発から遠いのに、福島というだけで
観光客が減ってしまった場所も多い。福島県内や被災した近隣の県から
観光客がやってくればいいなと思う。お客がいれば、観光地が廃れる
ことがない。原発が落ち着いて、他県の人達が「いざ福島へ」という時に
観光地が消えてしまっているなんて、絶対になって欲しくない。
福島を守りたい。

私は、震災から数ヶ月しても、出掛ける気分にはなれなかった。
遠くに出掛けた時、また地震が起きてしまったらと思うと、
やっぱり出掛ける気持ちにはなれない。

でも、高速無料化で、友達の○○ちゃんの様子を見に行こうかな、
叔母さんに会いに行こうかな、久々に△△に買い物に行ってみようかなと
いう気持ちが出てくるようになった。

まだ、泊りがけでどこかに行こうという気持ちにはなれない。
だけど、どこかに行こうという気持ちが出てきたのは、うれしく思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(31)猛暑 [東日本大震災]

>被災地の扇風機不足深刻、仮設住宅「蒸し風呂」(読売新聞)
>梅雨の合間の猛暑で、東日本大震災の被災地の岩手県や宮城県では、
>扇風機の品不足が深刻化している。
>節電意識の高まりで全国的にも扇風機が注目されている中、被災地では
>仮設住宅に暮らす人々が買い求める例が多いという。
>岩手県釜石市内唯一の家電量販店「ケーズデンキ釜石店」では週末の
>26日、扇風機売り場に次々に客が訪れた。
>佐々木教雄店長によると5月は200台、6月は25日までに280台を
>売り上げ、例年の3~4倍の売れ行き。津波でエアコンの室外機が
>壊れたという人や、家を失い仮設住宅に入っている被災者が扇風機を
>購入しているとみている。「次の入荷時期は未定」だといい、
>ケーズデンキ大船渡店も予約待ちの状態。宮城県石巻市の「ヤマダ電機
>テックランド石巻店」でも、ここ2週間、展示品すらない状態だ。
>釜石市の仮設住宅は3114戸建設予定で、既に約1500戸が入居。
>同市桜木町の仮設住宅に夫と娘2人と暮らす小林千鶴子さん(40)は
>「晴れると蒸し風呂状態。早く扇風機を入手しないと」と話す。

被災地に扇風機を!

避難所や仮設住宅はとても暑く、虫が多いようだ。
避難所にも網戸がつけられればいいのに。

避難所の人が、「火事が心配だから、蚊取り線香も使えない」と言っていたが
もし、そこに喘息患者がいたら、喘息発作を起こしてしまうので
蚊取り線香だけでなく、電気タイプやスプレータイプの虫よけの使用にも
気をつけて欲しい。
狭い仮設住宅の中での使用にも、気をつけて欲しい。
人がいる前で、むやみに殺虫剤を振りまかないで欲しい。

もし、喘息患者ではなくても、防虫剤や殺虫剤を使っている時に、
激しく咳込んだり、頻繁に咳込むようになってしまったら、使用を止めて欲しい。

原発周辺の海沿いは、夏は涼しく冬は暖かで過ごしやすい地域。
同じ福島県内でも内陸とは気温が全然違う。
避難先の暑さが心配だ。どうか無理をせず、我慢しすぎず、具合が悪いと
思ったら早めに周りの人に声をかけて欲しい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(30)九州新幹線開通CM [東日本大震災]

>世界最大の広告フェアとして知られるフランス
>「カンヌ国際広告祭(カンヌライオンズ国際クリエイティビティ
>フェスティバル)」で、JR九州の「九州新幹線開通」のCM
キャンペーンとNTTドコモの木製携帯電話端末「タッチウッド」の
>CM(ウェブ版)がともに金賞を受賞した。

>九州新幹線のCMは3月12日の開通に合わせて9日から放送したが、
>11日の東日本大震災で放送を自粛。しかし、スウェーデン人の母と
>日本人の父を持つ歌手マイア・ヒラサワさんの軽快な曲に加え、
>新幹線開通を喜ぶ沿線の人々の姿が震災後に消沈する日本に元気を
>くれると評判になり、動画サイトで220万アクセスを超える人気を
>集めた。



震災後、電気が復旧してすぐの頃、ネットでこのCMを観た。

たくさんの人がいる。
たくさんの笑顔がある。
地域地域のつながりがある。

とってもとっても温かくて、涙が出てきた。
東日本にもこんなにたくさんお笑顔が戻ってくる日が来るかな。
きっと来るよ。

金賞受賞おめでとうございます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(29)仮設住宅、高濃度汚染水、余震 [東日本大震災]

仮設住宅に住みたくても収入がないため住めない人が多いと言う。
仮設住宅を作ればいいというわけじゃないと知った。
津波で職場を流された人たちには、働く場所も収入もない。

義援金は?
たくさんの義援金が集まっているはずなのに、手元に届いているのは
ほんの少しだと言う。

仮設住宅に住むための光熱費や食費を賄うお金を義援金から
早く振り分けて欲しい。生活の心配がなければ、仕事を探しに行く
ことが出来る。

そして、仮設住宅の近くには歩いて行ける食料や衣料、日用品のお店を
作って欲しい。食料を買いに行けずに、お餅だけを食べているお年寄りを
テレビで見て悲しくなった。小分けにされたお総菜なども売っていれば
食欲がなくなってしまった人たちも食欲を取り戻すのでは?と思う。

第一原発の高濃度汚染水は、浄化処理装置が再稼働しなければ
汚染水の行き場がなくなり、10日ほどであふれる可能性があるようだ。

来週あたりからは、原発付近も雨の日が続く。
どうなってしまうのだろう・・・。

余震はまだまだ油断できない状態だ。昨日の揺れは、3月11日を
思い出すような長い揺れだった。
このまま大きくなるのかな?と思ったが、おさまった。
再び震度6以上の余震が来るのでは?という恐怖が付きまとう。

起きてしまったらしょうがない、どうしようもないのだという覚悟と
ますますいろいろなものが壊れてしまうという恐怖が繰り返す。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(28)100日 [東日本大震災]

震災から100日。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

心の中の一部分には、いまだに3月11日でストップしたままの場所がある。
あの日の前に戻れたら・・・夢でありますように・・・何度思ったことだろう。

でも、時間は進んでいく。これからも進んでいく。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(27)情報端末 [東日本大震災]

>情報端末で避難所の状況把握 NHKニュースより
>避難所にいる人の健康状態や必要な物資などを県や市町村がすぐに把握し、
>必要な支援を的確に行うことができるよう、岩手県は、携帯型の情報端末を
>一部の避難所に配って、試験的に運用を始めました。
>今回の震災で、岩手県内には依然として300か所を超える避難所が
>設置され、刻々と変化する避難所の様子を把握するのが難しい状況が
>続いています。このため岩手県は、コンピューターメーカーなどと協力して、
>避難所の情報を集約するシステムの開発を進め、先月、携帯型の情報端末を
>陸前高田市で配って、試験的に運用を始めました。このシステムでは、
>避難所の担当者が、生活している人の数や健康状態、それに必要な物資の
>種類などを入力すると、すぐに県や市町村に伝わります。さらに、緊急通報の
>仕組みもあり、ボタンを押すと自治体や消防などに一斉に連絡が行くように
>なっています。岩手県は、近くほかの自治体にも情報端末を配付することに
>していて、「避難所の状況を的確に把握してきめ細かい支援ができるよう、
>システムの整備を急ぎたい」と話しています。

震災時や震災後5日くらいは、携帯電話はあてにならなかった。

日中はほとんど圏外。アンテナがたっても通話できず、メールが
深夜や早朝に送れるだけ。
電波が悪い状況は電池の減りが早くなるだけなので、日中は電源を
切っていた。

携帯電話がつながりにくくなることがある。
頭の片隅に入っていたことだけれど、こんなにも携帯電話が無力だとは思わなかった。
携帯電話よりも、一般電話の方が先に繋がりやすくなった気がする。
通信手段がないことがこんなにも不便だと思わなかった。

避難所や安置所を傷む足をひきずりながら何か所もまわっている
人をテレビで見た時、一か所の避難所に行くだけで分かればいいのにと思った。

津波被害にあった友達と連絡がつかなかった時、手書きの避難者名簿の写真
ネットで探した。各避難所に行き、その名簿を1つ1つ見ている方の
ことを思うと、もっとすぐに検索出来ればいいのにと思った。

避難所に必要な物資が届かず、そこでは必要としない物資が届いてしまう状態にも
もどかしく思った。

停電時や携帯電話が使えない時でも使える情報端末が各市町村に何台もあれば
混乱を防ぐことが出来る。探したい人をすぐに見付けることが出来る。
必要なものを的確に届けることが出来る。
このシステムがもっともっと進んで欲しいと思った。

避難所にいる方はまだまだ大勢いる。その方たちの生活がこれまでよりも
いい方向に向かって欲しい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東日本大震災(26)3ヶ月 [東日本大震災]

大震災の3ヶ月目には、大きな余震が再び起こる可能性が高いらしい。
その日に、近付いている。

道路も山も川も海沿いも建物も度重なる余震で傷んでいる。
もしまた震度6以上の余震が来たら・・・と思うととても怖い。

もうこれ以上、大きな余震が起こりませんように。
もうこれ以上、誰も苦しみませんように。悲しみませんように。
願うだけ。

3月11日の震災の後やライフラインが回復してからずっと続けていること。

枕元にバッグ、避難リュック、懐中電灯ラジオ、着替えを置く。
寝る前にはポットのお湯をいっぱいにしておく。(軽い発作時にコーヒーを飲むため)
風呂の湯は掃除する直前まで抜かない。(断水した時のため)
お風呂のドアは必ず閉める。(地震時お風呂の湯が揺れこぼれ、濡れたから)
高い場所にものを置かない。倒れやすいものは引き出しにしまう。

震災前までは、調味料や食べ物がなくなってから買いに行っていたが、1つ多めに
買い置きするようになった。喘息発作を起こさないパンやビスケットのようなもの、
ふりかけや海苔なども。
食べ物で発作を起こすことが多いので、発作を起こさず安心して食べられるものを
準備することが大切だと気付いた。

3月11日は情報を得ることが出来ず、大津波警報が出ていることを知らなかった。
震災が起きたら、ラジオで現状を知ることが大切だということも知った。
そして、高台に避難するということも。

どうか何も起こりませんように。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の30件 | - 東日本大震災 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。