So-net無料ブログ作成
検索選択
アレルギー ブログトップ

アレルギー対策に感じたこと [アレルギー]

>アレルギー対策で初の基本指針 厚生労働省
>12月2日 16時51分 NHKニュース
>ぜんそくや花粉症などアレルギー疾患の患者が急増するなか、厚生労働省は、
>地域ごとに専門的な治療を行う拠点病院の整備や、患者の相談支援にあたる
>体制の充実などを盛り込んだ、アレルギー対策の基本指針を初めて取り
>まとめました。アレルギー疾患は、この10年ほどで急増し、厚生労働省に
>よりますと、国民の2人に1人がかかっていると推計されています。
>しかし、専門の医師が不足していることから、適切な治療が受けられず、
>重症化する患者が後を絶たないことが問題となっています。
>このため、厚生労働省の協議会は、ぜんそくとアトピー皮膚炎、花粉症、
>鼻炎、食物アレルギー、それに結膜炎の6つのアレルギー疾患について、
>2日、対策の基本指針を初めて取りまとめました。
>それによりますと、地域ごとに専門性の高い医師を配置した拠点病院や、
>かかりつけ医と連携して適切な医療を提供できる体制を整備するとともに、
>予防や治療の先進的な研究を進めるとしています。
>また、インターネット上に科学的な根拠が明らかとはいえない治療などの
>情報があふれているとして、患者と医療関係者向けにホームページを作成し、
>最新の研究成果などの情報を提供するほか、患者の相談に応じる専門窓口を
>医療機関などに設置して支援体制を充実させるとしています。
>厚生労働省は「アレルギー疾患は長期間、症状に苦しめられることが多く、
>生活への影響も大きい。今後は自治体などと連携して患者が安心して生活
>できる体制を整備したい」と話しています。
>アレルギー疾患の現状は“2人に1人”
>アレルギー疾患の対策を検討している厚生労働省の委員会は、平成17年に
>まとめた報告書で、「全人口の3人に1人が何らかのアレルギーを患っていると
>考えられる」と指摘していました。
>その後、患者が増加し続け、平成23年の報告書では「全人口の2人に1人」と
>推計を見直しました。
>このうち、ぜんそくの患者は少なくともおよそ800万人と推計しています。
>花粉症を含むアレルギー性鼻炎は、国民の40%以上が患っていて、今後も
>増えると予想されています。
>また、アトピー性皮膚炎は、国民のおよそ1割が発症しているほか、食物
>アレルギーについては、0歳児全体の最大で10%が何らかの食べ物の
>アレルギーがあると指摘しています。
>不適切な治療で重症化も不適切な治療が原因で重症化する患者が増えています。
>アレルギー疾患に詳しい医師や患者会などによりますと、アトピー性皮膚炎や
>ぜんそくは、炎症を抑えるために、一時的にステロイドを使った治療が
>必要になることがありますが、副作用を避けようとしてステロイドを使わない
>治療を続けると重症化することもあるということです。
>また、アレルギーのある妊婦が子どもへの影響を恐れて薬の服用をやめたために
>重い発作を起こしたり、子どもの食物アレルギーは適切な食事指導や治療に
>よって多くの場合、改善が期待できるのに、医師から対象の食べ物を一切
>与えないよう指示されて、治りにくくなったケースもあるということです。
>日本アレルギー学会は、医療関係者を対象に、適切な治療などを紹介する
>ガイドラインを公表しています。
>専門家「医療体制の整備を急ぐ必要」
>アレルギー疾患に詳しい、国立病院機構相模原病院の谷口正実臨床研究
>センター長は「ここ10年から20年ほどで、アレルギー疾患の患者が
>増えている要因のひとつは、生活環境が過度に清潔になっていることが
>考えられる。発症の原因は多岐にわたり、治療薬の選択が難しいのも特徴で、
>専門の医師が少ないため診断が誤っているケースも少なくない。アレルギー疾患は
>生命に関わることは少ないが、重症化すると仕事が手につかなくなるなど、
>生活の質が低下するため、医療体制の整備を急がなければならない」と
>指摘しています。

いまだに、「専門の医師が不足」なんて言っているのか・・・とがっかりした。
喘息にしても、鼻炎にしても、内科医や耳鼻科医が診断しているのだから、
その医師たちの教育を見直すだけでいいのではないだろうか?
専門医を増やすなら、呼吸機能検査もせずに、「あなたは喘息ですよ、
この薬を一生使い続けなければだめですよ」と決めつける内科医の
喘息診断権利をなくして欲しい。気管支炎や咳喘息を疑う前に、喘息と
決めつける医師が多すぎる。咳喘息や鼻炎無知の医師をゼロにして欲しい。

1つ心配なのは、私のようにアレルギー検査にはまったく反応しないのに、
特定のものに過敏反応したり、好酸球が高い患者だ。
私の場合は、アレルギー薬が一切効かなかったのに、ほとんどの医師は
アレルギー薬を飲ませたがる。効かない薬の長期使用をやめて欲しい。
鼻炎においては、慢性副鼻腔炎は細菌だと言われ、長期に抗生物質を
飲んでいたが、これもまた効いたと思ったことがなく、症状が少しでも
緩和したことすらない。好酸球副鼻腔炎の原因は細菌ではないと思う。
私は、「特定の食べ物や化学物質に過敏反応する」と医師に告げたが
とりあってもらえなかった。医師は、患者が何に過敏に反応しているのかを
聞き入れる耳を持って欲しい。喘息、鼻炎、食物アレルギーという
大きなひとくくりで治療を決めるのは止めた方がいいと思っている。
その患者の喘息、鼻炎、アレルギーとして診断していくべきだ。

また「インターネット上に科学的な根拠が明らかとはいえない治療などが
あふれている」というが、内科医や専門医が診断できない状態でも
ネットからの情報により、治療方法や予防方法を見つけられる事実が
あることを無視している。不必要なのは、あふれたネットの情報よりも、
喘息や鼻炎に詳しくない医師たちだ。診断する医師たちがしっかりしていれば、
ネットの情報には頼らなくなるのだから。このニュースは患者のことばかり
否定していて、診断している医師には触れていない。それが問題なのに。

「増えている要因のひとつは、生活環境が過度に清潔になっていること」と
いう。除菌、殺菌という言葉に影響されたり、消臭したいはずなのに
過度なにおいを身に着けている可能性が高い。化学物質が身近にあふれすぎた。
そして、大気汚染飛来の影響。

専門医を増やすよりも診断をしている内科医、耳鼻科医、皮膚科医の
知識をもっと深めて欲しい。
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:健康

アレルギー表示推奨 カシューナッツ・ゴマ追加 にんにくを表示義務に入れて欲しい! [アレルギー]

>2品、アレルギー表示推奨に カシューナッツ・ゴマ追加(消費者庁)
>朝日新聞より
>消費者庁は30日、食物アレルギーを引き起こす原材料として加工食品への
>表示を推奨する品目に、カシューナッツとゴマを新たに加える方針を決めた。
>同日開かれた内閣府消費者委員会の部会で了承された。年内に都道府県や
東京23区、政令指定都市に通知する。

>消費者庁が医師の協力を得てアレルギーの症例を調査したところ、
>約3千例のうちカシューナッツは18例、ゴマは12例あった。
>カシューナッツは急性反応で重い症状になるアナフィラキシーショック
>5例あったという。2品目は過去の調査でもアレルギーの原因の上位に
>入っており、推奨品目に加えることにした。

>加工食品のアレルギー表示は食品衛生法に基づき、現在、義務づけられて
>いるものが卵や乳、小麦など7品目、推奨されているものがイクラや
>キウイ、クルミなど18品目ある。

カシューナッツやゴマでアレルギー症状を起こす人は、このニュースを見て
どう感じたのだろう?理解されるようになったとほっとしているのかな?
それとも、なぜ表示義務ではないのか?と思っただろうか?

現在、表示義務、表示推奨がある原材料は下記。

表示義務 特定原材料(7品目)
卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに

表示が推奨されている原材料(18品目)
あわび、いか、いくら、オレンジキウイフルーツ、 牛肉、くるみ、さけ、
さば、大豆、鶏肉、豚肉、 まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 バナナ

私は、この一覧を見るたびに、この中に、にんにくが入ってくれればと思う。
にんにくを食べるとお腹を壊すという人はよく聞くが、にんにく=身体にいいものと
考えている人が多いせいか、いまいち問題視されない。

私は、にんにくが極少量でも入ったものを食べると、喘鳴、激しく咳込む、鼻づまり、
鼻水だらだら、呼吸困難、喉の奥の奥の腫れ、痰をどわっと吐くなどの症状が
起こり、数時間生きた心地がしなくなる。テレビドラマの中で毒を飲んだ人のように
「ひっ」という呼吸困難の音が出る。症状は、アナフィラキシーに近いと思うのだが、
にんにくのアレルギー反応はまったくない。
揮発したにんにくのにおいでも、喘鳴や鼻水や咳が出たり、苦しくなったりする。

いつか、にんにくがアレルギー表示義務に加わることを願っている。

私と同じように、まだ世間には知られていない強いアレルギーを起こす原材料が
表示義務の中に加わることを願っている人もいるのではないだろうか?
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

甘味料でアレルギー症状報告 [アレルギー]

>甘味料でアレルギー症状報告 NHK NEWSWEBより(5月10日 6時6分)
>加工食品などに使われている甘味料が原因とみられる食物アレルギーの
>患者が30人余り報告されていたことが、専門の医師らの初めての
>全国調査で分かりました。
>医師は、甘味料がアレルギーの原因になることはあまり知られていないとして
>注意を呼びかけています。

>調査したのは、国立病院機構相模原病院の医師や栄養士などのグループで、
>去年10月、食物アレルギーの患者を診療している全国の医師などに依頼し、
>およそ880人から回答を得ました。
>それによりますと、食事の後にアレルギーの症状が出て、医療機関を
>受診した人で、甘味料による食物アレルギーと診断された人が15人、
>疑いがあるとされた人が18人いたことが分かりました。
>中には呼吸困難などの重い症状が出た人もいるということです。
>甘味料別では▽「エリスリトール」が15人、▽「キシリトール」が10人、
>▽「ステビア」が2人などとなっています。
>甘味料はアレルギー物質としての表示義務はなく、含まれる量が少ない場合、
>原材料としての表示を省略することもできます。
>調査を行った海老澤元宏医師は「甘味料がアレルギーの原因になることは
>あまり知られておらず、見逃されているケースも多いとみられる。
ダイエットのための低カロリー食品が増えているので注意が必要で、
>今後は表示についても検討すべきだ」と話しています。
>この調査結果は消費者庁にも報告されていて、消費者庁の担当者は
>「内容を詳しく精査するとともに、患者の数などを見ながら、今後、
>アレルギー物質としての表示が必要かどうかについても検討していく
>ことになる」と話しています。
>また、調査結果は11日から横浜市で始まる日本アレルギー学会で発表されます。

人工甘味料が当たり前のように使われている状態に嫌悪感を感じる。

「含まれる量が少ない場合、原材料としての表示を省略することもできます。」
どんなに少量でも表示義務にして欲しい。アレルギーを起こしている人が
いると分かった今、少量だから安心とは限らない。

私は、果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖果糖液糖で喘息発作を起こす。

なぜそれが分かったかというと、
私はもともと、添加物のアルコールや合成着色料が入ったものと食べる
アスピリン喘息発作を起こす。それらを除いたものを食べても
同じような発作を起こすことがたびたびあった。

その発作は、アイスクリームやヨーグルトを食べた時やジュースを
飲んだ時に起こる。

いったい何が原因だろう?と注意しながら食べていると、発作を
起こすものと起こさないものの違いが特定できた。

ぶどう糖果糖液糖だった。

ぶどう糖果糖液糖が入っていないアイスクリームやヨーグルトは
発作を起こさずに食べることが出来る。
ジュースは滅多に飲まないので分からないが、ブドウ糖果糖液糖が
入っていないコーヒー飲料は発作を起こさずに飲むことが出来る。

この添加物に気を付けるようになってから、発作の回数がぐんと
減った。

なぜ砂糖じゃだめなんだろう?

甘さひかえめ、カロリーゼロ・・・という言葉に振り回されすぎだ。

私は、砂糖が入っている方を選ぶ。
カロリーや太ることを気にするなら食べなければいいと思う。

私の友達には、人工甘味料が入った菓子を食べると頭痛が起こると
いう人もいる。

人工甘味料のことは、もっと注意し、考えるべきことだと思う。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

唖然としたこと [アレルギー]

アレルギーの血液検査の話をテレビ放送していたので観ていたら
医師たちがスギ花粉をどうやって治したか?という話をしていた。

一人目の先生は、「ヨーグルト。」

そして、二人目の先生は、「口から呼吸して鼻から出す。」

三人目は、「漢方薬。」

私が唖然としたのは、「口から呼吸して鼻から出す。」だ。

なにこれ?お手軽減感作療法?医師の言葉とは思えなくて驚いた。

スギ花粉が治る前に、気管支や喉がやられて、咳の原因になるのでは?
それでなくても、鼻炎の人は口呼吸になりやすいのに、それを
勧めるなんて!?

大気汚染粒子も飛来している花粉シーズン、口から呼吸は絶対に
やめた方がいい!

喉のケアのこと http://miyabinoshinkokyu.blog.so-net.ne.jp/2013-01-27-1
1日1食に思うこと http://miyabinoshinkokyu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-23-1
タグ:花粉症
nice!(1)  コメント(7) 
共通テーマ:健康

アレルギーに対する無理解に思うこと [アレルギー]

乳製品アレルギーの子供チーズ入りの給食のおかわりを与え、
児童が死亡するというニュースが少し前にあった。

私が不思議に思うのは、乳製品のおかわりを与えてしまったこと以上に、
なぜすぐにエピネフィリンなどの対処をしなかったのか?
救急車をすぐに呼ばなかったのか?児童が苦しむ姿をただ見ていたのか?
「そのうち落ち着くだろう」と決めつけていたのだろうか?
間違って食べてしまったとしても、すぐに対処していれば、命を
失うことはなかったのではないだろうか?残念でならない。

自身が食物アレルギーを持っていない人、家族や友達など身近な人に
食物アレルギーがいない人の場合、理解する気持ちはかなり低い。

「乳製品は食物アレルギーを起こします」と言っていても、
忘れられてしまうこともあるだろう。

学校の先生ならば、乳製品アレルギー(氏名)、小麦アレルギー(氏名)と
いうメモを先生の机の上に貼っておいて、いつでも目につき、忘れないようにして
おいた方がいいと思う。食べた時に、どんな症状が出るのかという説明も。
安静にすればいいというわけではないことも記すべきだ。
そして、すべての学校がアナフィラキシーを起こしてしまった子供に
すぐに対応できるようにして欲しい。

以前、私は、入院時の問診票に「しいたけアレルギー」と書いたにもかかわらず、
入院初日にしいたけ入りのおかずが出た。その後、その問診票を見たら、誰かが
しいたけアレルギーを打ち消し線で消していた。

いったいどういうことなのだろう?病院でも理解されないなんて。
私自身を否定された気分になって、がっかりした。

「合成着色料で呼吸困難や喘息発作を起こします」と医師に言ったこともあるが、
「じゃあ、あなたを殺すには、合成着色料入りのものを食べさせれば
いいわけですね」と薄ら笑いを浮かべながら言われた。

最悪だ・・・。

その日以来、その医師に、真剣に話すことは止めた。信用できない。信用しない。

アレルギーなどの過敏反応に冗談や軽はずみな対応は通じない。

苦しい思いをしたことがないから、笑いながら言えるのだろう。
そんな人に真剣に相談しなければよかったと後悔した。

医師や病院でさえも、こんなことがあるのだから、他の場所でも何が起こるか
分からない。

「この食べ物には○○が入っていますか?」「入っていませんよ」と言われ
食べても、実際には極少量入っていて、呼吸困難を起こすこともある。

私は、にんにく入りのものを食べると、どんなに微量でも急に「ひっ」という
呼吸困難を起こす。首を絞められた感じ。とても苦しい。
水の中にいるわけでもないのに、懸命に息をしようともがく。苦しい。つらい。

数時間苦しんで、症状が治まってくると、やっと生きた心地がしてくる。
メプチンエアだけで、今までは乗り切ってきたが、経口デカドロン(ステロイド薬)を
携帯している。いままでは意識を失わずにすんでいたが、意識を失う可能性は
ゼロではないので、にんにくは絶対に食べないようにしている。

最終的に、自分の身を守るのは自分自身と呼吸困難時に効く薬だけ。

きちんと理解されないことは悲しいことだけど、自分自身がしっかりと
自分の身体を守っていくしかない。子供にとっては、とても難しいことだと
思うので、身近にいる大人たちがしっかりと見守ってあげて欲しい。
nice!(0)  コメント(7) 
共通テーマ:健康

にんにく使用のスキンケア [アレルギー]

にんにくを使用したスキンケア商品が出たらしい。

私は、どんなに少量でも、食べても、においを嗅ぐだけでも、
にんにくで喘息発作や鼻炎を起こすので、スキンケアに使うなんてぞっとする。

子供の頃は、にんにく料理を食べていたが、喘息になりはじめた頃から
にんにく料理を食べた30分後に、呼吸困難を起こすようになった。
そして、激しい咳込み、鼻づまり、鼻水だらだら、吐く。
数時間苦しむ。それはもう苦しい。

ひっと呼吸困難を起こした時は、うまく息が吸えなくなり、このまま
死んでしまうんじゃないかと何度も思った。この発作は、急減に悪化する。

血液検査は、にんにくアレルギー陰性。
それなのに、カレーに入ったにんにく、ドレッシングに入ったにんにくなど
極少量のものにも、強く反応してしまう。

一度この体質になってしまうと、もうもとには戻れないと感じる。

スキンケアで毎日使っていても大丈夫なのだろうか?

にんにくは、アレルギーにいい、喘息にいいなんて言うけれど
にんにくを毎日使ったり、飲んだり食べたり出来る人は
もともと身体が強い人なんじゃないのかなと思う。

私の周りには、にんにくでお腹を壊す人もいるので、
毎日使うことが体にいいことなのか、分からない。

もし少しでも違和感を感じたなら、無理に使い続けないで欲しいと思う。
タグ:にんにく
nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:健康

世界一受けたい授業 [アレルギー]

昨日の「世界一受けたい授業」では、知らないと怖い日常に潜む
アレルギーを取り上げていた。

>バレンタインデーの後に増加するアレルギー。
>チョコレートの原材料のカカオには、ニッケルという金属が
>含まれており、たくさん食べすぎると金属アレルギーが出ることがある。

チョコレートを食べすぎると、鼻炎が悪化することがあるので、
たくさん食べないようにしているが、金属アレルギーは知らなかった。

私は、クロムや亜鉛などに反応する。
金属アレルギーで心配なのは、歯の詰め物がアレルギーの原因になって
しまうことだ。今は大丈夫でも、いつ発症するかわからないので心配。
歯科金属アレルギーが起きた時、セラミックを使用するらしいが、
保険適用ではなく高額になると聞いたことがある。なぜ保険適用にならないのだろう?
掌蹠膿疱症の人のためにも、保険適用に早くなって欲しいと思う。

>4歳の時に原因不明の湿疹やかぶれが出た女の子
>水道水に反応することが分かった。
>プールに入れず、シャワーは一分以上浴びることが出来ない。
>食事はドライフードが中心で飲み物は100%オレンジジュースや
>乳ミルクを飲んでいたそうだ。
>自分の水分もアレルギーの原因となる恐れがあり、激しい運動は制限。
>塩酸も防ぐクリームを塗って水をはじいて予防して生活。

この女の子は、塩素がダメなだけではないだろうか?
プールやシャワーがダメだと言う。

私はプールに入ると、真夏でも全身から粉がふいたようにカサカサ真っ白になる。
塩素のにおいを吸い込むと、喘息発作を起こしたり、鼻ポリープが巨大化する。

シャワーの蒸気は喘息発作を起こすので、蛇口からお湯を出し
洗面器にためて、頭や身体を洗う。シャワーは使わない。
ひどく反応していた時は、重曹や酸性水を入れた浴槽のお湯で
洗っていた。

水泳は、身体にいいと言うが、塩素に弱い人は絶対にやめた方がいい。
私は、プールだけでなく、塩素を多く使う大浴場にも入らない。

何かに過敏に反応してしまう人が特定の食べ物、飲み物ばかり
摂取していると、次にまた別の過敏反応を起こすこともあるので
気を付けた方がいいと思う。

>顔がぱんぱんに腫れた女性。
>髪の毛を自分で染めたら、ヘアカラーでアレルギー反応を起こし
>3日後目があかなくなり、顔がぱんぱんに腫れた。
>生まれて初めてのヘアカラーだったにもかかわらず、
>パッチテストをしなかった。
>ステロイド投与で一週間で回復。
化粧品は、何か変だと思ったら、すぐに洗ってなにもつけないことが大事。
>肌に異常がある時は使用をやめて、医師の診断を受ける。

パッチテストは絶対にした方がいい。
化粧品やシャンプーリンス、クリーム、ヘアケア剤など使っていて、
湿疹が出たり、違和感が出たら、使い続けない方が絶対にいい。

私は、化粧品やシャンプー、クリームなどのアルコール成分で
ひゅうと喘鳴が出たり、激しく咳込んだり、鼻水が出たりする。
合成着色料が入ったアイシャドウでまぶたが腫れ上がる。
体調がいい時には問題なく使えているものでも、喘息が長引いている時に
使うと、それが発作悪化上乗せの原因になることもある。

自分が安心して使えるものを見つけるまで、時間やお金がかかるかもしれないが
安心して使えないものを使い続けて、症状がどんどん悪化してしまうよりも
ずっといい。

今まで使えていたものが使えなくなる。

これは誰にも起こる可能性があることだと思う。無理に使い続けることだけは
絶対にやめた方がいい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

「冷感タオル」皮膚炎 [アレルギー]

>「冷感タオル皮膚炎に注意(1月19日 NHKニュースより)
>水でぬらして首などに巻くと冷たく感じる特殊なタオルに、
>アレルギー性の皮膚炎を起こすおそれのある防腐剤が使われて
>いる商品があることが分かり、国民生活センターは、十分に
>洗って防腐剤の成分を取り除いてから使うよう注意を呼びかけて
>います。
>水でぬらすだけで冷たく感じるように作られた特殊なタオルは、
乾燥すると固くなるため、防腐剤が入った水を染み込ませた
>状態で販売されているものがあります。国民生活センターが
>これらの商品のうち8銘柄を調べたところ、7つの銘柄で、
>まれにアレルギー性の皮膚炎を起こすおそれのある防腐剤が
>複数使われていたということです。これらの防腐剤を化粧品などに
>使う場合は、法律で成分を表示することが義務づけられていますが、
>タオルはその対象になっていません。7つの銘柄はいずれも防腐剤を
>使用していることを表示しておらず、全国の消費生活センターには
>「タオルを洗わず、そのまま使用したら顔や首の周りが赤く腫れた」
>などといった相談が今年度11件寄せられているということです。
>国民生活センター商品テスト部の石崎行男課長は「去年の夏、
>節電に対する意識の高まりで売れた商品だが、使用されている防腐剤で、
>まれにアレルギーを起こすこともあるので、十分洗い流してから
>使用してほしい」と話しています。

夏場、あちこちの店頭に多量に並んでいた商品の話を今頃!?
8月の半ばあたりにはわかることではないだろうか?

私の周りにも、その商品を購入し使っている人がいて、
「1つあげるよ」と勧められたが断った。

冷やし続けることは肩こりや血行不良になると思う。そして、
鼻ポリープ巨大化や喘息発作の原因になりやすい化学物質は、
必要以上に使いたくない。

ミニタオルを濡らして、首にあてるだけでも涼しくなる。
私はそれで十分。

むやみに化学物質を含んだものに飛びつくのはやめたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

除菌は本当に必要? [アレルギー]

今年もまた二酸化塩素の除菌商品のCMが始まった。

私は、塩素で喘息発作が起こるので、絶対に使用しない。

においがしないタイプだからとか、少量だからいいという問題ではない。
私は、どんなに少量でも塩素系のにおいを嗅げば、喉の奥の奥が腫れたり、
激しく咳込んだり、鼻詰まり、鼻水、鼻ポリープ巨大化が起こる。
泡々の痰を吐く。
その場所にずっといれば、強い頭痛も起こるだろう。

部屋にあるウイルスや菌にそんなに神経質になる必要があるのかな?と思う。
除菌、殺菌に神経質になればなるほど、別の病気を呼ぶのでは?
部屋は、換気したり、まめに掃除をするだけでいいと思う。

この商品は除菌以外にも「アレル物質除去」と言っているが、
この商品自体がアレルギー物質に成りえることを考えているのだろうか?

免疫の低い子供やお年寄りが塩素の空気の中で生活して、頭痛や咳や
鼻水に悩まされたり、その後アレルギー体質になってしまうのでは?と
心配に思う。

子供やお年寄りに限らず、鼻炎や頭痛持ちの人の悪化原因になったり、
咳喘息を起こしやすい30歳前後の人たちの咳の原因になってしまったり、
今まで何の問題もなかった人が鼻炎や頭痛に悩まされるかもしれない。

すべての人がアレルギー体質になる可能性は低いかもしれないが、
私のように、化学物質に弱い人間をどんどん増やしてしまうような気がする。

除菌という言葉に惑わされすぎないで。

喘息と二酸化塩素の除菌商品 http://miyabinoshinkokyu.blog.so-net.ne.jp/2010-11-15
喘息と二酸化塩素の除菌商品 その後 http://miyabinoshinkokyu.blog.so-net.ne.jp/2010-11-21
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

食物アレルギーに思うこと [アレルギー]

最近また、小麦アレルギーを引き起こした石けんニュースを見かける。

一度、小麦アレルギーを発症すると治らないという話と
この石鹸の使用をやめてしばらくすると小麦へのアレルギー症状がなくなって
くる人がいるという話。どちらの割合が高いのだろう?

その石けんを使い、まぶたが腫れた患者さんの写真を見て、私のまぶたが
腫れた時を思い出した。

合成着色料入りのアイシャドウを塗ると、まぶたが腫れる。
最初の数回は、軽いものもらいになったかな?程度だったが、そのうち
ぼってりと腫れて、それ以来使っていない。

呼吸困難を起こせば、「大変だ!」となるけれど、じんましんや腫れ程度では
まあそのうち治るだろう。大丈夫。と思ってしまうのは、危険なのだなと思った。

この小麦アレルギーは、運動すると起こりやすいらしい。

しいたけアレルギーは、食べて数日してから起こる。運動ではなかったが、
温泉に入って身体が温まったことが引き金になったのでは?と皮膚科の医師に
言われた。体調も関係する。

たまごアレルギーの蕁麻疹は、小さなぽつぽつが全身に。
しいたけアレルギーの蕁麻疹は、首から背中にかけて、長いみみず腫れが出来る。
友達がなった魚?アレルギーは、直径2、3センチくらいの大きな蕁麻疹。
蕁麻疹といっても、いろいろな症状があるのだなあと思う。小麦はどうなるのだろう?

私のたまご蕁麻疹は、かゆみも少なく次の日には治るけれど、
しいたけ蕁麻疹は一週間くらい消えず、かゆみも続く。
それでも、薬は一切使ったことがない。この先もこの蕁麻疹では使わないと思う。
でも、喉の奥の奥の腫れが出たら、呼吸困難の前触れなので、すぐに病院に
行こうと思っている。

しいたけは、干ししいたけの戻し汁を使った料理で、再び蕁麻疹が出来たが、
今は、料理に入っているしいたけを食べても問題なし。ただ、焼きしいたけだけは
アレルギーが出やすいので、食べていない。

私の食物アレルギー検査では、たまごはクラス0。
喉の奥の奥の腫れを引き起こすりんご、咳込みや喘鳴を起こすオレンジ
強い呼吸困難、激しい咳込み、鼻水鼻詰まりを引き起こすニンニク
軽い喘鳴、喉の奥の奥の腫れを起こすキウイ・・・すべてクラス0。

この小麦アレルギーの人は、血液検査の結果はどうなのだろう?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
アレルギー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。