So-net無料ブログ作成
テレビ放送 ブログトップ

遅延型食物アレルギーに思うこと [テレビ放送]

先日テレビを観ていたら、薬や食品のアレルギー体験を放送していた。

遅延型アレルギーの人は数時間後や数日後に症状が出るらしい。

出演者の中にも、アレルギーを疑う人たちがいたが、血液検査に
反応しなかっため、ほら吹き扱いをされていた。

アレルギー専門の医師がいるのに、なぜ詳しい説明をしないのだろう?

アレルギー血液検査では遅延型アレルギーを特定できないと思う。

私自身、にんにく、りんご、キウイ、アルコール、菊や百合の花粉などで
呼吸困難を伴う喘息発作を起こすが、アレルギー検査では一度も
反応したことがない。

「にんにくに反応する」と言うと、医師がアレルギー検査をして
確かめたがる。以前は言われるがまま検査をしていたが、今は
そのアレルギー検査には意味がないと思っているから、やらない。

検査でアレルギー反応が出たかどうかよりも、日常生活をしていて
自分が何に反応するか?何を口にしたり、吸い込むと呼吸苦を起こすか?

血液検査に反応しないからと言って、うそつき呼ばわりはないと思う。

人にどういわれようが、口にした時苦しむものは、少量でも
口にしない。アレルギーかどうかなんてどうでもいいと思っている。
nice!(2)  コメント(9) 
共通テーマ:健康

呼吸音が気になる [テレビ放送]

この前テレビを観ていたら、呼吸音が気になる俳優がいた。
普通にしゃべっているように見えても、苦しそうな呼吸音、息遣い。
その番組を観たという友達に聞いてみたが、気付かなかったと言う。
誤解かもしれないから、名前は書かないが、肺が悪いんじゃないかと思う。
酸素飽和度90%前後の状態のように思えた。とてもつらそうだった。

テレビを観ていると、呼吸の乱れを感じる人、鼻づまりがひどい人、
口をぽっかり開けていることが多い人、声がかすれている人が気になる。
心配に思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

二酸化塩素商品のテレビCMに思うこと [テレビ放送]

冬になると、二酸化塩素商品のテレビCMが始まる。

「子供のために使いましょう」のような言葉に残念な気持ちになる。

私なら、子供の将来のために使わない。

必要以上に化学物質を浴びることは、頭痛や喘息、鼻炎、アレルギーなどの
もとを作ってしまうと思うから。

子供のうちだからこそ、揮発性や香料の強いものを避け、自然に近いものの
なかで生活をして欲しいと思う。

私は、二酸化塩素商品の中では生活したくない。
頭痛、鼻炎、吐き気または嘔吐、喘息を起こすから。

二酸化塩素商品を室内、店内に置くなら、入口に「二酸化塩素商品を
置いています」という表示をして欲しいくらいだ。そこには入りたくないから。

空間除菌製品は無意味で危険?毒性物質を放散、かえって病気になる恐れも
http://miyabinoshinkokyu.blog.so-net.ne.jp/2015-02-19

亜塩素酸ナトリウムをファンで拡散
http://miyabinoshinkokyu.blog.so-net.ne.jp/2014-12-23
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

炭水化物を抜くか抜かないかに思うこと [テレビ放送]

テレビで「炭水化物を食べながら痩せる」という話を京大の森谷教授が
していた。

この教授を見た時、「なんて健康的な顔なのだろう!」と思った。
以前テレビで、炭水化物を抜く食事をしている医師を見た時、私は、
「なんてツヤや油分のないおじいちゃんのような顔をしているのだろう!」と
思った。年齢よりも若くは見えなかった。

どちらに憧れるか・・・?と言ったら、私は、ツヤのある健康的な顔に
なりたい。

双子がそれぞれに炭水化物、低炭水化物の食事をとり、その後の体温の変化を
比べたところ、炭水化物の食事をした人の方が体温があがり、燃焼していた。

私は、以前、1日1、2食の生活を続けていたから、強く実感している。
炭水化物をとるかとらないか、食事をするかしないかで、身体の熱が
まったく違う。身体の冷えが違うのだ。

1日3食、炭水化物をとった生活をしていると、熱を発しやすくなる。
冷えない身体になる。自分自身が温かくなるから、気温の低下や上昇に
振り回されにくくなる。そして、疲れにくい身体になる。

1日1、2食だった頃の私は、毎日夏バテしていて、だるかった。
今の私は、「今日も暑いな」と思うけれど、だるくはならない。

私は炭水化物を抜かない。
タグ:炭水化物
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

食物アレルギーのテレビ放送を見て [テレビ放送]

世界仰天ニュースのアレルギースペシャルを観た。

金属アレルギーが円形脱毛症を引き起こすということを知り、驚いた。
アレルゲンのニッケルが入った歯の詰め物を取り除き、治って本当に
良かったと思った。口の中には症状が出ないものなのかな?

私は、ニッケルには反応しないが、クロムと亜鉛に反応する。

学生の頃、なぜ皮ベルトの腕時計をすると、ベルトの跡が赤く残るのかな?と
不思議に思っていた。だから、テストの日以外は、ポケットの中に入れていた。
金属アレルギー検査をした時、皮ベルトは、加工する過程でクロムを使っていると
知り、繋がった。

もう一人は、食物アレルギーの女の子の話だった。
乳製品、小麦、卵、大豆、そば、えび、かに、落花生のアレルギー。
可哀想すぎて、泣きながら観た。

経口免疫療法によって、3年後、ミルクを克服したことに
その子の強さと頑張りを感じた。頑張ったね。
ソフトクリームやケーキをほおばる姿にまた泣いてしまった。
他のアレルゲンがあるから、油断はできないかもしれないけれど、
大きな自信に繋がったことだろう。

経口免疫療法の詳しい説明はあまりなかった。
成功例がテレビで放送されると、「経口免疫療法をすれば治るんじゃないの?」と
安易に言う人が出てくることがあるが、よくなる人もいればよくならない人もいる。
そのリスクに耐えられない人だっていると思う。アレルギーを持っていない人こそ
そのことを理解してもらえればいいなと思った。

私は、にんにくや果物類を食べると、喉の奥の奥が腫れ、呼吸苦や喘息発作を
起こす。にんにくやリンゴは、一生食べなくていいと思うほど、その発作は苦しい。
もし、私の症状も経口免疫療法で良くなると言われても、私には、その発作に
何度も耐える気力、体力はないかな。

アルコールアレルギーかもしれない?と言っていたタレントさんに対して、
「アルコールを分解しにくいかどいうかだから、弱いだけですよ」と
医師は言っていた。

私は、アルコールが入った食べ物を食べると、呼吸苦や喘息発作を起こす。
「お酒に強い、弱い。分解しやすい、分解しにくい。」という言葉だけでは足りない。
喘息発症前の私は、お酒を飲むと、すぐ顔が赤くなったり、吐いた。一見酔っぱらっただけ。
でも、喘息発症後は、お醤油に入ったアルコール、料理に入ったみりんなどで呼吸苦を起こす。

せめて、「何かしら症状が出るなら飲むのは控えた方がいい」というような一言が
あっても良かったのではないかと思う。

私は、アレルギーの血液検査ではなにひとつ反応がない。

でも、ミズメやキク、ユリ、ブタクサ、アーモンド、リンゴ、キウイ、イチゴ、にんにく、
トマト、生の玉ねぎ、ヤマイモ、ほこり、猫、ゴムなどで呼吸困難を伴う喘息発作を
起こす。アレルギー検査がゼロだから安心とは言えない。身体が拒否反応を示すものは
なるべく避けた方がいいと思っている。
「気持ちの持ちようだ」とお気楽なことを言う医師もいるが、「発作が起こるかもしれない」と
いう不安から起こる症状とは明らかに違う。酸素飽和度がぐんと下がり、時にステロイド点滴が
必要な発作に繋がる。心的なものなのか、アナフィラキシーのように原因があって起きている
喘息発作なのか、見抜けない医師が多いことが残念でならない。症状がまったく違うのに。

特定のものに過敏に反応する話をすると、「こうした方がいい」と言ってくる人が多いが、
他の人の経験話をするよりもまず、その人がどんな時にどんなものにどんな風に反応するか
聞く耳を持ってくれたらいいなと思う。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

駆け込みドクター!「知っているようで知らないうつ」 [テレビ放送]

駆け込みドクター!「知っているようで知らないうつ」
>うつになりやすい傾向度チェック
>1.外食のメニューはいつも同じ
>2.連ドラは撮りだめして一気に見たい
>3.携帯は1日30回以上チェックする
>4.並んでいる所に割り込みは許せない
>5.飲み会では1円単位で割り勘にしたい
>6.休日でもびっしり予定を組みたい
>7.1分でも遅刻されると腹が立つ
>8.周りに敵を作りたくない

私は「4.割り込み」だけだった。
子連れの人だったり、高齢の人に先をゆずるのは気にならないけれど
時々、子供だからいいでしょ、年寄りだからいいでしょ、当たり前でしょという
雰囲気の人いる。そういう人には、「並んでますよ」と言う。怖そうな人でも
迫力満点のおばさんにでもいう。悪いと思っていない人の割り込みは嫌いだな。

それ以外には、何にも当てはまっていなかった。

人に待たされるのは気にならないけれど、休日丸一日時間があるのに、
3時頃や夕方から予定を入れるのは苦手。
遠出ドライブなら6、7時には出かけたいし、買い物なら10時には
待ち合わせしたい。休日にびっしり予定を入れたいとは思わないけれど
中途半端な時間の無駄は嫌い。早く用事をすませてのんびりしたい。

>うつになりやすい5つの要素。
>「真面目、几帳面、ためこみやすい、こだわりが強い、気を使う」

汚れたテーブルは拭くし、ずれたイスは直す。それは普通だと思う。

私は、真面目でこだわりは強いけれど、ためこまない。必要以上に人に
気を使わない。

自分にとってこだわりが強い部分はゆずれないけれど、こだわっていない部分は
柔軟に受け止める。

たぶん、その違いが私がうつになるかならないかの違いかなと思う。

私の身近にもうつの人がいる。その人は、すべてのことにゆずらない。

ときに、「まっいいか」「こんなもんでいいかな」と適当になれることも
大切だと思う。自分が適当になれないと思っていても、この程度なら
自分に無理がないと思う限界を見つけることも大切なのだ。

他の人にどう思われようが、何をいわれようが自分がこれで満足と思ったら、
他の人の顔色を見ることなんてないのだ。
出来ない時には、出来なくてもいいのだ。

重症喘息真っ只中だった頃の私は、「こんなもんでいいかな」なんて
絶対に思えなかった。すべてに完璧でありたかった。でも、喘息発作のため
すべてが思うように進まない。すべて抱え込んで、つらくてつらくて
私が生きている価値はあるのかな?と思っていた。悲しかった。
そのままだったら、私はうつまっしぐらだったと思う。

でも、入院中、看護師さんの「気を遣いすぎ!」の言葉ですべてが吹っ切れた。

人の顔色を伺うのはやめようと思った。
完璧じゃなくてもいいんだと思った。
心に思っていないことは口にしないことにした。
自分が感じたことは心に閉じ込めるのではなく、声にしようと思った。

今の私は、心がすっごく軽い。
嫌なことがあっても、「まっ、こんな日もあるよねー。」と軽く流す。
そのことをうじうじ考えるとどつぼにハマるのは分かっているから、
別のことに心や頭を切り替える。無理にでも切り替える。

何度かこのブログに書いたことがあるが、私は小学生の頃から
「明日は今日よりも嫌なことが起こる」と覚悟して次の日を迎える子供だった。
保健室から出られなくなることもあった。腕や口の中を噛んで傷つけたこともあった。

もし今なら、精神的な問題の薬を使われていただろうか?

でも、私なら、薬でその気持ちを和らげるよりも、つらい、悲しい、苦しいと
考えない気持ちの開放の仕方を教えて欲しかったと思う。自分が少しでも
楽しいと思えることを広げるヒントを欲しかったと思う。

心はいつどうなるか分からない。

でもうまく自分の心をオープンにしながら、心がずんと沈んでしまわないように
心に強い負担やダメージをストレートに受けてしまわないように、そのダメージを
うまく逃がしながら自分自身でガードしていきたいと思っている。

心は弱くて当たり前。ダメージの衝撃をどう受けるかは、自分の腕次第なのだ。

私は、このような自己暗示をよく使う。これもいい方法だと思っている。
弱っている時ほど強気でいく。

うつの話から脱線してしまいました・・・。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

「あのニュースで得する人損する人、大人ぜんそく」 [テレビ放送]

テレビ番組「あのニュースで得する人損する人、大人ぜんそく」は、
「大人になってかかる子供の病気」というテーマ名だった。
私は、成人喘息なので、喘息が子供の病気というイメージはないかな。

大人ぜんそくの兆候として、血液検査などでは判別しにくいとか、
深夜咳が出る、運動がきっかけで咳が誘発されるなどと言われていたが
呼吸器検査の一秒率である程度分かるのではないかな?
また、咳喘息の場合、咳が出ても喘鳴が出ないことが多いため、
音がしないから風邪・・・とは決めつけられないと思う。

大人ぜんそくの話をする前に、詳しく説明した方がいいのは咳喘息だと思う。
いきなり、突然ぜんそくなるとか、窒息死することがあると言われても
恐怖心をあおるだけではないだろうか?最近の喘息とりあげ番組は、
大げさすぎる。

風邪をひいた後に咳だけが長引くことが何度も増えたり、風邪の後の咳が
数か月続くようになって咳喘息になり、その咳喘息を治療せずに
そのままにしておくと喘息に移行していく可能性が高くなると私は考えている。

咳喘息のうちに、吸入ステロイド薬で気管支の炎症を治療すれば、喘息に
移行することを防ぐことが出来るかもしれないのに、医師は「風邪です」と
いい、風邪薬を処方することがある。
または、咳喘息の場合、吸入ステロイド薬単品でも十分なのに、合剤や
気管支拡張剤を処方する。

初めて喘息と診断された患者は、吸入ステロイド薬を怖がったり、気管支を
広げた方が喘息にいいという思い込みから気管支拡張剤を使いすぎてしまったり、
咳止め薬のように考えてしまう。私は、吸入ステロイド薬よりも、気管支拡張剤の
方が怖い薬だと思っている。また、喘息の気管支は、自力で回復する力を持っているから
長時間作用型β2刺激薬(LABA)にいつまでも頼り続ける必要はないと思っている。

再現VTRでは、喉からひゅーひゅー音が聞こえてくると言い、喉をおさえていたので、
慢性気管支炎ではないか?と思った。喘息の場合は、胸のあたりの気管支が
詰まった場所を抑えるのではないだろうか?
または、私のように、喉の奥の奥に腫れを起こし、窒息状態になったのでは
ないだろうか?私はこの症状は、喘息ではないと思っている。
私が以前起こしていた重症喘息発作時の症状とは違っていたので、不思議に思うことが
たくさんあった。

また運転中に突然呼吸苦に襲われたところにも疑問を感じた。
あの俳優さんは、喫煙していたのではないのかな?
でも、喫煙者だったならば、長年喘息に苦しみながら、タバコを吸い続けただろうか?
たった1度の風邪だけであんなに重症化していくものだろうか?
他に何らかの原因があったのではないだろうか?

大人ぜんそく増加というが、逆流性食道炎の人も多いのではないかと思う。
その咳も見逃されている気がする。

喘息を持っていて、においが分かりにくい人は医師に相談して下さいと言っていたが
その相談にのることができる医師はまだ少ないのではないだろうか?
ぜんそくを知るべきなのは、患者よりもまず医師なのではないだろうか?

「専門医へ」と言い方をすることもあるが、喘息薬は内科でもたくさん処方しているのだから
内科医も喘息、咳喘息、アスピリン喘息など様々な喘息のことを知って欲しい。

風邪のイガイガは、緑茶や紅茶のうがいをしたり、龍角散のど飴などをなめたり、
アズレンのどスプレー(アルコールに過敏でなければ)をして、イガイガをその日のうちに
消してしまう。
咳が出る時には、冷たいものや刺激のあるものを飲んだり食べたりするのを控える。
寝ようと横になると咳が出やすい時には、食べてすぐに寝ない。満腹まで食べない。
風邪の鼻水で鼻が詰まっていても、口呼吸にならないように気を付ける。
咳が出やすい時に、においが強いもの(香水、ヘアケア剤、柔軟剤、漂白剤など)を避ける、または
控えめにする。

風邪から長引く咳にならないように、気を付けることが大切だと思う。

それよりも大切なのは、風邪をひかないことかな。

「寒い」と感じる服装のままにしない。いつも上着や下着などで体温調節しやすい状態にする。
シャワーだけにせず、毎日お風呂に入って、冷えない身体をつくる。
これが私の風邪予防法。

私と同じ予防法や対処法をしている周囲の人は、風邪をひかなくなったので、うれしい。

・・・私のように、風邪からは喘息発作が起こらないこともあるので、原因は風邪だけと
決めつけずに咳が出る原因を見つけることも必要かな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

世界一受けたい授業「咳は身体の異常警報」 [テレビ放送]

テレビ番組「世界一受けたい授業」で咳の話をしていた。

おおごとのように話していた割には、短い時間に詰め込みすぎて、あまりよく
伝わってこなかった。

1.外に出た時の咳は、気管支の繊毛が抜け、咳が出やすくなっている。
 ハウスダストの咳にはトマトのリコピンがいい。トマトジュースがいい。
2.動いて息切れした時に出る咳は、COPD。
 肺を老化させないためには、部屋をキレイにする。適度な運動をする。
3.寝ている時に出る咳(起き上がると咳が治まる)は、心臓の異常を知らせるシグナル。
 心臓のポンプ機能が弱まり、横になると水分が肺の周辺に集まり咳が出る。
 水分をとりすぎない。咳を抑えることが出来る飲み物は、ホットコーヒー。
(簡単に書きとめたものなので、間違いがあるかもしれない。)

私には、かなり違和感がある内容だった。咳喘息についても簡単すぎる説明だった。
せっかくいろいろな内容が出ているのに、残念に思う。

1について私が感じたこと。

トマトがいいと言っていたが、私は、トマトを食べると喘息発作を起こす。
「トマトがいいと言うから」と続けていると、トマトに過敏に反応してしまう
こともあるだろう。トマトを食べた時に、喉が痒くなったり咳が出る時は
無理に食べない方がいいと思う。
咳止めにトマトと勘違いしている人もいるようだが、番組では「ハウスダストの咳」と
言っていた。トマトがアレルギーに効果があるだけではないだろうか?

また、ホコリなどを吸い込んで咳が出るなら、口呼吸になっている可能性がある。
口呼吸を鼻呼吸に治した方が絶対にいい。口から冷たい空気を吸うから咳が出るのだ。

2について私が感じたこと。

COPDが原因で壊れた肺は、治らないのではないだろうか?
大切なのは、COPDの検査をし、COPDと診断されたなら薬の治療を受けることだと思う。

時々、喘息の話をしていると、気管支の詰まりや収縮よりも、息切れ中心の話を
する人がいる。そういう方々は、肺が弱っているのではないだろうか?と
思っている。そういう人こそ、肺を強くしてみてはどうだろう?
息切れするから動かないということが、肺をさらに弱め、息切れしやすい身体を
増々作ってしまうのではないだろうか?その人に合った治療法が見つかればいいなと思う。

私は、長年咳をしているが、肺には異常がない。気管支の収縮や詰まりで
呼吸苦や呼吸の荒さを感じることはあっても、動いた時に起こる息切れを気にしたことがない。
それが、気管支と肺の炎症の違いではないだろうか?

3について私が感じたこと。
心臓の異常を知らせるシグナルとして出る咳なら、コーヒーのカフェインは
心臓に負担をかけてしまうのではないだろうか?
過剰な水分摂取以外にも、過食にも気を付けた方がいいと思う。
過食も心臓への負担を増やす。
寝る直前に食事をしたり、満腹になるまで食べるのをやめた方がいいと思う。
心臓が原因かもしれないなら、咳をコーヒーで止めるよりも、病院に行って
検査を受けた方がいいと思う。

咳が出ると、すぐに咳止め薬を飲み、咳を止めようとする人が多い。
でも、私は、絶対に咳止め薬は飲まない。何が原因で咳が出ているのかを見つけ、
気管支の炎症を吸入ステロイド薬を使い、抑えていく。喘息の場合は、長期に
吸入ステロイド薬を使うことが多いが、咳喘息なら、短期間、吸入ステロイド薬を
使うことで気管支の炎症を抑えることが出来ると思う。

気管支の炎症が原因で起こっている咳なら、我慢しすぎずに炎症を早めに治療して
欲しい。吸入ステロイドが怖いと薬を使いたがらない人がいるが、私からすると、
我慢しすぎて咳喘息が喘息に移行してしまうことの方がずっと怖い。

咳喘息なのに、合剤を処方する医師もいるが、まずは、吸入ステロイド薬単品で
咳喘息の治療をして欲しい。咳喘息に気管支拡張の薬は必要がないと思うから。

吸入ステロイド薬は、パウダータイプとエアタイプがある。パウダータイプを
使った時に喉の違和感や副作用が強く出るようなら、医師に話して、
粒子の細かいパウダータイプやエアタイプに替えてもらうことも出来る。
自分に合った薬を見つけることも大切。

長引く咳は、怖がるよりも、原因を探り、症状に合った治療をすることが
大切だと思っている。怖がってばかりでは何も始まらない。

咳込んで肋骨が折れることもあると言っていたが、身体を大きく揺さぶらないように
猫背のように身体を丸めて、神様に祈るように胸のところに軽く手を置いて
咳をすると、少しは予防になるのではないかと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

呼気NO濃度測定機器 [テレビ放送]

先日テレビで「喘息患者は、吐いた息に含まれる一酸化窒素(NO)の濃度が
高くなる」と放送し、小型の機器を使って測定していた。他の病気では
喘息ほど数値があがらないようだ。

「呼気NO濃度測定機器」ってどうなんだろう?

風邪か咳喘息か喘息か逆流性食道炎なのか、心因性かそれとも他の病気なのか
見分けられない患者に使えないだろうか?喘息のことを良く知らない医師の
病院でも活躍するのではないだろうか?

ただ、一酸化窒素は、吸入ステロイド薬をすでに使っていたり、鼻炎を持っていたり、
たばこを吸っていると数値が低くなるらしい。

でも、長引く咳の原因が分からず、どんな治療をしていいのか、自分は
いったい何の病気なのか迷っている人には、治療のきっかけになると思う。

長引き始めた咳や咳喘息のうちに判断できれば、喘息に移行してしまう前に
的確な治療が出来るのではないかな?

咳喘息か喘息か。本当のところ、私はどっちだっていいと思っている。
喘鳴のあるなしもそう。喘鳴があってもなくても、原因不明の長引く咳が
あるなら、なぜ咳が出るのか、どんな治療をすれば治まるのか考えていくしかない。
気管支が炎症を起こして出ている咳ならば、炎症をしっかりと治療すればいい。
ただそれだけ。

今、喘鳴がなくても、気管支の炎症で起こる咳をずっと続けていれば
喘鳴が出るようになる可能性がある。そうならないために炎症を治療する。

喘鳴が頻繁に出るようになってからでは、治療にも回復にも時間がかかる。
それなら、喘鳴がないうちに、しっかりと炎症を抑えたい。

呼気NO濃度測定機器の使用で、初期の咳喘息患者、喘息予備軍を発見し、
気管支の炎症を治療できればいいのにと思う。

喘息って昔からある病気なのに、判断基準が病院ごとに曖昧すぎると思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

駆け込みドクター!「知らないとコワイせきSP」 [テレビ放送]

駆け込みドクター!「知らないとコワイせきSP」
「ぜん息で命を落とす」
喘息死が減少しているなか、無駄に恐怖をあおる言葉だと思った。

登場した女性が「新しい家具」を購入した後に発症したと言っていたのに
そのことには触れられず、ハウスダスト中心だったことが残念だ。

>喘息とは、
>8週間以上咳が続く
>かぜのたびにせきが長引く
>夜中に咳がでる

かぜをひいていなくても、咳が出ることがある。最初は日中だけの
咳で夜中には咳が出ないこともある。

>大人喘息の原因 ハウスダスト(ホコリ、カビ、ダニ)

大人の喘息、成人喘息は、非アレルギー性の可能性も高いので、
原因が風邪やアレルゲンだけではないと思っている。

「まずは呼吸器科や専門医に」という勧め方だったが、
咳をする患者が増えているというならば、内科医でもきちんとした
受診が出来るようにすればいいのに。

何時間も待って呼吸器科にかかったのに、風邪と言われたことがある
私にとっては、呼吸器科だからといって確実にきちんとした治療が
できるとは思っていない。

内科医が簡単に喘息薬を処方できるのだから、内科医も責任をもって
喘息をよく知るべきだと思う。

咳喘息と喘息の区別をしないまま、咳喘息の患者に合剤を処方する
医師にも疑問を感じている。

この番組では、咳喘息にはまったく触れていない。今、喘息のことを
放送するなら、咳喘息と喘息についての違い、治療方法の違いを
説明した方がいいのではないだろうか?

散々恐怖をあおった割には、たいした内容ではなかった。
15年間掃除していない部屋なんて、怖すぎて、早送りをした。
健康な人でも咳が出ると思う。

この番組で勉強になったのは、誤嚥性肺炎について。

>誤嚥性肺炎 激しい咳、高熱、色の濃い痰。
>食べ物をあやまって飲み込む以外にも、唾液や分泌物の細菌、
>逆流性の異物が原因になる。

>予防の意識をもつ。口の中を清潔にしておく。
>食後2時間は横にならない。誤嚥の原因を防ぐこと。

飲み込み障害のレントゲン映像はとても分かりやすかった。
親や親類などが食事中に咳をすることがあったので、誤嚥性肺炎は
前々から気になっていた。

>飲み込み障害度
>1 物をのみこみにくい
>2 よだれがやたらと出る
>3 食べるのに時間がかかる
>4 食事の時にむせやすい
>5 物を飲み込んだ後に声が変わる
>1つでも当てはまる場合は注意。
>意識的に2度飲み込むことも有効。

>誤嚥を防ぐべー体操
>1 舌を口の奥に引き込む
>2 口の両端をなめる
>3 鼻をなめる(届かない時には、鼻をなめるような感じに)
>飲み込む力が鍛えられる。

食事中に咳込みやすい人に教えたいと思った。
私も喘息になりたての頃は、よく食べ物が気管に入っていたので
再びならないように、今から予防しておきたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

きょうの健康「増えてきた慢性副鼻腔炎の新タイプ」 [テレビ放送]

きょうの健康「増えてきた慢性副鼻腔炎の新タイプ」を観た。再放送かな?

慢性副鼻腔炎には、非好酸球性副鼻腔炎(蓄膿症)と好酸球性副鼻腔炎が
あると言う。

私が好酸球性副鼻腔炎の症状を発症したのは、20年ちかく前のこと。
いまさら新タイプと言われても・・・?もっと早く気付いて欲しかったよ。

慢性副鼻腔炎と人に言うと、「ああ、蓄膿症ね。」と言われることが
多いが、私は、上顎洞に膿がたまっていない。頭痛も目の疲れもない。
蓄膿症と言われることがずっと疑問だった。

非好酸球性か好酸球性かの違いにより、症状の場所がまったく違うことが
この番組を見てよくわかった。患者を診察した時に、この違いを見つけて
くれる医師がどんどん増えればいい。見逃す医師が多すぎる。

この番組に出ていた医師は、好酸球性副鼻腔炎の原因を、
ウイルス、細菌、カビ、ハウスダストと言っていた。またそれか。

私の鼻ポリープを診た医師は、私が花粉やカピ、ハウスダストなどの
アレルギー反応がないと分かると、ウイルスや細菌が原因ですと言い、
抗生物質を延々と処方し続けた。

私の症状には、まったく効かない抗生物質を。

ウイルスとか細菌として片付けてしまうことにがっかりする。

10年以上抗生物質を飲み続ける意味は本当にあるの?

その薬には、明らかに効き目がないということでは?

その頃は、医師から処方された薬を飲み続ければ、いつかは快方に
向かうと信じていてけれど、もう信じていない。私の症状には、抗生物質は
効かない。もう二度と飲まない。私の鼻炎は、ウイルスでも細菌でもない。

私の鼻ポリープは、揮発性の強い化学物質や刺激の強いにおいを発するもの、
特定の食べ物に過敏に反応する。特定のアレルゲンはない。

こういう症状があることを知って欲しい。理解して欲しい。

アレルギーやウイルス、細菌だけで片付けないで欲しい。

嗅覚障害の検査の話をした時、にんにくで検査すると言っていた。

私なら、においがするかどうかの前に、強い喘息発作を起こすだけだ。
わざわざ検査するまででもないと思った。

私が嗅覚障害を起こし始めた頃のきっかけは塩素やたばこ、
化学薬品のにおいだった。

ウイルスや細菌、アレルギーだけに特定して欲しくない。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

惜しいテレビCM [テレビ放送]

観た時に「惜しい!」と思ったテレビコマーシャルがある。

龍角散だ。

CMでは、
「母が朝の喉が怖い」という原因は、寝ている間の口呼吸だと言う。
「龍角散で喉を守れば朝は怖くない。」と。

朝の喉の痛み=口呼吸をとりあげてくれたことは、とてもうれしいこと。

口呼吸が朝起きた時の喉のイガイガや痛みにつながっていることが
多いのに、それを言っても信じずに、「喉が弱いからだ」と片付ける人が多い。
喉が弱い強い関係なしに、口呼吸をしていれば、だれでも喉のイガイガに
つながってしまうのに。

だからといって、CMのように喉を守ればいいのか?というとそれだけでは
ないと感じる。

鼻炎を起こしていると口呼吸になりやすい。鼻症状を改善させて、鼻呼吸
できる状態にすることが炎症を起こしやすい喉を作らない方法だと私は思っている。

鼻炎症状はないのに、口呼吸になっているなら、癖づいているのではないだろうか?

くちびるの中央だけに1センチ幅くらいの肌に貼れるテープを貼っていると、
口呼吸から鼻呼吸への癖づけができるようになる。(口全部はふさがない。)

私は、朝起きて喉がイガイガした時には、緑茶でうがいをしイガイガを消す。
そして、夜、テープを貼って寝る。1日だったり、2日連続だったり。

すると、喉のイガイガを起こさなくなってくる。もともと鼻ポリープがあるため、
100%鼻呼吸には戻らないが、少しでも鼻呼吸の癖づけがあれば、
喉の痛みを防ぐことができるのではないかと思っている。

最近の私の場合、朝起きた時の喉のイガイガは、鼻の症状がよほどひどい時だけで
滅多に起こらなくなった。

私は、粉末が気管支に入りやすいため、龍角散は使わないが、龍角散のど飴は
冷蔵庫にいつも入っている。旅行に行く時には、コンビニや薬局で買う。

風邪ひき始めの喉のイガイガの時にも、緑茶でひたすらうがいをするとイガイガが
消えることが多いのだが、それでも消えないイガイガは、龍角散のど飴頼りだ。
喉のイガイガのうちに消してしまえば、ひどい風邪にはつながらない。

喉を保護しながら、鼻呼吸を癖づけながら、喉の怖さを防げたらいいなと思う。

喉の保護だけでなく、鼻にも注目して欲しい。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

足育(そくいく) [テレビ放送]

喘息発作を気にせずに、自由に歩くことが出来るようになったことで、
歩く時間が増々増えた。

地面をしっかりと踏んで歩いている実感もわいてきた。

でもなんとなく足がいまいち。悪い癖のまま歩いている気がする。

おそらく、長年の腰痛や膝痛をかばった歩き方や足の小指の変形が問題なのだと思う。
今は腰痛も膝痛もないが、かばう癖だけが残ってしまった。

その話を友達としていたら、「テレビで足育(そくいく)という特集をやっていたよ」と
言われ、検索したところ、ホームページを見つけた。

私の足の指も浮き指や屈み指(かがみゆび)だった。
女性の7割がこの浮き指だという。

ホームページに写真付きで載っていた足の指を広げて伸ばす「ひろのば体操」を
やってみた。(交互に5秒間ずつ、5分ほど行う)
(1)足の指先を手の指の間に入れる  (2)手の指で足の指をつかむ
(3)足の指を甲の方へ伸ばす     (4)その後足の裏側へ伸ばす

やってみると、足の指が伸びて気持ちがいい。3、4日続けている。

次に散歩に行った時に、少しでも変化があるといいな。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

ザ!世界仰天ニュースアレルギースペシャル Part11 [テレビ放送]

昨日の世界仰天ニュースは、アレルギースペシャルだった。

>「命をおびやかす匂い」
>イギリスに住む男の子が離乳食を始めると、粉ミルクに反応し蕁麻疹。
>重度のアレルギーと診断。乳製品、卵、小麦、大豆にアレルギーを
>持っているとわかる。米、野菜、果物、鶏肉が食べられることが分かり、
>専用の棚やオーブンを置いた。

>ピザのチーズのにおいでもアレルギーを起こす。
>ドライフルーツの亜硫酸塩にも反応。 
>アレルギーフリー食品というアレルギーの特定原材料をまったく使用しない
>場所で作られた食品を食べ始め、症状が安定。

小さいうちから重度に反応してしまうのは、かわいそう。

私はにんにくのにおいで鼻閉、鼻水、喘息発作を起こす。
この男の子がピザのチーズのにおいでアレルギーを起こす感じがとても
よくわかる気がする。

食物アレルギー持ちにドライフルーツはやめた方が絶対にいいと思う。
私もドライフルーツを食べると喘息発作が起こる。

いいなあ、アレルギーフリー食品。
にんにくも表示義務の中に入って欲しいなあ。

ゲストがアレルギー検査をすると・・・。

生卵がだめだと言っていた野口さんは、アレルギー反応なしだった。
でも、お腹を壊すらしい。これは遅延型アレルギーというそうだ。

私も生卵で何度か蕁麻疹を起こしているが、食べて数時間してから
症状が出ていた気がする。火が通っていれば問題がない。

羽鳥さんは、スギ花粉症。

菊地さんは、ハウスダスト、ダニ、シラカバ、ヒノキ、桃、りんご、ピーナッツ・・・。
すごいことになっていた。ご本人が言っていた通り、年中無休だ。
ピーナッツを食べていると言っていたが、呼吸困難を起こさないためにも
絶対に口にしないで欲しいと思った。

>「アレルギーナゾの病院」
>ウクライナの女の子の話。オレンジジュースを飲んだ後、背中に赤い発疹。
>オレンジアレルギーと分かる。
>3歳の時、咳が止まらなくなり、風邪による気管支炎と診断。
>専門医の診察を受けると、小児ぜんそくと診断。
>幼少期のぜんそく発症は、アレルギーを含む遺伝的体質が原因らしい。

>発作は夜がひどく、気管支拡張剤を使用。週に2、3回、または毎日起こることも。

>髪の毛を洗っていると、シャンプーに反応し発作。
>ナッツ、チョコレート、はちみつでも発作。

>吸入ステロイドの使用で発作が月に1回ほどに減ったが、
>9歳の時、授業中、突然喘息発作。
>その後、図書館で発作。
>カビやほこりの多い室内に入ると咳が止まらなくなった。
>シーツやまくらカバーも毎日かえたが、学校を休む日が増えた。

>その後、アレルギー専門の病院に行くと、ヘルメットをかぶり地下へ。
>地下288mの洞窟。
>床も天井も壁もすべて岩塩。そこには、「塩シンフォニー病院」

>気温16度、湿度35%と安定。(数値が間違っているかも。)
>治療はそこで過ごすだけ。
>発作を起こすことなく、回復した。
>地下にいるのは1日最長16時間。食事やシャワーは地上で。

>普段の生活にもどっても、当分の間、発作が起こらないようだ。
>14日間の入院で11万円。

>現在13歳。発作もアレルギーもなくなったそうだ。
>シャンプーもナッツも問題なくなった。
>治癒ではなく、「寛解」という、症状が安定して落ち着いている状態。

酸素は薄くないのかな?
気温や湿度が高すぎない場所での生活は、快適そう。

発作を起こさない時間を長く続けることは、気管支が強くなる
時間を作ることなので、とてもいいと思う。
気管支の炎症がなくなれば、反応するものも減っていく。

この病院のように薬を使うことなく、小児喘息をいい方向に導ける病院が
日本にもできればいいと思う。

世の中は、化学物質が溢れている。どんどん過敏な子供が増えそうで心配だ。

伊勢谷さんが、花粉症治療を受けていた。
リノライトという光で治療する機械。痛みもなく、鼻の中に片側2、3分間
あてるだけでいいらしい。今、小型を作っているそうだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ザ!世界仰天ニュース アレルギーSP [テレビ放送]

今夜のザ!世界仰天ニュースはアレルギー特集だった。

1人目、にんにくアレルギー。にんにくを食べると喘息を起こす女性。
にんにく、にんにくと同じユリ科のたまねぎに注意して生活。

同じ人がいた!いるんだ!

私は、にんにくが入った料理を食べると、喘息発作や鼻炎、
呼吸困難を起こす。どんなに少量でも。
その女性も外食の時に、にんにくが入っているかどうか店員さんに
確認すると言っていた。同じだ。
店員さんに「にんにくが入っていますか?」と聞くと、返ってくる答えは
「にんにくがお嫌いですか?」が多い。にんにくは、好きでも嫌いでもない。
ただ、食べるとひどいことになる。
今夜この番組を観て、にんにくアレルギーやにんにく喘息がもっともっと
知られるといいな。
病院の先生でさえも、あまり理解してくれないにんにく喘息を
もっともっと知って欲しい。

2人目、銀アレルギー。銀が入った下着でじんましんが出て
アナフィラキシーショックを起こす女性。銀を避けて生活。

私は卵としいたけでしか じんましんを起こしたことがないが、
喉の腫れた感じは何度も経験がある。風邪で腫れるのとは違う。
喉の奥の奥の腫れが喉を塞ぎ、呼吸困難になる。
彼女の映像をみて、その苦しさを思い出した。
私の場合は、ステロイド吸入やステロイド点滴をする。
この喉の腫れで起きた喘息発作には、気管支拡張剤は効かないが
彼女は、アナフィラキシーショックを起こした時、アドレナリン注射をして
気管拡張の吸入をしていた。

3人目、カレースパイスアレルギー。カレーのにおいでも食べても
苦しさやじんましんが出る女性。
カレースパイスのパッチテストでアレルギーの出るスパイスを見つけ、
そのスパイスを除いたカレーは問題なく食べられた。
ヨモギ、ブタクサにアレルギーがある人は、クミンやコリアンダーに
アレルギーを起こす可能性があるらしい。

彼女は、カレーを作るだけでもじんましんを起こしていた。
私もにんにく料理が目の前にあるだけで喘息発作を起こす。
食べなくても反応する人はいるんだ。同じだ。
今まで理解されることが少なかったので、同じような思いの人がいるんだ、
理解している人もいるんだと思った。
私もカレーで喘息発作を起こすことがあるので、もうしばらく食べていない。
彼女が10年ぶりくらいにカレーを食べる姿をみて、感動した。
よかった。本当によかった!

4人目、酢昆布アレルギー。酢昆布を食べると、じんましん、呼吸困難を起こす女性。
パッチテストで単体では問題ないが、酢と昆布の組み合わせがアレルギー反応を
強く起こしてしまうと分かる。

食物で出た呼吸困難は、数時間たつと治まってくることが多い。
苦しさで意識を失った彼女が意識を取り戻して本当によかった。
もっと強く呼吸困難を起こすと、死ぬ可能性もあるので、怖い。

ゲストの東貴博さんは、桃でアレルギーを起こすと言っていたが、
アレルギー反応はなかった。吉川ひなのさんは、しょうゆでアレルギーを起こすと
言っていたが、大豆のアレルギー反応はなかった。
「アレルギー反応はないでしょ。番組に出るためでしょ。」とみんな笑っていたが、
私には笑いごとじゃなかった。
私は、にんにく、りんご、大豆、どれもアレルギー反応はない。
でも、にんにく、りんご、しょうゆで喘息発作や呼吸困難を起こす。

いつどんなアレルギーを起こすか、分からない。
昨日食べられたものが、今日から食べられなくなるかもしれない。
食後に咳やじんましん、喉の奥の腫れや呼吸困難を感じたら、自分がなにに
反応したのか、しっかりと原因を見つけて欲しい。

日本ではあまり行われていない遅発性のIgG抗体を調べる検査があるらしい。
もっとよく知りたい。

私のにんにく喘息の症状 http://miyabinoshinkokyu.blog.so-net.ne.jp/2009-04-25
nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:健康
テレビ放送 ブログトップ