So-net無料ブログ作成
日記(2015年) ブログトップ
前の30件 | -

冬至かぼちゃ [日記(2015年)]

私は、嗅覚障害のため、味覚障害も起こしている。
味覚が非常ににぶい。

煮物やお味噌汁などの微妙が味付けが分からない。

もともとお味噌汁が嫌いなのでお味噌汁は飲まないが、
大好きな煮物を作らなくなっていた。

今日、スーパーでかぼちゃを見て、食べたくなった。

種をとってラップをかけて、レンジで2分。それから切る。
薄めためんつゆで軽くゆでてから、その汁を捨てる。
水、しょうゆ、砂糖を入れる。みりんは喘息発作を起こすため、入れない。

かぼちゃの煮物は、ぐちゃぐちゃしたものよりも、
鋭角のまま、箸で持っても崩れない状態が好き。
かぼちゃの甘さを味わいたいから、味は薄め。

味覚障害だから、煮物は作れないと思っていたけれど、
かぼちゃの甘さに助けられて、とても美味しいかぼちゃの
煮物が出来た。

思っていたよりも、味覚があったことがうれしかった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

人の表と裏 [日記(2015年)]

私は、表と裏のある人が苦手だ。

表では、「それいいね、私も欲しいな、私もやりたいな」と
言いながら、裏では、陰口を言っていたり、「なぜ、そんなことに夢中に
なるのかわからない」と否定的なことを言ったりする。

「それなら、表でも、私は興味がないと言えばいいのに」と言うと、
表向きとか合わせることも大切でしょと言う。

結局は否定していることを合わせる必要があるのかな?
私にはまったく理解できない。

表では、にこにこいるのに、裏でころっと変わる。怖い。気持ちが悪い。

私にはまったくそういう人たちの行動が予測できないから、子供の頃から
苦労をした。仲の良い友達が「あの人は口先だけだよ」と教えてくれるから
「そうなのか、そういうことがあるのか」と気づいた。
その場しのぎのおべっかのようなものや嘘が見抜けない。

面倒な人たちだなと思う。思ってもいないことをわざわざ言うなんて。

私は、興味がないことは興味がないと言う。
勧められてもやらないことはやらないと言う。
その人が興味を持っていること、楽しんでいること自体を否定する気持ちはないが、
自分もさもやりたげで、興味ありげな反応はしない。

だいぶ大人になってやっと、この人の言っていることは、心にもないことだなと
気付けるようになったけれど、なぜそんなことを言うのかいまだに理解できない。

とても気を使わなければいけない人なら、「いいですね」と言うかもしれないが、
「私も欲しい、私もやりたい」とか、陰で悪口とかは言わないな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

掃除が好き。片付けが好き [日記(2015年)]

掃除は毎日する。

ハンディワイパーでほこりを拭いた30分後くらいに
クイックルワイパーや掃除機を使う。

喘息がひどかった時には、ほこりを吸い込むと喘息発作を起こして
しまうから、週1、2しか掃除ができない日もあり、悪循環だった。

毎日掃除をすれば、ほこりはたまらないし、ほこりで喘息発作を
起こすことを防ぐことが出来る。

月一しか掃除をしない部屋は考えただけでぞっとする。
テレビでみかける片付けられない人の部屋を見ると吐きそうになる。
食べたものをそのままにしておくなんて、考えられない。
テーブルの上には、食事やお茶の時にしか食べ物や食器を置かない。
部屋のごみ箱は半日や1日ごとに捨てる。

窓の桟や網戸は、窓を開ける時にウェットティッシュで拭く。
窓ガラスも開けるたびに布で拭く。

部屋の空気も違ってくる。

クローゼットや棚や下駄箱は、開けて、除湿器をかける。

すべてのものは、使い終わってすぐにもとあった場所に戻す。
置いたままにしない。長い間使わないものは、捨てる。
余分なものは買わない。予備は1、2個まで。

つやつやな棚は気持ちがいい。
色が並んだクローゼットやタンスの引き出し、靴箱も気持ちがいい。

掃除も片付けも楽しいな。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

自分の色、自分の形 [日記(2015年)]

これまでも書いたことがあるが、重症喘息だった頃の私の服装は、
全身黒ずくめだった。

コート、トップス、ボトムスやスカート、靴もバッグも黒。

時々グレーが入るくらい。

タンスを開ければ、黒かグレーばかり。
そのグレーも淡い色ではなく、濃いグレー。

その頃は、生きていることに精一杯で服装を考える余裕もなく、
日々気持ちが沈んだままだったから、黒ずくめの服装に違和感を
感じることがなかった。

黒一色、それが普通だった。

喘息がコントロールできるようになってきてからは、「黒のままじゃ
いけない」と思うようになり、次第に「黒は着たくない」という思いに変わり、
原色やパステルカラーの服を選ぶようになった。

クローゼットの中には、礼服と礼服用のコートがあるくらいで、
黒い服を持たなくなった。

普段の服装に、黒はない。

明るい色の服を着ると、気持ちも明るくなるのだなと思った。
今、黒ずくめの服装が出来るかな?と考えると、黒ずくめは嫌だな、
もう着たくないなと思う。

去年は、この色が好きだなと思う色の服を選んでいた。
今年は、自分に合う色、顔色が明るく見える色を選ぶようになってきた。

どんな色が自分に合うのか、どんなデザインの服装が合うのか
分かるようになってきた。若作りしすぎず、老けすぎず。

喘息発症前の20歳頃とはまた違う洋服選びの楽しさがある。

今年の冬は、どんな服装にしようかな。
次の季節の洋服を選ぶ、季節の変わり目がとても楽しい。
さっそくコートを2着買ってみた。次はスカートが欲しいな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

秋冬の衣替え [日記(2015年)]

薄手の秋物衣類を洗って片付け、厚手の秋物や冬物を出して洗う。

以前は、この作業が苦手だった。洗濯や片付けが苦手なのではなく、
鼻炎や喘息の症状が少しでもあると、ほこりやにおいに拒絶反応を起こすからだ。
身体が、「今ほこりは吸わない方がいい」という反応を示すのだ。

以前は衣替えに何日もかかっていたが、今は2、3日で出来る。
喘息発作が起こることもない。鼻炎の悪化もない。

喘息発作や鼻炎悪化にならない洗濯洗剤を使っていることも大きい。
もちろん、柔軟剤は使わない。

衣替えが楽になったなと思えることがうれしい。

自分が好きな服を1、2年着る。3年目には部屋着か避難リュックの中へ。

たくさん洗った服はほこりが出やすくなり、しまい込んだ衣類は
においがつきやすくなる。だから、1~3年しか着ない。

だから、高すぎず、安すぎず、ほこりがあまり出ず、着心地のいいものを買う。

今年、店頭に並んでいるのは、ニットばかり。がっかり。
ニットは、鼻炎や喘息発作を起こすから買わない。着ない。
ニット人気がなくなる年が待ち遠しいな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

空気の違和感に思うこと [日記(2015年)]

3、4日前から、空気が吸いにくく、空咳が一日中出たり、頭痛がしていた。

「風邪をひいたという自覚のない風邪もあります」と今まで何度も
医師に言われたことがあり、私自身も「そうか、風邪なのか」と思おうと
したことがある。

連日のようにこのような不調が続くと、気温差のせいなのかな?
また気温差に過敏になってしまったのかな?体調の波なのかな?と
考えることもある。

でも、やっぱり違う。

風邪をひいた時に、今日の空気は吸いにくいな、違和感があるなと思うかな?
風邪でも、気温差でも体調の波でもない。

空気に何らかの違和感があるから症状が出る。

「気持ちの問題だ」と言われることもよくある。

でも、今日は朝から、空気の違和感が少ない。空咳も頭痛もない。空気の吸いにくさもない。
気持ちの問題ではないと感じる。やっぱり昨日までは何らかの原因があったのだと思う。

私の場合、風邪をひくと、鼻炎や喘息症状がなくなる。どちらかというと、風邪を
ひいていた方が呼吸が楽になる。頭痛は、風邪の時よりも、揮発性やにおいの強いものを
吸い込んだ時に起こる。

不調の波が続いた後でも、急に呼吸が楽になる日がくると、やっぱり空気の
問題なのだなとはっきりと感じる。

今回の空気の違和感はかなり強いものだった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

アラジンさんへのお返事です。 [日記(2015年)]

アラジンさん、こんにちは。返事が遅れてすみません。
コメントのお返事が長くなってしまったので、ここにまとめて書きます。

私は、喘息の治療に自力のみは、ありえないと思っています。
起きてしまった気管支の炎症は、生活を変えたり、運動すればいいという
ものではありません。薬を使い炎症をきちんと抑えなければ、慢性化して
しまうだけです。
自力で治ったという人は、喘息ではなく、軽症の気管支炎かなにか
だったと思っています。でも、薬を処方すればいい、増やせばなんとかなると
思っているいい加減な医師もいるのが問題です。

漢方がいいという人もいますが、軽症の場合にはいいかもしれませんが、
気管支の炎症や苦しさが慢性化している人や発作が強く出やすい人には
漢方よりも西洋医学の方が早く効くと思います。ただ、西洋医学に不信感を
感じるなら、試してみるのも手だと思います。漢方にも西洋と同じ働きをする
成分が含まれているので、使用するなら、両方ではなく、どちらか一方に
した方がいいので、漢方薬剤師さんに相談して下さい。

吸入ステロイド薬がしっかりと効きはじめるには、数週間必要だと
思いますが、半年使っても一向に症状が改善しないなら、吸入ステロイドの
使い方を間違えているか、自分に合った吸入ステロイド薬ではないか、
または他の病気ではないかと疑うことも必要だと思います。

以前に比べて体重が増えたということはありませんか?
早食いだったり、満腹になるまで食べているということはありませんか?
太ったことで気管支が圧迫されやすくなり、喘息になることもあるようです。
夕食時に共通して毎回食べているものはありますか?それが合わずに
喉が拒否反応を起こして痰が出ている可能性はありませんか?
逆流性食道炎の可能性はありませんか?胸やけが起きていることが気になりました。
喘息患者の症状として、横になった時に咳が出ることが一般的だと思いますが、
アラジンさんの場合、食後に集中していることが気になりました。
喘息だと思っていたら、逆流性食道炎だったという人が時々いるようです。

私は、消化が悪く、満腹になると喘息発作を起こしていた時期があります。
満腹になると、咳や痰が出るので、一時期、腹6分目にしていました。
また、食後にブラックコーヒーを飲むと消化を助け、痰の流れがよくなる
気がします。もし、コーヒーがお嫌いでなければ、食後のホットブラック
コーヒーを試してみて下さい。胃が痛いとか気持ち悪い時は飲まない方がいいです。

合剤に気管支拡張剤をプラスして使うと副作用も出やすいのではないかと
思います。もしこのまま西洋をお使いになるのでしたら、医師に相談して
合剤だけで使用してみてはどうですか?
「一度薬を最小限にして、どの薬が自分に効くのか、合わないのか様子を見たい」と
言って、薬を減らしてもらう方法もあると思います。喘息の治療は、薬を
増やせばいいものではないと思うからです。金銭的にも身体にも自分に負担の
少ないものを見つけることがベストだと考えています。
近くに他の病院があれば、病院を変えるということも選択肢の1つですが、
どこの病院も似たりよったりのこともあるので、その時には、
自分の意見を言って理解してもらうことも方法の1つだと思います。
アラジンさんが今よりも楽に過ごせる方法が見つけられることを願っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

サモアに勝利 [日記(2015年)]

ラグビーW杯イングランド大会 日本26-サモア5

スコットランド戦では、10-45と完敗してしまった日本。
中3日の疲労は大きかったと思う。ミスも響いた。

今試合は、早いパス回しと南アフリカ戦を思い出す見事な
タックル、強い攻めの姿勢を見せてくれた。
最初から最後まですばらしい試合だった。

日本代表を観ていると、元気になる。
見事な試合を見せてくれてありがとう。勝利おめでとう。

ボーナスポイントのことを言う人がいるが、私は、リーチキャプテンの
選択でよかったと思う。日本は、サモアの攻撃をしっかり守って
いたけれど、その疲労は相当なもの。壁が破れればあっという間に
サモアの強い反撃にあってしまったと思うから、確実に勝ちに行くことが
今回の勝利につながったと感じている。1つ1つの試合を勝ちに行く
選手たちを応援したい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

お返事が遅れてすみません。 [日記(2015年)]

コメントのお返事が遅れていてすみません。
9月末あたりから、大気汚染粒子飛来の影響を受け、
疲れがたまっている状態です。もう少し落ち着いてから
お返事致します。みなさまもお身体にお気を付け下さい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

日本ラグビーに涙 [日記(2015年)]

ラグビーW杯イングランド大会 1次リーグB組
南アフリカ32―34日本

観ている途中から涙が止まらなくなった。
日本が見事に勝利した。

これほど一瞬たりとも目が離せない試合を観たのは初めて。
日本選手が一丸となって攻めたり、守ったりしていた。
相手は強豪チームなのに、負ける気がしなかった。

南アフリカチームがペナルティゴールを選んでブーイングが
起きたことに比べ、日本は最後まで勝ちを選んだ。
同点よりもトライでの勝利を。

チーム一丸となってつかんだ勝利。見事だった。
すばらしい試合を観せてくれてありがとう!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

豪雨災害 [日記(2015年)]

東日本豪雨の映像が悲しく、涙が出た。
2011年の新潟・福島豪雨、去年の広島豪雨を思い出した。
なぜこんなにも異常気象が続くようになってしまったのだろう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

季節の変わり目が以前とは違うと感じていること [日記(2015年)]

夏が終わりに近づいている。

この1、2年の私は、湿度上昇や気圧の影響で呼吸苦や喘息発作を
起こすことがまったくない。

夏の暑さ、湿度、気圧の変化、室内外の温度変化に振り回されない。

以前は嫌いだった夏が好きになっている。

夏のファッションを思う存分楽しむ余裕がある。

今年は外の空気の悪さにいまいちな日もあるけれど、それでも
毎日が喘息発作だった頃に比べれば、なんてことはない。

夏の暑さが気持ちよく感じる。

夏が終わりに近づくと、少しさびしい気持ちも出てくる。

夏のバーゲンが始まると夏の終わりを感じ、夏服の購買意欲が
なくなり、気持ちは秋の服へと切り替わる。

今年の秋はどんな服を着ようかな。

流行に振り回されることをよく思わない人もいるけれど、私は
流行に乗って新鮮な気持ちを感じることも季節の変わり目の
楽しみの1つだと思っている。いつも似たような服じゃつまらない。

医師が喘息発作時に口にしやすい「季節の変わり目だから」に
影響されなくなった私は、次の季節の服装をワクワクしながら
選んでいる。

夏服を洗濯し片付け、秋の服を出し、洗濯する。
この作業で喘息発作が起こらなくなったこともうれしい。

温度にも湿度にも季節の変わり目にも衣類のほこりにも強くなった。

1年1年、私は確実にいい方向に変化している。

生活していくなかで、楽しいと思えることがいっぱいあるって幸せだ。

季節の変わり目で起こる喘息発作は、慢性化した気管支の炎症を
しっかりと治療し続ければ、起こらなくなると感じている。

長時間作用型β2刺激薬を使用していた時の方が、季節の変わり目に
振り回されていた気がするのは、薬が気管支を広げていることで
気管支の炎症を見落としがちだったのではないかと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

生きていることに思うこと [日記(2015年)]

私は今日生きていることに喜びを感じ、毎日生活している。

数年後、生きているかどうかはどうでもいい。
長生きしたいとは思わない。
今日生きていることに意味があると思っている。

重症喘息だった頃の私は、数年後には寝たきりになっているか、
死んでいるかだと思っていた。ガチガチに固まった気管支は
簡単に気管支を詰まらせる。自力で歩くことさえすぐに出来なくなる。
一歩一歩が命がけだったから、それより良くなるなんて想像もつかず、
ただ悪化していくだけだと思っていた。

毎日が苦しくて苦しくて、酸素が思うように吸えなくて、
もう死んでもいいな、死にたいなと毎日思っていた。
若くして病気で亡くなった友達に顔向けができないから、
死にたいという言葉を口に出さないようにしていたけれど、
いつも死を考えていた。こんな状態で生きていていいのかな?
私は役立たずだと思っていた。
朝方うとうとして目が覚めた時、「まだ生きていた」と残念に思う気持ちと
少しほっとする気持ちが入り混じる。
毎日が死と隣り合わせだった。

重症喘息から抜け出すまでは、何度も悪化と回復の繰り返しだったが
発作原因を予防し、発作が起きた時にはすぐに私の喘息に合った治療をし、
発作の回数がぐんぐんと減り、発作の強度も弱まってきた。

今では、自由自在に動くことが出来る。
歩くことが出来る。走ることも出来る。スキップだって出来る。

悪化したら怖いな、息が出来なくなったら怖いなと考えずに
行動できるって幸せだ。

生きていてよかった。

それでも長生きしたいとは思わない。今日一日を大切に過ごしたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

結局は鼻 [日記(2015年)]

連日続いている空気の悪さで、鼻水と咳が出る。
気管支の収縮や詰まりはない。
以前は、気管支がすぐに悪化していたが、喘息発作が
少なくなった今の私は気管支よりも鼻の症状の方が強く出る。
雨が降ると症状が少しだけやわらぐ。

鼻ポリープが悪化しているので、化学物質、大気汚染粒子の
影響だと感じている。

そこで、薬局に行き、鼻炎スプレーを買ってみた。
添加物がなるべく少なめのもの。

朝晩2回ずつ使っていると、2、3日のうちに、症状が治まって
鼻水だけでなく、咳も治まってきた。

結局私の症状のおおもとは、鼻なのだ。

鼻ポリープが悪化するから、口呼吸になり、咳が出る。
鼻ポリープが治まれば、鼻呼吸になり、咳が治まってくる。

咳が出ている人は、「咳をとめなくちゃ」と思いがちだが、
鼻炎があるなら、まずは鼻なのだ。

鼻炎薬をずっと使い続けようとは思わないが、鼻ポリープが
悪化した時に効く薬があるのは、心強い。

なんとか悪化させずに、喘息にならないように乗り越えていきたい。
この夏を乗り越えていきたい。

夏が終われば大丈夫というわけではなく、秋にも黄砂や大気汚染粒子の
飛来は起きている。夏以上に気を付けていかなくては。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

夏バーゲンが始まると [日記(2015年)]

夏バーゲンが始まると、夏も終わりに近づいているなと感じる。
今年は、店頭に並んでいる商品が変だった。
長袖や七分袖を目にすることが多く、半袖やノースリーブを
が少なかった。日焼けしたくない人や寒がりの人が多いからなのかな?
今年は冷夏という噂でも出ていたのかな?
もっと夏っぽい服を見たかった。

今日はPM2.5の数値が非常に高い。なんだろう?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

空気が悪い [日記(2015年)]

今日は一段と空気が悪い。
キレイな空気が吸いたい・・・。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

伊方原発避難計画に思うこと [日記(2015年)]

伊方原発の避難計画のずさんさに怖くなった。船って・・・。

福島第一原発が爆発した時、避難する人たちの車があふれ、
大渋滞になった。他県に向かう道があっても渋滞し、
大パニックになってしまうのに、逃げ場のない半島の人たちは
どうするのだろう?爆発が起きているのに、シェルターに
数日とどまって・・・という気持ちになれるだろうか?

原発で働いている人が多い地域の人、原発の恩恵を受けている
人たちは、原発を稼働して欲しいと言う。稼働しようとする。

でも、いまだに解決に向かっていない福島原発の状態や
避難者たちの現状を見ると、原発を稼働しようとする考えが
まったく理解できない。安全ではないものを動かそうとする
気持ちが分からない。

福島第一原発近くを通る国道は、開通したが、
「不要不急の通行は避け、通行時は車を閉め切ってほしい」という
状態だ。徒歩、自転車、バイク不可。その車は除染しているのだろうか?
第二原発の廃炉が進んでいないことも疑問に思う。

福島第一、第二原発の事故だけでは気付かない人が大勢いることが
悲しい。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

最近の私の症状(2015/7/8) [日記(2015年)]

最近の私の症状。

大気汚染粒子か、花粉の影響なのかはっきり分からないが、咳が出る。
鼻水が出る。鼻ポリープ少々悪化。
時々夜中に咳が出て目が覚めることはあるけれど、苦になるほどではない。
1度目が覚めても、その後は朝までぐっすり眠っている。

何らかの影響を受け、喉の奥の奥が非常に過敏になっているから、
調子のいい時なら喘息発作を起こさない、または軽い発作しか起こさない
細かい食べ物、少しだけ添加物アルコールが入ったもの、胡椒やわさびなどの
刺激物などを口にしたりすると喘息発作を起こすことが増えている。
柔軟剤や香水などのにおいには、いつも以上に過敏に反応している。

喉の奥の奥と鼻が過敏。

気管支は・・・というと、咳は出るものの、気管支が詰まったり収縮するような
ことはないから、それほど過敏になっていないように思う。それだけが救い。

気管支が詰まったり、収縮し始めてしまうと、簡単に重症喘息に逆戻り
してしまうから、その点だけは十分気を付けたい。その前兆が起きたら
経口ステロイド薬を使用するか、病院に行こうと思っている。

とても調子がいいとは言えないけれど、日常生活にそれほど支障はない。

不便なことと言えば、いつも以上に食べ物に過敏になっているから、
外食には注意が必要だ。自炊なら問題ない。

咳よりも、空気や食べ物、においなどに過敏に反応して、喉の奥の奥の
浮腫が起こることの方がやっかいだなと思っている。なんとか乗り越えて
いきたい。
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

拒否反応 [日記(2015年)]

私は、陰口をたたく人が苦手だ。

このブログに書いてある私の医師への言葉も陰口のように思われるかも
しれないが、私は思ったことは医師に伝えている。このブログに書いている
考え、気持ちは、主治医、看護師、薬剤師に伝えている。そしてメモのように
このブログに記している。または、このブログでまとまったことを主治医に
話している。だから、陰口とは思っていない。

とくに女性の陰口が本当に苦手だ。

「そんなこと言うわけないでしょ。」と言いながら言う。
「そんな暇はない」「そんなこと興味がない」と言いながら言う。
接している時に話していることとは真逆のことを他の人に言う。
人のプライベートなことをあることないこと言いふらす。

若い時には驚く程度だったが、そういう人を見るたび、拒否反応が
大きくなってしまった。今では、それを少しでも知っただけで
その人と接するのがつらくなってきた。

そういう人だと思っていなかった人のそういう面を偶然見てしまった時、
その拒否反応はさらに大きい。がっかりした。この人も女性の集団の中に
いるような一人なのかと思ってしまった。

私が他人に興味がないのは、自分のことをあれこれ触れられたくないから。
必要以上にプライベートのことをぺらぺらしゃべられること、踏み込まれることに
うんざり。

これは陰口だね。

でも、私が「言わないで」と言っても、「言っていない」と言いながら言っていたり、
「あの人が聞くから話しちゃった」と無邪気?に言う人をどう止められるだろう?
女の人のそういうところ、大嫌い。面倒くさい。

重症喘息だった時は、それどころじゃなかったけれど、健康になってきて
いろいろな声が耳に入るようになってしまった。自分の器の小さいところにも嫌悪。
もっと心が大きくなりたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

黒いTシャツ、カットソー [日記(2015年)]

数年前の私は、真夏でも黒のTシャツやカットソーを着ていた。
あの頃は、黒づくめでいることに何の違和感も感じなかったな。
1日1日生きることに精一杯だった。

喘息が安定すればするほど、黒い服を着なくなった。冬でも夏でも。

黒を着なくなり、グレーや茶色を着なくなり、紺色を着なくなった。

最初は、近場ならグレーや紺色でもいいかという感じだったが、今は
どこに行くにも、明るい色を着るようになった。

暗い色の服が着心地悪く感じるようになったのだ。

あんなに普通に着ていた黒い服をまったく着なくなった。
黒い靴や黒いバッグさえも。

それだけ気持ちが明るくなったということかな。

心がとても軽く感じる。もっともっと元気になりたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

食へのこだわり [日記(2015年)]

テレビを観ていたら、365日いろいろな外食を食べたいという女優の夏菜さんが
出ていた。たくさんのお店、たくさんの料理ジャンルの中から選んでいた。

晩ごはんは何にしようかな?と思うだけで、あんなに楽しそうにできるなんて!

食べられないものの方が多い私には、まったく思いつかないような行動だった。
毎日外食なんて、ストレスのもとにしかならない。自分が作る喘息発作が
起こらないものを食べる方が安心。発作が起こらないものなら、数日同じでも
いいかなと思ってしまいがち。
外食したいという気持ちはあるけれど、発作がその楽しみを簡単に打ち壊してしまうから
外食を楽しむという気持ちが弱い。

私は普段、グルメ番組を観ない。
ほとんどのグルメ番組では、私の喘息発作原因のにんにくやアルコール類、
フルーツを使っていることが多い。でも、この番組は、私にはあまりにも
想像もつかないことだったから、見入ってしまった。

たぶん、味だけでなく、選ぶまでの過程、お店の外観、内観、店員さんの対応、
そのお店を利用した人の感想、お店に行くまでのわくわく感などがあったから、
食にこだわりのない私も楽しく観ることができたのだと思う。
私には、「この味付けがどうこう・・・」と長々とやっている番組よりも面白く感じた。

とっても楽しそうな姿に心から食を楽しめる人なのだなと思った。
何時間もかけて行きたいお店を選ぶパワフルさも圧倒された。

食べるっていいなと思える番組だった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

雨でひとやすみ [日記(2015年)]

「雨が降ると喘息が・・・」という話はよく聞く。

私も数年前までは、雨が降ると毎回喘息発作を起こしていた。

ひどかった時には、小雨が降る前に分かった。悪化するから。
熱帯低気圧が日本のはるか彼方で発生しただけで発作を起こした。
熱帯低気圧が2、3個発生した時なんて、生きた心地がしなかったな。

気管支の炎症が慢性化しなくなってからは、次第に雨に反応しなくなり、
今ではまったく反応しない。

雨が降っていることに気付かない。
気圧や前線の変化に気付かない。

それどころか、雨が降ると調子がよくなることも多い。

最近は、連日大気汚染粒子が飛来し、咳や鼻水、軽い呼吸苦を
感じていたのに、今朝の雨は、その症状をやわらげた。ひとやすみ。

生きた心地がする。気持ちよく眠れた。この時期の雨は助かる。

ただ、雨によっては、空気の悪さを感じる雨の日もあるのですべてが
安心とは限らない。どんな違いなのだろう。

私がもしかしたら?と考えているのは、OX(光化学オキシダント)の
数値だ。SPM(浮遊粒子状物質)やPM2.5(微小粒子状物質)が
高い時よりも、OXの数値が高い時に影響を受けやすい気がしている。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

次は半袖、ノースリーブ [日記(2015年)]

大好きなジャケットやコートの季節が終わりに近づき、
次は、大好きな半袖、ノースリーブの季節がやってくる。

とくに、ノースリーブが好き。

鎖骨、二の腕、肩まわり、背中の脂肪は、老けを感じさせる。
夏に限らず、一年中すっきりした状態を保ちたい。

ステロイド点滴を頻繁に打っていた時は、肩まわり、腕まわりに
脂肪がついていたけれど、今は、正しい姿勢で生活をしていれば
脂肪はつかない。姿勢の悪さは余分な脂肪のもとになりやすいのかもしれない。

無理な若作りをしようとは思っていないが、年だから
二の腕やおしりが隠れるトップスを着ようとは思わない。無理に隠そうと
する場所が増えれば増えるほど、年をとった服装になってしまうと思う。

大気汚染粒子の影響によって、調子がいまいちだなと思いつつも
楽しいことを考えられるのは、いい傾向だと思う。以前はそんな
余裕がなかった。

ノースリーブ2着購入。次はスカートが欲しいな。

ノースリーブは肩を冷やすという印象もあるが、肩が冷えるほどの
冷房が効いた場所ではカーディガンを着ている。
私の場合、肩を冷やすことよりも、首回りを冷やすことの方が
喘息に良くないと感じている。これからの時期、冷房が効きすぎて
いる場所では、衿があるもの、首回りが開きすぎていないものを着るように
している。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

アウターが好き 再び [日記(2015年)]

アウターが好き http://miyabinoshinkokyu.blog.so-net.ne.jp/2015-02-13

私は、コートやジャケットが好き。

冬のコートは、氷点下でも平気なもの、2、3度の場所にしばらくいても
平気なもの、5度以上の時に着るもの、電車やお店などの室内中心に出かける時の
ものなど温度によっていろいろ。色もいろいろ。冬物だけでも軽く10着は超えると思う。

セーターは鼻炎や喘息の原因になってしまうため、厚手も薄手も一切着ない。
上着やブラウス、カットソーなどの厚みを変えて、温度調節をする。
風邪を簡単にひいてしまうような寒い格好はしない。

春のコートやジャケットも、その日の気温や天候によって、少し厚めのもの、
ほどよく薄手のもの、通気性のいいもの、軽くはおったり脱いだ時に持ちやすいもの、
小雨用、大雨や暴風用などいろいろ。色もいろいろ。

アウターが毎日同じということはない。毎日違う形、違う色。色選びがとても楽しい。

今年は春物の上着をたくさん買いすぎてしまったので、急激に気温があがった時に
着られなくなってしまうと思ったけれど、気温が下がってうれしくなった。
雨の日に着るコートも大好き。

春もやっぱり風邪を簡単にひいてしまうような寒い格好はしない。
そのことが、私が風邪では喘息発作を起こさない理由の1つでもあると思う。

毎日自分の好きな色、好きな柄、好きな形のアウターを選ぶことに幸せを感じる。

喘息が安定した年を重ねるごとに服の色がワントーンずつ明るくなっていく。

クローゼットやタンスの中が増々色とりどりになっていて、わくわくする。
春は爽やかな色が並ぶので、クローゼットを開けるだけで爽やかな気持ちになる。

1、2年目が外出用で、2、3年目には近所や小雨の日や散歩用にする。
それ以上はたぶん着ない。捨てるか、避難バッグの予備上着として入れる。

どの上着も平均的に着る。「タンスの肥やし」のような衣類は持たない。
閉まっておくばかりでタンスのにおいがつくような服は着ない。持たない。
もったいないと思われがちだが、袖を通さない服ほどもったいないものはないと思う。
いろいろな服をたくさん着たい。

もう1着、欲しいなあと思っている春物の上着がある。誘惑が・・・。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

太ったか痩せたか? [日記(2015年)]

私は20代後半までガリガリに痩せていた。

学生の時にも社会人になってからも、周りの人が「私太っちゃって」とか
「私痩せちゃって」と体重について直接話しかけられることはなかった。
ダイエット話を聞くこととはまったく無縁だった。

ところが、私が喘息を発症し、ステロイド点滴のしすぎでぶくぶく太り始めると、
周囲に「私太っちゃって」「私痩せちゃって」「あなた、太った?」と
言う人が増えた。

太った経験のある人は、太った人に目ざとい。

女性は、太った人に対して、太った痩せたを言いたがるものなのかなと思った。

その頃初めて肥満を経験した私にとって、それはもうショックなことで
周囲の人の「太った、痩せた話」「太ったねと言われること」に
ものすごく敏感になり、心が振り回された。太ったことに嫌悪感しかなかった。

20代の時のようなガリガリではないが、重症喘息ピークの時のように
太っていない今の私は、「太った痩せた話」をほとんど聞かなくなった。

もし、「太った痩せた話」や「太ったね」と今の私が言われたとしても、
「この人は太った経験がある人なんだな」とか「痩せられない、リバウンドしやすい人
なんだろうな、大変そう。」と自分と切り離して考えらえると思う。

テレビのニュースでは、今の女性は痩せすぎという話を見たが、「太った痩せた話」を
する人が近くにいると、体重増減に振り回されやすくなる。痩せている人でも
自分が太っているかのような、痩せなくちゃいけないような錯覚が起きてしまう。
自分とその人の考えを切り離すことが大切のように思う。

あばらが出て、腕や足がガリガリの姿が美しいかな?魅力的かな?と考えると
そうは思わない。

私は、ガリガリの頃には戻りたくない。ほどよく筋肉、脂肪があって、
簡単に疲れない、だるくならない、くらくらしない、冷えない身体でいたい。

痩せたか太ったかに振り回されている人に振り回されない。

挨拶の言葉のように、太った痩せた話をする人の言葉を簡単に聞き流せるようになった
気がする。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

悪口を言わない [日記(2015年)]

悪口、嫌味、妬みを言う人たちと一緒にいると、染まる。

人のマイナスな面ばかり指摘する人たちと一緒にいると、染まる。

悪口、嫌味、妬み、皮肉・・・そういう言葉を言わない生活を続けていたはずなのに、
重症喘息発作期間のマイナス思考を背負っているうちに、私も染まってしまった。

人のマイナスな面ばかり目についてしまう。嫌だなぁ。

口角が下がり、目が変にぎらぎらして不細工な顔になってしまう。

気をつけなくては。

人の嫌いなところ、苦手なところを見つけるよりも先に、いいところを
見つけられる人になろう。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

洋服が好き、色が好き [日記(2015年)]

私は、洋服が好き。

母が昔、流行っている服を見ながら、「お母さんの若い頃にも流行ったのよ」と
言っていたように、私が若い頃に着ていた服も再び流行るような年代になってきた。

洋服を見ながら、あのデザイン好きだったなあと懐かしむ。
新しく加わったデザインの変化にわくわくする。

昔よりも今の生地の方がずっと軽くて、色や柄も豊富、お値段も手頃、
デザインに無駄がなく着心地がいい。
流行はぐるぐる回っているとしても、着心地はどんどん進化している。

年を重ねた服は、においやほこりがつきやすくなるから苦手だ。
私は新しい服が好き。新しくなっていく服の着心地が好き。
あのデザイン、あの生地がこんな風に変化していくのかぁ・・・と見るのが好き。

そして、色が好き。

最近では本やインクのにおいがダメになってしまったので、開くことが
なくなってしまったが、色辞典を見るのが好き。WEB色見本だったり、
日本語名や英語名の色辞典、色と色の相性の見本・・・・などいろいろある。

赤、青、黄、緑・・・と大分類だけで色を区別するのでは、もの足りない。
色は、たくさんあるのだから。

そういえば、喘息発症前は、洋服の絵を描くために、多色の水彩色鉛筆を
持っていた。懐かしいな。いつかまた揃えたいな。

私は、お店で試着する時は、タイプの違う2、3色の服を試着することが多い。
自分が好きな色でも似合わなかったり、苦手な色なのに、顔色が明るく見えたりする。

苦手な色だから着ない・・・のではなく、いろいろな色の服を着てみたい。

色って不思議。色って楽しい。

洋服も色も大好き。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

スキーシーズン終了 [日記(2015年)]

私の今シーズンのスキーは、週末に終了した。

脚力の回復を実感できた年だった。脚力がなかったのは
年齢の問題ではなかった。

先週あたりから、空気が悪くなっているため、スキー場に
いる時の方が呼吸しやすいが、春スキーになってくると、
私は脳貧血を起こしやすくなる。名残惜しい状態で終了するのが
ちょうどいいようだ。

今後は、負荷をかけながら脚力をさらに鍛え、次のシーズンには
さらに脚力がアップしたと思えるようになりたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

コメントのお返事の件と体調 [日記(2015年)]

コメントをありがとうございます。
この時期、体調の波があるため、細かくお返事をすることが
できませんが、コメントを読ませて頂きました。体調がいい時に再び
読みます。ありがとうございます。

おとといあたりから、空気が悪い。

帰宅後すぐにお風呂に入った。
喘息発作は起きていないが、時々咳が出る。
気管支、鼻ポリープ、皮膚が違和感を感じている。
空気がよどんでいる。少し呼吸しにくい。頭がすっきりしない。

爽やかな空気を吸いたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

私の喘息と春 [日記(2015年)]

私にとって、2月あたりから6月くらいまでは喘息発作重症化月間。

黄砂や大気汚染粒子の影響で急激に強い喘息発作を起こしてしまう。

2月頃から頻繁に打撃を受け、ゴールデンウィークの頃にも強力な一撃を受ける。
即入院の経験が何度かあるから油断できない。

救急外来や入院せずに過ごしたい。それがこの時期の願いだ。

でも、この2、3年は、それほど強い喘息発作を起こしていない。

鼻ポリープが巨大化したり、外出中や帰宅後に激しい咳が出たりすることは
あるけれど、喘息発作が重症化しないことがうれしい。

今年の春は、どんな服を着ようかな、どこにドライブに出かけようかな・・・なんて
のんきなことを考えられる。

マスクや帰宅後の洗顔、着替え、入浴などで予防する。
発作が起きたら、吸入ステロイド薬の増量や経口ステロイド薬を使い、
コントロールをする。それでも治まらなければ、病院へ行く。

今年の春も平和に過ごせるといいな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の30件 | - 日記(2015年) ブログトップ