So-net無料ブログ作成
検索選択

吸入ステロイド使用に思うこと [薬、副作用、リコールのこと]

私は、去年末あたりから吸入ステロイド薬(キュバール)を使っていない。

気温の変化、湿度、気圧、天候にはまったく影響を受けなかった。

黄砂や大気汚染粒子の影響により喘息や鼻炎が悪化しやすい春先から
夏にかけても問題なく過ごすことが出来た。

喘息発作が起こる食べ物には、十分気を付けていた。

香水、柔軟剤、殺虫剤、防虫剤などの影響により、咳や鼻水が出る
ことはあったが、強い喘息発作や鼻ポリープ悪化にはつながらなかった。

しかし、秋になって、大気汚染粒子の影響を連日受けてしまい、
不調な日が続いた。ひどい喘息発作や鼻ポリープ悪化にはならなくても
調子が下降傾向になっていった。

そんな時、吸入ステロイド薬の吸い方によっては鼻ポリープにも
いいというようなコメントを頂いて、試してみたくなった。

1年ぶりに吸入ステロイド薬を使ってみて感じたことは、
「呼吸が楽に感じる」「過敏反応が弱くなる」「鼻ポリープが
急激に悪化しない」ということだった。

1年ぶりに使ったからこそ、「吸入ステロイド薬の効き」を
しっかりと感じることが出来た。

「患者が勝手に吸入ステロイド薬をやめてしまうせいだ」と皮肉っぽく
言う医師がいる。以前もこのブログに書いたが、私は、その医師は
きちんと吸入ステロイドの必要性を患者に説明できていないと
思っている。問題は、患者だけのせいじゃない。医師自身の力不足。
「あなたは、喘息なのだから一生薬を使い続けないといけません」では
よほど重症喘息や慢性喘息の患者じゃなければ理解できないと思う。
実際私も、軽症喘息になった時に、吸入ステロイド薬の必要性に
疑問を感じた。

でも、1年間使わずに、久々に使ってみた時、「楽になる」と感じた。

私の喘息は慢性化していない。重症化もしていない。
それでも、大気汚染粒子の影響により、下降気味だった私の気管支を
回復させた。今は、まったく気管支の違和感がない。

私は、この先もずっと吸入ステロイド薬(キュバール)を使い続ける。
吸入ステロイド薬の必要性を実感した。

私の友達も含め、吸入ステロイドの副作用を心配する人もいるが、
私は、吸入ステロイド薬の副作用はそれほど問題視していない。

喉の炎症を起こす場合には、他の吸入ステロイド薬に変えた方が
いいと思うが、吸入ステロイドのステロイド成分副作用は、
よほど多量に使わない限り、問題がないと思っている。
私が以前使っていた多量の経口ステロイド薬やステロイド点滴に
比べたら、吸入ステロイド薬の副作用なんて気にするほどじゃないと
思っている。
吸入ステロイドの副作用よりも、喘息が慢性化重症化することの方が
大問題だ。

長時間作用型β2刺激薬(LABA)については、私の喘息には必要が
ない薬という考えは、変わらない。この先も絶対に使わない。

気管支を広げてステロイド薬を届けやすくするよりも、気管支を
薬で広げなくても、吸入ステロイド薬が効く気管支にすることが
大切だと思っている。喘息の気管支は、気管支が回復しにくい
高齢者などではない限り、炎症を治療すれば自力で回復する力を
戻していくと思っているから。

私は、1年使用しなかったことにより、吸入ステロイド薬の必要性を
実感することが出来た。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

アレルギー対策に感じたこと [アレルギー]

>アレルギー対策で初の基本指針 厚生労働省
>12月2日 16時51分 NHKニュース
>ぜんそくや花粉症などアレルギー疾患の患者が急増するなか、厚生労働省は、
>地域ごとに専門的な治療を行う拠点病院の整備や、患者の相談支援にあたる
>体制の充実などを盛り込んだ、アレルギー対策の基本指針を初めて取り
>まとめました。アレルギー疾患は、この10年ほどで急増し、厚生労働省に
>よりますと、国民の2人に1人がかかっていると推計されています。
>しかし、専門の医師が不足していることから、適切な治療が受けられず、
>重症化する患者が後を絶たないことが問題となっています。
>このため、厚生労働省の協議会は、ぜんそくとアトピー皮膚炎、花粉症、
>鼻炎、食物アレルギー、それに結膜炎の6つのアレルギー疾患について、
>2日、対策の基本指針を初めて取りまとめました。
>それによりますと、地域ごとに専門性の高い医師を配置した拠点病院や、
>かかりつけ医と連携して適切な医療を提供できる体制を整備するとともに、
>予防や治療の先進的な研究を進めるとしています。
>また、インターネット上に科学的な根拠が明らかとはいえない治療などの
>情報があふれているとして、患者と医療関係者向けにホームページを作成し、
>最新の研究成果などの情報を提供するほか、患者の相談に応じる専門窓口を
>医療機関などに設置して支援体制を充実させるとしています。
>厚生労働省は「アレルギー疾患は長期間、症状に苦しめられることが多く、
>生活への影響も大きい。今後は自治体などと連携して患者が安心して生活
>できる体制を整備したい」と話しています。
>アレルギー疾患の現状は“2人に1人”
>アレルギー疾患の対策を検討している厚生労働省の委員会は、平成17年に
>まとめた報告書で、「全人口の3人に1人が何らかのアレルギーを患っていると
>考えられる」と指摘していました。
>その後、患者が増加し続け、平成23年の報告書では「全人口の2人に1人」と
>推計を見直しました。
>このうち、ぜんそくの患者は少なくともおよそ800万人と推計しています。
>花粉症を含むアレルギー性鼻炎は、国民の40%以上が患っていて、今後も
>増えると予想されています。
>また、アトピー性皮膚炎は、国民のおよそ1割が発症しているほか、食物
>アレルギーについては、0歳児全体の最大で10%が何らかの食べ物の
>アレルギーがあると指摘しています。
>不適切な治療で重症化も不適切な治療が原因で重症化する患者が増えています。
>アレルギー疾患に詳しい医師や患者会などによりますと、アトピー性皮膚炎や
>ぜんそくは、炎症を抑えるために、一時的にステロイドを使った治療が
>必要になることがありますが、副作用を避けようとしてステロイドを使わない
>治療を続けると重症化することもあるということです。
>また、アレルギーのある妊婦が子どもへの影響を恐れて薬の服用をやめたために
>重い発作を起こしたり、子どもの食物アレルギーは適切な食事指導や治療に
>よって多くの場合、改善が期待できるのに、医師から対象の食べ物を一切
>与えないよう指示されて、治りにくくなったケースもあるということです。
>日本アレルギー学会は、医療関係者を対象に、適切な治療などを紹介する
>ガイドラインを公表しています。
>専門家「医療体制の整備を急ぐ必要」
>アレルギー疾患に詳しい、国立病院機構相模原病院の谷口正実臨床研究
>センター長は「ここ10年から20年ほどで、アレルギー疾患の患者が
>増えている要因のひとつは、生活環境が過度に清潔になっていることが
>考えられる。発症の原因は多岐にわたり、治療薬の選択が難しいのも特徴で、
>専門の医師が少ないため診断が誤っているケースも少なくない。アレルギー疾患は
>生命に関わることは少ないが、重症化すると仕事が手につかなくなるなど、
>生活の質が低下するため、医療体制の整備を急がなければならない」と
>指摘しています。

いまだに、「専門の医師が不足」なんて言っているのか・・・とがっかりした。
喘息にしても、鼻炎にしても、内科医や耳鼻科医が診断しているのだから、
その医師たちの教育を見直すだけでいいのではないだろうか?
専門医を増やすなら、呼吸機能検査もせずに、「あなたは喘息ですよ、
この薬を一生使い続けなければだめですよ」と決めつける内科医の
喘息診断権利をなくして欲しい。気管支炎や咳喘息を疑う前に、喘息と
決めつける医師が多すぎる。咳喘息や鼻炎無知の医師をゼロにして欲しい。

1つ心配なのは、私のようにアレルギー検査にはまったく反応しないのに、
特定のものに過敏反応したり、好酸球が高い患者だ。
私の場合は、アレルギー薬が一切効かなかったのに、ほとんどの医師は
アレルギー薬を飲ませたがる。効かない薬の長期使用をやめて欲しい。
鼻炎においては、慢性副鼻腔炎は細菌だと言われ、長期に抗生物質を
飲んでいたが、これもまた効いたと思ったことがなく、症状が少しでも
緩和したことすらない。好酸球副鼻腔炎の原因は細菌ではないと思う。
私は、「特定の食べ物や化学物質に過敏反応する」と医師に告げたが
とりあってもらえなかった。医師は、患者が何に過敏に反応しているのかを
聞き入れる耳を持って欲しい。喘息、鼻炎、食物アレルギーという
大きなひとくくりで治療を決めるのは止めた方がいいと思っている。
その患者の喘息、鼻炎、アレルギーとして診断していくべきだ。

また「インターネット上に科学的な根拠が明らかとはいえない治療などが
あふれている」というが、内科医や専門医が診断できない状態でも
ネットからの情報により、治療方法や予防方法を見つけられる事実が
あることを無視している。不必要なのは、あふれたネットの情報よりも、
喘息や鼻炎に詳しくない医師たちだ。診断する医師たちがしっかりしていれば、
ネットの情報には頼らなくなるのだから。このニュースは患者のことばかり
否定していて、診断している医師には触れていない。それが問題なのに。

「増えている要因のひとつは、生活環境が過度に清潔になっていること」と
いう。除菌、殺菌という言葉に影響されたり、消臭したいはずなのに
過度なにおいを身に着けている可能性が高い。化学物質が身近にあふれすぎた。
そして、大気汚染飛来の影響。

専門医を増やすよりも診断をしている内科医、耳鼻科医、皮膚科医の
知識をもっと深めて欲しい。
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:健康

灯油やガソリンの臭いで咳と鼻水が出る [日記(2016年)]

検索ワードの中に気になる言葉があった。

灯油ガソリンの臭いで咳と鼻水が出る」

無理はしないで欲しい。避けられるなら避けて欲しい。
どうしても自分でやらないといけないなら、マスク2枚がけは
どうだろう?

私は灯油やガソリンの臭いで咳や鼻水、吐き気が起こる。

だから、石油ヒーターを使っていても、灯油入れは人に頼む。
今は、ヒーター自体のタンクが大きくなっているから、
タンクに入れて貰う。自分では買わない。触らない。
灯油がなくなったら、暖房を使わないか、電気ヒーターを使う。
コタツはだらしなくなるもとだから使わない。
就寝中はオイルヒーターを使っている。

セルフのガソリンスタンドには入らない。喘息発作や
呼吸苦を起こしてしまうから。
店員がいるガソリンスタンドを利用しているが、年々減って
いるから困る。せめて、お客が入金し、店員が給油の
ガソリンスタンドを残して欲しい。もちろん給油時は窓を閉める。
咳、鼻水に関係なく、冬場は静電気を持っている女性が多いと
思うから、セルフは心配だ。静電気除去を忘れずに。

身体が拒否反応を示すものは避ける。それが一番だと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

空気清浄機購入 [今使えるもの、使っている薬]

今年の秋の空気の悪さにうんざりして、空気清浄機を買った。

喘息なりたて頃に使った以来、とても久しぶりだ。

空気清浄機で空気をクリーンにしなくても耐えられる強い気管支に
なりたいと思っていたから、以前使っていた清浄機の
フィルターが販売終了になるとともに使用をやめた。

今は、室内くらいは澄んだ空気を吸いたいと思う。

年々外の空気が悪くなっている。そして空気の悪い日が増えている。

空気清浄機をオススメする気はないから、商品名は書かない。
加湿器は不要だと思っているから、空気清浄機能のみ。
どちらかといえば、加湿器よりも除湿器がついて欲しいのだが
除湿器+空気清浄機には、加湿器もついてしまい高額だった。

咳には加湿でしょう?と言われることが多々あるが、
私には加湿は必要がない。乾燥した空気の方が楽。
湿度をあげるなら、雪原の中のようにほこりが舞わない
澄んだ空気、ほどよく潤った空気の中にいたい。

どうせなら、空気清浄機に鼻チューブがついていて、帰宅後
30分くらい、空気の鼻洗浄をしたい。鼻炎や咳予防になると
思うのだけど。

このまま無事に秋の空気の悪さを乗り越えていきたい。
タグ:空気清浄機
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

避けられることには慣れている [発作が起こるにおい]

私には、嗅覚がない。

よほど香水や柔軟剤や防虫剤くさい人に対してなら、なんとなくにおいの
気配がするが、においの気配を感じる前に、吐き気を起こしたり、
鼻水や鼻づまり、激しい咳込みを起こすことの方が多い。

店内で香水のにおいを振りまいている人がいたら、私は
激しく咳込んで苦しむ。その咳は、健康な人が聞くと尋常ではないと
感じるひどいものだ。

香水や柔軟剤のにおいをぷんぷんとふりまく人が近づくから
私は激しく咳込む。そんな私を避けて離れていくにおいの元凶たち。

嗅覚障害の私には、すぐに避けることが出来ないから、元凶の人たちが
避けてくれるなら、助かる。自分が元凶とは思っていない幸せな人たち。

避けられることには慣れている。離れてくれてうれしく思う。
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。